財産分与の3つの種類とは?

財産 分 与 種類

財産分与には3つの種類があることをご存知でしたか?

本記事では、財産分与の基本的な性質について解説します。

財産分与の基本的な性質

【目次】

  1. 精算的財産分与
  2. 扶養的財産分与
  3. 慰謝料的財産分与

清算的財産分与(1)

清算的財産分与とは「結婚生活で夫婦が協力して得た財産の清算」です。

一般的に財産分与といえば、清算的財産分与を指すことが多いです。

清算的財産分与は、離婚する全ての夫婦が対象になります。

扶養的財産分与(2)

扶養的財産分与とは、離婚後の生活の扶養としての財産分与です。

離婚した妻に対する一時的な経済的援助などが扶養的財産分与に該当します。

一般的に女性の方が、男性よりも離婚による経済的なダメージが大きいです。

なぜならば、結婚を機に仕事をセーブしたり辞めることがあるからです。

資格試験の勉強をするにも、就職活動をするにも時間が必要です。

離婚後に生活基盤を整えるためには、それなりの時間が必要になります。

その期間の経済的保証をするのが扶養的財産分与です。

但し、扶養的財産分与の支払いが認められることはレアケースです。

「扶養的財産分与が支払われないから訴える!」という姿勢は通用しません。

扶養的財産分与は夫婦間で合意した場合のみ発生すると考えるのが無難です。

扶養的財産分与について詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください!

扶養 的 財産 分 与
扶養的財産分与が認められた判例・認められなかった判例

慰謝料的財産分与(3)

慰謝料と財産分与はそれぞれ独立した概念です。

慰謝料を請求する場合、慰謝料単独で支払われることが一般的です。

しかし、慰謝料や財産分与を精算するタイミングが一緒のことも珍しくありません。

慰謝料の支払いを求める代わりに、慰謝料分を財産分与に含めてもらうのです。

当然ながら、慰謝料を支払う事情がなければ慰謝料的財産分与は発生しません。

まとめ

財産分与は、「扶養的財産分与」のことと覚えておけば十分です。

財産分与について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください↓↓

離婚 財産分与
離婚の財産分与で優位に立つ秘訣を1から10まで伝授