幸せな離婚を実現させる 最重要アイディア

ブログ「離婚準備なう。」には毎月10万人弱が訪問します。そしてメルマガに登録する「離婚したい女性」は毎月100人弱いらっしゃいます。

本レポートでは、離婚に苦しむ女性との対話から生まれた革新的なアイディアのなかでも、もっとも効果的だったものだけを厳選してあなたにお伝えしようと思います。

「1秒でも早く旦那と離婚したいんです」と精神的に追い詰められている女性だけでなく、「なかなか離婚に踏み出せないんです。」という読者や「いい旦那だけど離婚したいんです。」と葛藤する女性など、さまざまな悩みから本レポートは生まれました。

ですから学生時代の勉強のように「役に立つかわからないもの」ではなく、本レポートの内容は今まさにあなたが必要としているアイディアであると確信しています。是非とも参考にしてください。

【目次】

結婚して後悔してます
鬱になりそうです
100%幸せな離婚

結婚して後悔してます

『なぜ、今の旦那と結婚してしまったのだろう、、、、』と激しく後悔する毎日です。」と告白する女性は一人や二人ではありません。

離婚を検討中の女性の多くは、現状に強い不満をもっています。今の生活に100%満足していれば離婚など考えることもないでしょうから、当たり前の話かもしれません。

しかし「今の生活が嫌だから離婚すればいい」という考え方を安易に採用するのは危険です。絶対にススメできません。なぜならばそのような考え方では一生幸せになれない可能性があるからです。

常に現状に不満をもったままの生活に慣れてしまうと、「独身生活に不満をもった末に結婚し、結婚生活に不満を感じて離婚し、また独身生活に不満で再婚し、、、」といった具合にいつまでも幸せをつかめず苦しむことになるでしょう。

常に不満を持ち、幸せを掴めない最悪のパターンから脱却するためには「今がベスト」だということを心の底から理解する必要があります。

「嫌いなはずの自分、最悪だと思っていた今の生活が『ベスト』だなんて信じたくない」という気持ちは痛いほどよくわかります。しかし過去に引きずられてばかりでは未来に向かって力強い一歩を踏み出すことはできないのです。

もしあなたが未来に一切期待せずに「あの頃は楽しかった」といいながら一生を終えるのであれば過去のことばかりを考えて一生を終えるのもいいでしょう。

しかし「未来はもっと楽しくしたい」と心の底から願っているなら、離婚について真剣に検討する前に、結婚生活の後悔をまっさきに掃除しておく必要があるのです。

脱サラしました

少しだけ、ある男性の話をします。

その男性は20代で脱サラしました。周囲からすれば問題なく社会人生活を送っていたのですが、本人は1秒でも早くサラリーマンであることを辞めたかったのです。

そのサラリーマンは、脱サラした直後から厳しい現実に直面することになります。脱サラしてスタートさせた事業がうまくいかず、貯金を切り崩すだけの生活に突入したのです。

念願だった脱サラを実現させたにも関わらず、この男性は「なんで、脱サラなんてしちゃったんだろう!!」と涙で枕を濡らす毎日を過ごしていたのです。

辛く苦しかったはずのサラリーマン時代ですら「幸せ」だったと感じて、脱サラしてしまったことに途方もない「後悔」を感じてしまったのです。

後悔という感情は、あきらかに非生産的です。後悔という感情を大事にしてもなにもいいことはありません。

さて、ここであなたに質問です。なぜ、この男性は「後悔」という役に立たない感情を捨て去ることができないのでしょうか?

後悔するのは人間だけ

実は「後悔」という感情は、動物の中で人間だけがもつ感情だといわれています。なぜならば頭がよくないと「後悔」することすらできないからです。

ここで後悔の感情が発生するメカニズムを簡単に説明します。人は後悔する時、必ず「あの時、ああしていたら、こうしていたら、『今とは違った現実があったのに』」と認識します。

そうなんです。「今とは違った現実」というものは、本来であれば「存在しない」ものです。しかし人間は「存在しないもの」にリアリティーを感じることができるのです。

「今とは違った現実」にリアリティーを感じるためには、時空を超えて推論する能力が必要不可欠です。この時空を超えた推論を当たり前のように処理できるのは、高度に発達した人間の脳だけなのです。

「今とは違った現実」、つまり『ありえたかもしれない現実』をここでは「可能世界」と呼ぶことにしましょう。

しかし冷静に考えてみてください。「可能世界」などというものは、「存在しないもの」なのです。「可能世界」が存在するのは、わたしたちの心の中だけなのです。

理想には勝てない

「可能世界」はわたしたちの心の中にあるものですから、ほとんどのケースで「美化」されます。

例えば「あの時、旦那ではない別の男性と交際していたら、もっとハッピーになれたのに」といった具合です。不思議なことに「旦那ではない別の男性が、実は結婚詐欺師だった」というような悲惨な想像はしないのです。

「可能世界」は美化されて「理想」になるのです。つまり人は後悔している時、勝てもしない理想と現実のギャップに四苦八苦しているのです。なんだか馬鹿らしいと思いませんか?

