そもそも浮気の証拠とは?どうすればゲットできるのか?

浮気 証拠

「配偶者が浮気しているかもしれない」という嫌な予感がした瞬間は、まさに心臓をわしづかみにされたような感覚におちいるでしょう。絶対に1時間は寿命が短くなっていると思います。

不安な気持ちを放置することもできますが、放置し続けるにも限界があります。そこでどうにかして浮気の証拠をつかもうとするのですが、たいていの人は何をしたらいいかすらわかりません。

そこで本記事では浮気の証拠の集め方をわかりやすく解説したいと思います。浮気の証拠をつかみたくて、モヤモヤしている方のみここから先を読み進めてください。

不貞行為の証拠の種類(1)

不貞行為を証明する証拠は大きくわけて3種類あります。不貞行為を証明する証拠を、証拠能力が高い順に説明します。

不貞行為を証明する証拠の種類
  1. 性的関係を直接示すもの
  2. 性的関係を推認させるもの
  3. 親しい関係だと推認できるもの

性的関係を直接示すもの(1-1)

性的関係を直接示す証拠とは、以下のようなものです。

  • 性的関係を行おうとしていた現場
  • 性的関係をもったことが直接わかる写真・動画

性的関係を推認させるもの(1-2)

性的関係を推認させるものは、以下のようなものです。

  • ラブホテルに入り長時間でてこない
  • 不倫を暗示するメール
  • ホテルの領収書

親しい関係だと推認できるもの(1-3)

親しい関係であると推認できるものとは、以下のようなものです。

  • 手紙
  • メールやSNSのやり取り
  • ツーショット写真

証拠の種類を知って頂いたところで、次に不貞行為の証拠を収集する方法について解説したいと思います。

証拠収集の方法(2)

確実な慰謝料請求のためには「性的関係を直接示す証拠」を掴むのが理想です。

例えば自宅で浮気していれば監視カメラ等を設置することにより、浮気現場を抑えることができるかもしれません。しかし現実的には性的関係を直接示す証拠を掴むのは非常に困難だと思います。

余談ですが

米国のテレビ番組「Cheaters」(チーターズ)をご存知ですか?付き合っている彼氏・彼女や、配偶者の浮気を白黒させる番組です。自宅に隠しビデオを設置して、しっかりした証拠をつかんでいます。

「性的関係を直接示す証拠」をつかむのは難しいので、現実的には「性的関係を推認させるもの」、「親しい関係であると推認できるもの」をつかむことを目指します。

ここから先は、浮気の証拠をつかむ方法を解説したいと思います。

浮気の証拠をつかもう!
  1. 自力の浮気調査
  2. プロによる浮気調査

自力の浮気調査(2-1)

自力の浮気調査では「親しい関係であると推認できるもの」を収集するのが基本です。具体的にやるべきことを箇条書きにしておきます。

自力の浮気調査
  1. 携帯電話・スマートフォンを調査
  2. 休日の外出記録
  3. 浮気相手からの手紙・ホテルの領収書

携帯電話・スマートフォンを調査(2-1-1)

まずは携帯電話・スマートフォンを調査してみましょう。そして性的関係を示すメールがあったら、そのメールの画面を写真に撮っておきましょう。

なお文章が長い場合には、スクロールしながら順に撮っておく必要があります。また日付や差出人、受信者が誰であるかわかるように撮影する必要があります。なぜならば不貞の相手が誰か明らかにすることは、その後、不貞相手に対する慰謝料請求時に重要になるからです。

なお差出人が本名で登録されていない場合には、差出人の電話番号やメールアドレスなどの写真に撮るなどしておきましょう。電話番号やメールアドレスがわかれば、後から、弁護士に依頼することで、その相手の氏名や住所などの情報を明らかにすることができる場合があるからです。

次にFacebookやTwitterなどのSNSを調べてみましょう。怪しい写真があれば、他の媒体への保存や印刷に挑戦してください。もしもそれが難しければ、画面の写真を撮っておきましょう。

休日の外出記録(2-1-2)

配偶者が浮気している可能性があると思えば、配偶者の行動を調査しましょう。行動を調査するといっても、配偶者を尾行するわけではありません。

まずは配偶者の行動記録を、できるだけ詳細に日記などに残すことから始めましょう。例えば以下のような項目は必ず記録に残しておくべきです。

  • 帰宅時間
  • 帰宅が遅い時の理由
  • 給与明細(残業時間)
  • 休日の過ごし方

記録がたまってくれば、多くのことがわかってくると思います。

  • 帰宅時に寄り道しているかしていないか
  • 帰りが遅い曜日
  • 誰と過ごしていると主張しているか etc

自力調査をある程度試みた段階で浮気調査を続けるか止めるか判断してください。

浮気相手からの手紙・ホテルの領収書(2-1-3)

もしも浮気している確信に近いものがあれば、より確実な証拠をつかむことを目指しましょう。具体的には、先ほど解説した「性的関係を推認させるもの」をつかめないか挑戦してみるのです。性的関係を推認させる証拠の代表例は、「ラブホテルに入り長時間でてこない」という事実などです。

さて、自力による浮気調査で目的が達成されるのであればこれ以上深入りする必要はありません。例えば運よく不倫を暗示させるメールやホテルの領収書が見つかったとします。そのことを配偶者に問い詰めた結果、あなたの目的が達成できれば何も問題はないはずです。

しかし現実的には中途半端に浮気の証拠を掴んで、相手を問い詰めてもいい結果は得られません。なぜならば配偶者が必死に抵抗することが予想されるからです。

配偶者の必死な抵抗
  • 疑われた事実に逆ギレする
  • 絶対に浮気を認めない
  • 浮気を繰り返す

浮気を追及した結果、最初は反省したとしてもあなたの気持ちがスッキリすることはないでしょう。なぜならば「浮気しているかもしれない」という不安に常に苦しめられることになるからです。

その不安が的中することは少なくありません。浮気を反省するのではなく、「上手く浮気をする」ことに頭を使う人も多いのです。

  • 携帯に複雑なロックをかける
  • 複数の携帯を使い分ける
  • アプリ(LINE等)をロックする
  • LINEとは別の通信アプリを使う etc

以上のことをされれば、浮気の証拠をづらくなってしまいます。では、どうすればいいのでしょうか?その答えは「あなた自身が一生ナメられないようにする」の一言に尽きます。

浮気という罪を犯した人に、口約束だけで浮気をやめさせることは不可能です。あなたは罪を犯した人が刑務所に入れずに更生すると本気で信じていますか?

