離婚を拒否する妻を 説得できるなんて・・・ 勘違いしていませんか?

あなたは奥さんを説得すれば「今すぐ離婚できる」という幻想に囚われていませんか?

あなたは「妻はどうしたら離婚に応じてくれるだろう」とか「どうすれば離婚する気持ちが本物であるか理解してもらえるだろう」などと悩んでいるかもしれません。

もしかしたらすでに奥さんに向かって「離婚してほしい」と繰り返し伝えたにも関わらず、拒否されて苦しんでいるかもしれません。

でも残念なことに、奥さんは何事もなかったように日常生活をエンジョイしているのではないでしょうか?

信じられないかもしれませんが、本気で離婚を決意したにも関わらず、いつまでも離婚できない男性は多いのです。いくら奥さんを「説得」しようとしても、奥さんと夫婦であるという現実を変えることができないのです。

「やっぱり、離婚できないのか」と嘆いて、現実を受け入れることもできます。でももっといい方法があるのです。

きっと、妻は離婚に応じてくれるはず・・・・

もっと強く離婚を主張すればわかってくれるはず・・・

怒鳴ったり無視すれば、離婚せざるを得ないはず・・・

しかし残念なことに、あの手この手で説得しようとしても奥さんが離婚に応じてくれる保証は一切ないのです。

「どうして?」とあなたは思うかもしれません。その理由はカンタンです。奥さんの心の中は「離婚したほうがいいかも」であり、「今すぐ、離婚しなければ」ではないからです。

では奥さんと離婚するために、あなたはどうすればいいのでしょうか?

奥さんとの離婚を熱望する男性の多くは、奥さんを説得しようとします。離婚するために好条件を提示して、なんとか奥さんの心を動かそうとするのです。

奥さんが離婚に応じてくれなければ、奥さんが受け取る財産分与の割合を多くしたりします。(奥さんが財産の6割、あなたが4割といった具合です。)

それでも離婚できなければ「財産なんていらないから離婚してくれ」とお願いするだけでなく、時には土下座したり、泣き落としを狙ってなんとか離婚しようとするのです。

涙ぐましい努力の結果、奥さんの口から「わかった。そこまで離婚したいなら離婚してあげる」という言葉が飛び出す可能性はあります。まさにあなたが心の底から熱望している言葉です。

しかし成功確率は高くありません。あなたは「離婚できるかもしれない」というわずかな可能性を信じるギャンブラーでしかないのです。

あなたのやり方は間違っている

離婚は「夫婦の合意」で成立させるのが本来の姿であり、離婚をスムーズに成立させる唯一の方法です。わたしたちはこの原則を忘れてはいけません。

つまりスムーズに離婚したいなら、奥さんに「離婚したほうがいいかも」と思わせるだけではダメなのです。奥さんに離婚を切望してもらわなければいけません。

あなたは「それができたら苦労しないよ!」と思うかもしれません。でもあなたは、やり方を知らないだけなのです。

実は奥さんを説得するのではなく、奥さんの心の中を「離婚しなければ」に変化させることは、夫であるあなたにしか実践できません。なぜならば奥さんの性格を嫌というほど認識しているのは、夫である「あなた」しかいないからです。

人はだれでも他人の前ではいい子ぶるものです。本音を語らないのです。内心では「ばかばかしい」と思っていることでも、周囲の目を気にして「それはいいアイディアですね!」などと社交辞令をいうものです。

これから紹介するレポートでは、奥さんと離婚する戦略をあなた自身の手によって立案する方法を詳しく解説しています。

離婚に1歩ずつ近づく

これから紹介するレポートは、法律家がアドバイスするような法律を武器に奥さんに離婚をせまるといった方法論とはまったく異なるものです。「離婚に応じないなら、1日でも早く別居することをおススメします」という無責任なアドバイスではありません。

離婚を希望する男性がやりがちな「徹底的に無視する」、「生活費を渡さない」という誰にもできそうでありながら、実際はハードルが高いという方法ではありません。

離婚を希望する男性のほとんどは、奥さんのお尻を蹴っ飛ばして無理やり離婚へと追いやろうとするのです。しかし大抵はうまくいきません。離婚できたとしても、長く苦しい道のりを歩むことになるでしょう。

奥さんを怒鳴り散らしたり、暴力をふるえば奥さんから「モラハラだ!」、「DVに苦しめられています!」などと主張されるでしょう。もしかすると有責配偶者(ゆうせきはいぐうしゃ)のレッテルを貼られるかもしれません。

最悪、警察に通報されて逮捕・拘留される可能性もあります。まさに離婚を拒否する武器を奥さんに渡すようなものです。

仮にあなたが無理やり別居すれば、奥さんとの数年にも及ぶ我慢比べになる可能性も覚悟しなければいけません。

これらの間違いを犯せば、出口のない迷路に迷い込むことになるのです。多大なる努力の末に離婚から遠ざかり、強いストレスを感じることは明らかです。

罠から脱出できる

奥さんに下げたくもない頭を下げることで「お願い」して足元を見られたり、無理やり離婚しようとしてドツボにはまりたくはないはずです。

もしあなたがこれから紹介するレポートを手入れれば、あなたがハマっている罠から脱出することができます。あなたが罠にハマっているかどうか確認するために、以下のチェックリストを点検してみましょう。

あなたは罠にハマっている?

妻と一緒にいる時間が苦痛
妻の顔をみるとウンザリする!
妻の気持ちがわからない
未来に希望がもてず絶望しかない
徒労感と疲労感を抱えている!
妻に怒りを感じている!
周囲の理解が得られず孤独を感じる
妻が身勝手すぎる
離婚することを非難されている
退屈な人生に嫌気が差している
気分が沈み、とにかく疲れている

いかがでしたか?あなたにも当てはまるものが1つや2つあるのではないでしょうか?もしかしたら全部当てはまった人もいるかもしれません。

離婚を希望する男性の多くは、離婚に向けて何をすればいいかわかっていません。手探りで離婚への険しい道を歩んでは転び、痛い思いをしているのです。

「これで離婚できたらいいな!」というパッと思いついたアイディアや、世間一般の薄っぺらいアドバイスを鵜呑みにして「可能性にかけるギャンブラー」になっているのです。

きっとあなたも歯がゆい思いをしているに違いありません。

他の夫婦が愛のある結婚生活を通じて毎日のように幸福を実感しているときに、あなたは「来年の今頃は離婚しているはず。きっとうまくはず!」と自分に言い聞かせているのです。

しかし残念なことに離婚が成立することはありません。時間だけが経過し、夫婦仲が悪いことも常態化します。ストレスを感じることにも慣れてしまい、いつしか離婚するのが極めて難しい状況に追い込まれてしまうのです。

離婚するのが極めて難しい状況に追い込まれると、「今は離婚するタイミングじゃないから」といって問題を先送りしたり、「子供のために離婚しないほうがいい」と結婚生活を正当化したりするのです。そして離婚を願っていたことが「いい思い出」になり、いつしかそれすらも忘れてしまうのです。

「それも人生だ!」と現実を受け入れることもできます。しかしあなたは現実をぶち破ることもできるのです。

妻を離婚に導く方法

  • スムーズな離婚の極意
  • 離婚を切り出すタイミング
  • 妻を離婚に導くコツ
  • 拒否される典型パターン
  • 妻を離婚に駆り立てる方法
  • 離婚戦略の立案手順
  • 心が折れそうな時の対処法
  • 一番大事な「●●」とは? etc