確固たる自信を 育てる方法 【お試し版】

「離婚するべきか?離婚しないべきか?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

なかなか決断できない理由の一つに「じぶんの決断に自信がもてない」があります。ではどうすれば、じぶんの決断に自信をもてるようになるでしょうか?

本レポートは、確固たる自信をつける秘訣を紹介していきます。

自信とは何か?

自信とは、一体なんでしょうか?どのような状態であれば、自信のある状態であると胸を張ることができるでしょうか?

本レポートでは自信のある状態を、「何事にも惑わされない強固な意志を発揮している状態」であると定義したいと思います。

しかし何事にも惑わされない強固な意志を発揮することは、あなたが思っている以上に難しいのです。なぜ?自信のある状態でいることが難しいのでしょうか?

その理由を把握しておくことが、自信をもつための第一歩になりますから、これからわかりやすく解説していきます。

選ばされている現実

わたしちが何かを決断する時、そのほとんどが「選ばされている」という現実を自覚すべきです。

例えば「勝ち組」、「負け組」という考え方があります。生まれた時に「勝ち組」とか「負け組」なんてことを意識したことはないと思います。

つまり「いつかどこかのタイミングで『勝ち組はこういうこと』、『負け組はこういうこと』と第三者によって刷り込まれた」ということを意味します。

しかし日本人の多くの人は、誰かから刷り込まれた考え方であるとは思いもせず、「じぶんは負け組にはなりたくない。負け組になりたくないから頑張ろう」などと漠然と考えてしまうのです。

「負け組にはなりたくないから頑張る」という選択肢をするとき、その人はすでに第三者から与えられた価値観によって「選ばされている」のです。

冷静に考えてみると、わたしたち日本人は生まれたころから「選ばされている」教育を受けています。代表例が「偏差値」です。偏差値に応じて、「あなたは、あの学校にいく権利があります。」と教え込まれるのです。

偏差値が高ければ高いほど素敵な将来が約束されているように錯覚し、もし勉強をしないでフラフラしていると「あいつは成功のレールを踏み外した」と後ろ指をさされるのです。「成功のレール」なんてものは、はじめから存在しないにも関わらずです。

そもそも勝ち組とは一体なんでしょうか?「勝ち組」には、明確な定義はありませんが、たまたまこのレポートを書いている途中に立ち寄ったコンビニで見かけた雑誌を参考にしたいと思います。

ある雑誌では、階級を5つにグルーピングしていました。「資本家階級」、「新中間階級」、「旧中間階級」、「正規労働者」、「アンダークラス」です。

資本家階級は日本には254万人いるらしく、平均年収604万円、平均資産4,863万円が一つの目安になっています。

しかし多くの人は、これよりももっと細かい階層を思い描いていると思います。年収300万円よりは年収400万円のほうがよく、年収400万年よりは年収500万円のほうがいい、、、というように、年収を100万円単位で区切っていると思います。

年収800万円の人は年収600万円の人に優越感を感じ、年収2,000万円の人は年収1,000万円の人に対して優越感を感じる競争社会です。

あなたに少しでも心当たりがあるなら、あなたはすでに「選ばされている」ことを自覚すべきでしょう。

わずか数百万円の昇給のために、他人と競争し、寝不足が慢性化するほどに働いている人がどれだけ多いことか!!!仕事が楽しいわけではなく、出世するのが楽しいという人までいます。

ここから先の事実を申し上げるかは、少し迷ったのですが、、いい機会なのでお伝えしようと思います。

続く・・・