旦那との離婚を回避する方法

離婚を熱望する旦那を

『無視』すれば、、、、

『拒否』すれば、、、、

『泣いて』謝罪すれば、、、

離婚を回避できると勘違いしていませんか?

時間が経過すればなんとかなる?

あなたは旦那さんを説得すれば「離婚を回避できる」という幻想に囚われていませんか?

あなたは「旦那はどうしたら離婚を取り下げてくれるだろう?」とか「そもそもなぜ?離婚する気になったのだろうか?」などと悩んでいるかもしれません。

もしかしたら旦那さんに「離婚はしません!」と宣言したものの、旦那さんの気持ちが離婚に傾いているので心中穏やかではないかもしれません。

でも残念なことに、旦那さんはあなたの意見など無視して、離婚するのが当然という顔をしているのではないでしょうか?

信じたくないかもしれませんが、時間が経過すれば問題が解決するわけではないのです。いくら旦那さんを「説得」しようとしても、旦那さんの『離婚したい!』という気持ちがなくなるとは限らないのです。

「やっぱり、離婚するしかないのか。」と嘆いて、現実を受け入れることもできます。でももっといい方法があるのです。

ずっと無視していれば、旦那は諦めてくれるはず・・・・

もっと強く離婚を拒否すればわかってくれるはず・・・

怒鳴ったり無視すれば、尻尾をまいて逃げ出すはず・・・

しかし残念なことに、あの手この手で説得しようとしても旦那さんの『離婚したい』という気持ちがなくなる保証は一切ないのです。

離婚を回避した人は『いる』

「どうして?」とあなたは思うかもしれません。その理由はカンタンです。旦那さんの心の中は「絶対に離婚したい」であり、「話し合ってから決める」という気持ちではないからです。

では旦那さんと離婚するために、あなたはどうすればいいのでしょうか?

旦那さんとの離婚を絶対に回避したい女性の多くは、旦那さんを説得しようと下手(したて)に出たり、逆にヒステリックな態度で応戦します。

それでも旦那さんの離婚したいという気持ちが揺るがなければ、「わたしの欠点があるなら直すから。」とお願いするだけでなく、時には泣き落としを狙うなどしてなんとか離婚を回避しようとするのです。

涙ぐましい努力の結果、旦那さんの口から「わかった。そこまで離婚したくないなら離婚はやめよう。」という言葉が飛び出す可能性はあります。まさにあなたが心の底から熱望している言葉です。

しかし必ず成功するとは限りませんし、とりあえず離婚危機を回避できたとしても、旦那さんからの「離婚したい」という申し出に一生怯えながら暮らすストレスを味わうハメになるでしょう。

あなたのやり方は間違っている

夫婦生活は「夫婦の合意」で成立させるのが本来の姿であり、法律が愛を保証してくれるわけではありません。わたしたちはこの原則を忘れてはいけません。

つまり婚姻生活を続けたければ、旦那さんに「離婚するよりも婚姻生活を続けたほうが幸せになれる」と観念してもらわなければいけません。

あなたは「それができたら苦労しないよ!」と思うかもしれません。でもあなたは、やり方を知らないだけなのです。

これから紹介するレポートでは、旦那さんとの離婚を回避する戦略が詳しく解説されています。

詳しくはコチラ>>