120%メルマガ活用術 幸せをつかむ学習法とは?

メルマガ読者は2パターンに分類することができます。

1つ目のパターンは、「役に立ちました!貴重な情報ありがとうございました!」と感謝してくれる読者さんです。

2つ目のパターンは、「まったく役に立ちませんでした!」と常にイライラしている読者さんです。

メルマガの情報を役立てる人と、メルマガの情報を無駄にする人の違いがどこにあるのか???

わたしはずっーと疑問に思っていたのですが、実は答えを見つけることができました!わたしの発見は、きっとあなたにも役立つ情報だと思うので共有したいと思います。

本レポートの内容を100%実践することができれば、あなたの学習効率は劇的に(そう劇的に!!)向上し、情報をインプットすることも学習することも楽しくなるでしょう。

また本レポートで学んだことをお子さんに伝授すれば、あなたのお子さんもきっと「じぶんの頭で考える力」がつくでしょう。是非とも参考にしてください!

うちには関係ない!!

わたしが経営コンサルタントだった頃、経営者には2パターンいることがわかりました。

1つ目のパターンは、「社長!、あの業界で成功した●●戦略を参考にしてみましょう!」とどれだけ提案しても、「うちには関係ないよ!だって、業種も違うし、文化も違うし、商品も違うのだから」と、ろくに話も聞かずに突っぱねる経営者です。

当然ながら、このような反応をする企業の業績はなかなか上向くことはありません。

2つ目のパターンは、「うちには一見すると関係がないように見える。でも、もしかしたら参考になる部分もあるかもね。さっそく、わが社にも取り入れてみよう!」という反応をする経営者です。

実はこのような反応をする企業の業績は、着実に上向いていくのです。

さて、あなたはどちらのタイプでしょうか?

「じぶんには関係がない」と情報を切り捨てるタイプですか?それとも「じぶんには関係があるかも?」とまずは疑うタイプですか?

記憶≠学習

日本の教育では「記憶」と「学習」が同一視されていますが、本来はまったく異なります。

記憶とは、「情報を整理すること」です。その一方で学習とは「新しい情報と過去の情報をつなぎ合わせて、新しい行動を生み出すこと」です。

あなたは学生時代、「記憶」していましたか?それとも「学習」していましたか?

そうなんです。ほとんどの人は学習しているつもりになっているだけなのです。ひたすら情報の整理(つまり「記憶」)に精一杯になっているのです。

ほとんどの大人は、じぶんが学生時代に「記憶」ばかりしていてまったく「学習」していなかったことにすら気づいていません。それにも関わらず、「学生時代の勉強ってさ、、大人になってから役に立たないよね?」と不平不満をいっているのです。

わたしはこの事実に気づいた時、愕然としました。「俺、今までまったく学習してないじゃん!!」と今までの勉強時間がすべて無駄になったようなムナシイ気持ちになりました。

ネットで調べればほとんどの知識は引き出せる時代です。情報の整理ばかりが得意でも、これからの時代にはまったく役に立ちません。

もしあなたがメルマガの情報だけでなく、あらゆる情報(ネット、テレビ、新聞、友人知人からの情報)を「役に立たない」と思ったなら、、、その本当の原因は「学習」していなかったからなのです。

もしあなたが学習していない事実に気づいても悲観することはありません。学習するコツをひとたび身につければ、あなたは今まで経験したことがないほど、急激に成長することができるからです!

あなたはどうするべきか?

「学習」するコツは、たくさんあります。しかし本レポートでは、こむずかしい話をしてあなたを混乱させることが目的ではありません。「今すぐ!学習をはじめてほしい」のです。

そこで効果的に学習する上で、極めて重要な3つのポイントを伝授したいと思います。

【その1】 2択を捨てる!!