つまり可能世界という理想を捨てきれない限り、わたしたちはいつまでたっても幸福感を感じることなどできないのです。

もしあなたが「後悔」を感じたら、「わたしは、ありもしない理想と現実を比べて無駄に落胆していないか?」と考えてみることを強くおすすめします。

そしてあなたが「後悔」という感情を100%捨て去った時のみ、あなたは離婚に対して力強い一歩を踏み出すことができるのです。

鬱になりそうです

旦那と一緒にいるだけで辛いです。鬱になりそうです。」という悩む女性は、びっくりするぐらい多いです。

実は悩みやストレスの多くは「そこにある」(存在する)ものではありません。少なくとも手でさわったり、目で形を確認することはできません。

それにも関わらず、気分が悪くなるほどのストレスを感じてしまうのは、一体どういうわけでしょうか?

旦那さんにストレスを感じると、ほとんどの女性はどうにかして旦那さんを変えようとします。「旦那がわたしの思い通りの行動をすれば、わたしのストレスは消える」というわけです。

しかし旦那さんを100%あなたの思い通りにチェンジする挑戦は、失敗に終わることがほとんどです。旦那さんとはいえ、他人を100%思いどおりにすることなど、ほとんど不可能なことだからです。

他人である旦那さんを思い通りにすることができず、あなたはより一層強いストレスを感じることでしょう。その結果あなたは「旦那の存在自体にイライラする」という状況に陥ってしまうのです。

あなたの抱える悩みやストレスの正体は、「あなたの心が作り出したもの」である以上、ストレスを消すためにはあなた自身の心に働きかけるのが最も効果的です。

ではどうしたら心の中にあるストレスを掃除することができるでしょうか?実はストレスのほとんどは、さまざまな『思い込み』が原因だったりします。

『思い込み』は、路上に捨てられたガムのようなものです。一度こびりついたら、なかなかキレイにすることができない厄介な存在です。

本レポートではあなたが「絶対に正しい」と感じている「思い込み」を一つずつ心からはがすヒントを伝授したいと思います。

地球は丸い?

「地球は丸い」。当たり前ですよね。でも事実ではないのです。NASAが公開している地球の画像をみれば一発でわかります。

地球 丸くない

また「地球は青い」というのも広く信じられていますが、正確ではありません。地球は青く見える時もあれば、そうでない時もあるのです。

地球 南極

地球が丸くなかったり、青くなかったりする話と、あなたと抱えるストレスが直接結び付くわけではありません。

あなたにまずお伝えしたかったのは、「絶対正しい!と思っていることでも、正しくないこともある」という事実です。

あなたの「思い込み」と、あなたの抱えるストレスを結び付けるために、もう一つ紹介したい話があります。

母親が苦手でした

わたしは母親が苦手でした。なぜならば、とてつもなく心配性だったからです。

車を運転するだけで「事故を起こさないでね!」としつこいほど、注意されました。

就職試験で内定をゲットしたら「ロングスリーパーのあなたに、忙しい仕事ができるかしら」といいました。

入社4年目に昇進することを伝えると、喜ぶよりも先に「責任が重くなって、過労で倒れないかしら」と心配しました。

脱サラして商売が軌道にのってきた時ですら「いい時はずっとは続かない。今のうちに貯金しておきなさい」とアドバイスしました。

母親との電話が終わるたびに、どんよりとした気分になるのです。心の底からいい加減にしてほしいと思いました。

この時のわたしの気持ちを言葉にするなら、「母は極度の心配性だ」ということでした。長年そう信じて疑いませんでした。

しかしわたしはある時、「本当に母は極度の心配性なのか?」と自問自答してみたのです。母は本当に心配性なだけかもしれないのですが、とりあえず疑ってみたのです。

すると「心配性」以外の可能性に気づくことができたのです。例えば「愛情表現が苦手なのではないか?」という可能性です。

あなたは大切な人に愛情表現するのが得意ですか?「愛してるわよ」とズバッと言うことができますか?

もしかすると、あなたのストレスの原因も「思い込み」である可能性はありませんか?

ほとんどの人は直接的に「愛している」と言葉にすることができません。ズバッと主張するかわりに、わたしの母のように「心配」したり、「怒ったり」するのです。

もしかしたら、わたしも、わたしの母も、あなたも、あなたの旦那さんも、愛情表現が苦手なだけなのかもしれません。

100%幸せな離婚

お子さんがいる女性から「シングルマザーが不幸にならない方法が知りたい」という相談されたことがあります。

相談者の女性は「シングルマザーになると経済的に厳しくなる」とか、「シングルマザーのわたしが父親の代わりをできるか不安」とか、「子供に不自由させるのではないか?」などと不安を抱えているのです。

