離婚について「考える」とは?

離婚 考える

離婚について「考える」とはどういうことでしょうか?

離婚問題は「将来の問題」、「お金の問題」、「人間関係の問題」などが複雑に絡み合った問題です。

ですから離婚問題について考えることは、一筋縄ではいかないことですし、あたなもどうしたら「正解」に近づけるのかすらわからず頭を抱えているかもしれません。

離婚問題に悩む人のなかには「知識をインプットする」ことを重視するタイプの人がいます。

例えば、離婚条件、慰謝料、養育費、親権、面会交流などについて主に法律面の知識をインプットすることに必死になるのです。

しかし残念ながらどれだけ知識をインプットしても、、、、どれだけ法律に詳しくなっても、、、、離婚で幸せになれる自信にはつながらないのです。

なぜならば、「知識をインプットする」ということは、「離婚について考える」ことではないからです。

「考える」≒「行動」

あらためて冒頭の質問を繰り返します。離婚について「考える」とはどういうことでしょうか?

「考える」とは、ズバリ「行動を決めること」ことです。

つまりあなたが離婚して幸せになる自信のない状況であるならば、離婚について考えるとはすなわち「本当に離婚するか決断を下すこと」になるはずです。

ではどうすれば、「離婚する」か「離婚しない」か「判断を保留する」かを決めることができるでしょうか?

ズバリ答えは「価値観を見つめなおすこと」です。

では価値観を見つめなおすとは、どういうことでしょうか?

価値観を見つめなおすとは、行動の裏にある「価値観」を探すことです。

すべての行動の裏には「価値観」が隠れています。そして価値観には優先順位があります。

例えば「子供の幸せよりも自分の幸せを優先する」ならば、自分の幸せを最優先した上で「子供の幸せ」を考えることになります。

さて、これまで離婚問題について「考える」とは「行動を決めること」であり、行動を決めるためには「価値観を見つめなおすこと」が重要であることを伝えました。

しかし「価値観を見つめ直す」にはコツが必要です。なぜならば、普段の生活で「自分の行動を決めている価値観はなんだろう?」などと疑問に思うことはないからです。

ですからあなたに「価値観を見つめ直しましょう。」とアドバイスしても、すぐに実践できる保証なんてものはどこにもありません。

そこで価値観を見つめ直すために、実際にあった夫婦喧嘩をもとに「どのような点に注意したらいいのか」を解説します。

頭オカシイでしょ?

ある男性は、知人の結婚式でスピーチを頼まれました。

ぶっつけ本番では心もとないので、奥さんを前にスピーチの練習をしたのですがこれが大失敗。

スピーチの中身は「結婚なんていいものじゃない。数年たてばわかるよ。」という内容だったそうなのですが、これが妻の逆鱗に触れたのだそうです。

そして、、大喧嘩の末に奥さんは実家に避難してしまったのだそう。旦那さんに残されたメモがコチラ↓↓↓

奥さんの残したメモ

【出典:Everything you’ve ever Dreamed】

奥さんのメモの内容から察するに、「他人にかけた迷惑のことは忘れているのに、、、、、他人の失敗については細かいことばかりよく覚えている・・・・・」という旦那さんの態度が、奥さんには我慢できなかったのでしょう。

しかし奥さんがメモを残し実家に避難してしまったのに、、、、旦那さんは「俺は悪くないよね。」とあっけらかんとしています。

ここからが本題です。

きっとあなたにも夫婦関係の不一致を痛感した経験が一度や二度あるのではないでしょうか?

不一致の内容は夫婦によって異なります。金銭感覚だったり、子どもの教育だったり、性生活についてだったり、親族との関係だったり、将来に対する考えだたったり、日常生活のもっと細かい「何か」だったりするわけです。

離婚の専門家の多くは「性格の不一致で離婚するのは難しいです。夫婦とはいえもとはといえば他人なんだから不一致なのが当たり前です。」と主張します。

しかしそのような主張をきいて「なんだか腑に落ちない。納得できない。」と感じる人が多いのです。なぜ?「なんだか腑に落ちない。納得できない。」という考えを捨てきれないのでしょうか?