あらゆる情報をインプットする時、「この情報は役に立つか?、それとも役に立たないか?」と2択で結論づけようとする習慣は、本日を最後に捨て去ってください。

なぜならば「役に立つか?、役に立たないか?」と質問すれば、「役に立たない」とか「関係ない」という結論に至ることがほとんどだからです。そしてあなたが学習する機会は永遠に失われます。

あなたはこのように自分に質問しなければいけません。「この情報は一見するとわたしには関係ない情報。でもどうにかして自分のプラスにならないだろうか?」。

あなたは過去の知識や経験を、なんとかして新しい情報を結び付ける努力をするべきなのです。これこそが「学習」するということです。

わたしのメールマガジンのほとんどはあなたにとっては「関係がない(ように見える)」とか「役に立たない(ように見える)」情報だと思います。

わたしがメールマガジンで取り上げる情報の中には、同じく離婚で悩む人からの質問を取り上げることもありますが、「まさにこれこそがわたしの求めていた情報だ!」とあなたが実感することは少ないでしょう。

しかしそんなときほど「どうにかして自分の生活に役立てられる部分が隠れていないか?」と一度立ち止まって考えてみてください。

立ち止まって考えることこそが「学習」そのものなのですから。しつこくいいますが、メルマガの情報をインプットすることは学習の「準備」でしかないのです。

インプットした情報を、あなたの利益になるように結びつけることこそが「学習」であり、あなたの生活を向上させる原動力になるのです。

【その2】 まずは、やってみる

学生時代に丸暗記が苦手だった人も多いでしょう。でも丸暗記が苦手なのは、当たり前なのです。人間の脳は丸暗記が苦手なようにつくられているからです。

わたしたちがインプットした情報は、脳の「海馬」(かいば)に格納されます。しかし海馬は一度インプットした過去の情報を、無視するようにつくられているのです。

もし脳がインプットした情報のすべてをハッキリ記憶すれば、大量のエネルギーが必要になり人間は餓死するといわれています。

そのため脳は「過去に経験した似たような情報」は「重要でない」と判断してなかなか覚えようとしないのです。

ですからあなたがメールマガジンで「いい話だな。」と思った情報ですら、そのまま放置していれば脳は「大したことがない情報」(つまりゴミ)として処理します。(つまり忘れます)

価値ある情報を血肉にする一番効果的な方法は「試してみる」ことです。今まで経験していない挑戦から得られた新しい情報は、記憶に残りやすいからです。

もしあなたがメールマガジンを読んでいて「こうすればうまくいくかも!」とひらめいたことがあれば、是非とも行動に移してみてください。

 

【その3】 アウトプット

メールマガジンを発行していると読者の方から「●●したらうまくいくでしょうか?」と質問を頂くことが多いのですが、「わかりません。まずはやってみてください!」としか返信することができません。

しかし「やってみたんですがうまくいきました!」とか「やってみて失敗しました。なぜだと思いますか?」という質問なら大歓迎です。

メールマガジンで学んだことや、今日一日で吸収した知識があれば、どんな形であれアウトプットすることが大事です。

いきなり行動することに抵抗があるなら、日記を書いてみることをおススメします。

日記には今日1日で得られた情報を箇条書きにしてください。そして今日一日学んだ情報が「じぶんにどう関係があるか?」と考えてみるのです。(これこそが学習です!)

よほど慣れた人でないと、頭の中だけで学習することなどできません。ですから紙に書いてみることをおススメします。

最重要ポイント

「考える」ためには、考える「時間」を確保する必要があります。インプットした情報が多ければ多いほど「学習」する必要があります。(つまり、得られた情報をなんとかしてじぶんの利益に結びつけることができないか考える必要があるのです!!!)

ネットや書籍で情報収集ばかりしていても、ほとんど効果はないでしょう。もしあなたがじぶんの人生を本当の意味で変えたければ、「考える時間の確保」を一番に意識することをおススメします。

そしてメルマガや無料レポートで紹介しているワークを実際にやってみてください。「行動」してはじめて学習がより深くあなたの血となり肉となるのですから。

やさしい読者さまへ

本レポートについての感想・ご意見をお待ちしております。

感想・ご意見はコチラへお願いします!!

info@tanteinavi.com