  • バレてもきっと許してくれる
  • なんだかんだ大丈夫だと思う
  • 離婚を通告されることはないだろう

以上のように軽い気持ちで浮気をしている人は非常に多いです。つまりあなたの足元を見られているうちは再犯の可能性が高いのです。ではどうするか?

相手に強い反省を促すには、言い逃れできない浮気の証拠を掴んで追及するのが一番です。あなたを怒らせたらどんなに怖いことが起きるのか徹底的に思い知らせてあげましょう。

浮気の証拠を掴んだ後の使い方は自由です。浮気の証拠を掴んだ人の中には、不倫相手とのデート内容をそのままコピーした人もいます。休憩で入ったホテルの部屋番号まで一緒という徹底ぶりでした。まさに背筋が凍る配偶者からの仕打ちに対して、浮気した本人は土下座して謝罪したそうです。

また離婚覚悟で子供と実家に身を寄せた方もいます。「まさか本気で離婚はしないだろう」という甘い考えを踏みつぶしたのです。人は大事なものを失ってはじめて本当に反省できるのです。

さて、以上に見てきたように浮気の確実な証拠を掴んだあとの使い方は人それぞれです。問題は、どうやって浮気の確実な証拠を掴むかということだと思います。

その答えの一つは、プロによる浮気調査を依頼することです。探偵業界は一般的にあまり表に出てこない業界です。しかし大手探偵者ともなれば月に約2,000件の相談が寄せられています。

配偶者の浮気に悩むあなたにとって、探偵社は縁遠い存在ではないはずです。ここから先は、プロによる浮気調査を依頼するコツについて紹介したいと思います。

プロによる浮気調査(2-2)

プロによる浮気調査を検討するのであれば、まずは無料相談を利用しましょう。無料で疑問に思っていることを全て解決するのが一番だと思います。

無料相談の結果、浮気調査を見積もりを頂くところまで無料です。気になる料金は、依頼者の相談内容によって異なるので一概には言えません。

10万円程度~100万円程度と、かなりの幅があります。なぜ料金にばらつきがでるのでしょうか?その答えは明らかです。

例えば浮気する日時が絞れていれば料金は安くなります。一方でそもそも浮気しているかわからないのであれば調査日数が長くなり、必然的に調査料金は高額になります。

なお最終的な料金は、探偵社から見積もりをもらうまでは誰にも分りません。概算見積もりを相談前に提示されたとしても、絶対に安心してはいけません。

なぜならば、料金の概算は正式な価格ではないからです。調査を依頼する気マンマンになり、契約書を締結する直前になって「詳しいお話をお伺いしたら、料金が少し高くなりそうです。」といわれてしまうことも珍しくありません。

また明らかに他社よりも安い探偵社にも注意してください。安いから大丈夫そうだと油断していたら、高額な経費が別枠で計上されていたという話もよく聞きます。

さらにタチが悪い探偵社であれば、報告書との交換条件で高額な経費を請求することもあります。では、どこの探偵社であれば信用できるのでしょうか?

色々と調査に調査を重ねて、業界関係者からヒアリングを重ねました。その結果、以下のような探偵業界の実態が明らかになりました。

探偵業界の事実
  • 探偵業に国家資格は必要ない
  • 自営業の優秀な探偵は少ない
  • 無料紹介サービスは当たり外れが大きい

まず探偵業に国家資格は必要ありません。誰でも前科などがなければ、公安委員会への届出により営業ができます。

しかし仕事ができる探偵かどうかは全く別の話です。どのような仕事にも共通することだと思いますが、経験を積まなければ一人前にはなれません。

つまり経験を多く詰める探偵社には一定以上の質の高い探偵が集まっています。ですから無料相談をお願いするなら、大手の探偵社をお勧めします。

最近では探偵無料紹介サービス経由で探偵を探す方法も注目されています。探偵無料紹介サービスでは、調査地域で活動する探偵社を斡旋してくれます。

しかし探偵無料紹介サービスで探偵を探すことはお勧めしません。なぜならば、無料紹介サービスには大手探偵社はほとんど登録されていないからです。

無料紹介を利用する時期によっては、「手が空いている」探偵社を紹介されます。紹介される探偵社がいい探偵かもしれませんし、評判が良くない探偵かもしれません。つまり紹介される探偵の調査スキルには大きなバラつきがあるのです。あなたは博打に興味があるわけではないはずです。

探偵社に浮気調査を依頼すれば、その料金は安いものではありません。少なくとも「仮に失敗しても痛くもかゆくもない」という金額ではないはずです。

ですから探偵社は自分の目でキチンと調べてしっかり選ぶことをお勧めします。少しだけ、正直な話をします。「離婚準備なう。」がイチオシする探偵社は「原一探偵事務所」です。

その理由を細かく説明するには、20,000文字程度のスペースが必要です。もしも、原一探偵事務所に興味があれば以下の記事をご覧ください。