ズバリ答えは「自分は『絶対に正しい』というこだわりを捨てられないから」です。

さきほど紹介した夫婦喧嘩の事例でも、奥さんは「夫は少し頭がオカシイ」と主張し、旦那さんは「そうはいっても俺は正しい」と主張しています。

おそらくお互いが「自分は正しいので、つまり間違っているのは相手」だと信じているのでしょう。このような状況で、夫婦の溝が埋まるわけがありません。

日本では「わたしは正しい。なぜならば、わたしが正しいと思うから。」というのび太君を虐めるジャイアンのような主張をする人がたくさんいます。(安倍総理大臣ですら「私が言うから正しいのです。」と発言したぐらいです。)

もし、、、、『もしも』ですよ、、、、、「絶対に正しい」というこだわりを捨てることができたら???あなたの離婚に対する気持ちはどのように変化するでしょうか?

おそらく夫婦間の不一致にイライラすることもなくなり、離婚する必要もなくなる可能性も「なくなるかもしれない」と思うのですが、、、、そんなことはありませんか???

人間は思い込みやすい動物」です。そのことを心の底から納得してはじめて普段は意識することのない「自分の価値観」に気づくことができるはずです。

理解を深めてもらうために、もう少し解説を続けます。

地球は丸くて青い

「地球は丸い」といいますが、完全に丸いわけではありません。

地球は丸い?

地球は青いといいますが、いつも青いわけではありません。

地球は青い?

つまりわたしたちは、「絶対に正しいに違いない」と思い込みながら生きているのです。

そして一度何かを信じると、その思い込みを捨て去ることができないのです。

例えば、人は見た目が9割といいますが、見た目に騙されることはよくあることです。

あなたは裁判を傍聴したことがありますか?裁判を傍聴すると、、、、

■ 児童虐待

気品のある顔立ちの女性が「児童虐待」をしていたり、、、、、、

■ 窃盗犯

いかにも窃盗の常習犯らしきみすぼらしい風貌の女性が実はシングルマザーで、オシャレどころかメイク品さえ持たないほどの節約を重ねていたものの、子供の卒業式にきれいな服を着させてやりたくて服を盗んだ、、、、、とか

■ 浮気常習犯

この人がまさか浮気なんてしないだろうというかわいらしい女性が、浮気の常習犯だった、、、、、なんてことはしょっちゅうあります。他にも、、、

■ 裏口入学

お国のためにマジメに働くべきはずの官僚が、自分の子どもを医学部に裏口入学させるのと引き換えに便宜を図ったとか、、、、、

■ イジメ

子どもを守るべき教育委員会がイジメの実態があることを知りながら、イジメをなかったことにするとか、、、

■ 横領・着服

長年信じて経理を任せていた社員が、会社のお金を5億円以上着服したりなんて事件も、全部、実話です。

 

何がいいかというと、まさかそんなはずはない!という衝撃を受けること自体が、わたしたちが『何か』を思い込んでしまっているなによりの証拠であるということです。

ソ連が崩壊するなんて、バブルがはじけるなんて、大地震に見舞われるなんて、ドナルド・トランプ大統領が米国大統領になるなんて・・・・・

今後も「まさか」と思うことは発生し続けるでしょう。もうこれ以上説明するまでもなく「この世に絶対なんてない」ということはご理解いただけたのではないでしょうか???

おそらくあなたは、「この世に絶対なんかないことはわかった。でもどうすればいいの?」と疑問に思っているでしょう。

ズバリ答えは「別の可能性について考えてみる」です。別の可能性について考えてみるということは、すなわち「価値観を見つめ直す」ということを意味します。

価値観を見つめ直す

「価値観を見つめ直す」ということは理解しずらいことだと思うので、いくつか事例を挙げながら解説を続けたいと思います。

続きは無料メルマガで

本記事の続きに興味がある方は、無料のメールマガジンに登録してください。無料メールマガジンの会員には、全文を無料で公開しています。

無料メルマガはコチラ>>