もしあなたが同じような不安や悩みを抱えているなら断言したいことがあります。それは「100%幸せな離婚は実現できる」ということです。

メルマガ読者のあなたには、100%幸せな離婚を実現できる理由をカンタンにお伝えしたいと思います。

もう一度、脱サラの話

さきほど、ある男性が脱サラした直後に激しい後悔に襲われたお話をしました。しかしこの男性の後悔は長く続きませんでした。

実はこの男性、事業でプチ成功した瞬間に、脱サラした経験を「美談」にし始めたのです。

以上の話からわかることは、「過去は、現在の認識である」ということです。少しわかりずらいので出来事を時系列で並べてみたいと思います。

  • 脱サラ
  • 不遇の時代
  • プチ成功

不遇の時代を過ごしているときは、「脱サラ」したことを呪っていました。しかしプチ成功してからは「脱サラ」を美化することになるのです。

つまり嫌な過去はいくらでも上書きすることができるということです。過去が現在の「認識」である以上、「認識」を変えるだけで過去はガラリと変わるのです。

しかし重要な話はここからです。

「過去は、現在の認識である」という事実を発展させると「現在は、未来の認識である」という衝撃の事実に気づくことができます。

今あなたはものすごく辛いと感じているかもしれません。しかしあなたが辛いと感じている現在ですら、未来のあなたからみれば幸せな過去の一部になる可能性を秘めているのです。

もしあなたが「未来は今より絶対に楽しくなる!」と心の底から信じていれば、現在のあなたの置かれている状況がどれだけ辛くても苦になりません。

逆に、「悲惨な未来が待っている」と信じるならば、現在のあなたが置かれている状況が幸せであっても、不安で押しつぶされそうになるでしょう。

今、あなたはどんな未来を想像していますか?どんな未来を信じていますか?

もちろん未来はどうなるかわかりません。しかしどうなるかわからないということは、未来はあなたの手で変えられるということを意味しています。

あなたは「不幸な未来」を選ぶこともできるし、「幸せな未来」を実現することもできるのです。あなたはどちらを選びますか?

シングルマザーの話

先ほど「シングルマザーが不幸にならない方法」に興味をもっている女性は意外と多いという話をしました。ここで注意すべきなのは、「シングルマザーが子供を育てたら不幸になる」という前提に縛られているという点です。

もしあなたに心当たりがあるなら、立ち止まって考えてみてください。なぜあなたは「離婚したら不幸になる」とか、「離婚したら子供がかわいそう」だということを信じて疑わないのでしょうか?

勘のいい人なら「地球は丸い」とか「地球は青い」といった考えと同様に、「離婚したら不幸になる」という類の考えも「思い込み」でしかないことに気づくでしょう。

きっと離婚に対するネガティブなイメージを無意識に刷り込まれてしまっているのです。他人が「シングルマザーは不幸だ」と信じるのは勝手ですが、あなたまで同じ考えを持つ必要性はまったくないのです。

無意識に信じている思い込みほど、強烈に人を縛りつけるものはありません。例えばある女性は離婚したいと相談した親戚に「離婚は不幸であり、悪」だと断言されました。

その女性は、離婚したいという気持ちに蓋をし続けて、10年が経過した今でも離婚したいと思っていますが、なかなか離婚に踏み切れないそうです。

「なぜ離婚しないのですか?」と質問すれば、たくさんの理由が列挙されるのですが、そのほとんどが「そう思うから」という話ばかりです。

このようにハッキリとした根拠がないのに「そう思うから」という理由で身動きできない事例は、注意深く世の中を観察するとたくさん見つかります。

例えばブラック企業を退職したくて上司に相談したら「この会社を逃げ出すなら、転職しても成功しないよ!?」などと、根拠がない説得をされたという話はたくさんあります。

断言しますが「絶対に正しいこと」など、この世の中にはありません。それにも関わらず、「俺のいうことは絶対に正しい!」と堂々と主張する人はこの世の中にたくさんいます。

「俺のいうことは絶対に正しい!」という人に、「なぜ正しいのか?」と質問するとたくさんの理由が返ってきます。そのほとんどが「過去そうだったから」という類の答えです。

しかし本レポートをここまで読んだあなたならわかるはずです。「俺のいうことは正しい!」という人は、現在から過去を解釈しているだけなのです。

つまり二度と過ぎ去って二度とやってこない「過去」を大事にしているだけなのです。あなたは「俺のいうことは絶対に正しい!」という人と同じ間違いを犯してはいけません。

このレポートを読んだあなたには、「現在」から「過去」を解釈するだけの生活から一刻も早く脱却し、「未来」から「現在」を解釈する習慣を身につけてほしいと思います。輝かしい未来を生きるあなたを想像してください。未来のあなたが、現在のあなたを見たらなんというでしょうか?

選べる未来は一つではありませんから、たくさんの選択肢があります。そう。選択肢があるのです。あなたは、どんな未来を選びますか?

この章の終わりにワンポイントアドバイスです。実は、脳は否定形を認識するのが苦手です。そのため「不幸にならない方法が知りたい」と強く願えば願うほど、あなたの無意識は「不幸になる方法」を探してしまうことになります。

つまり「離婚したら不幸になる」という思い込みこそが、あなただけでなく子どもを不幸に縛り付ける根本原因になることもあるのです。くれぐれも注意してください。

P.S  やさしい読者さまへ

本レポートを最後まで読んでくださってありがとうございます!

突然なのですが、お願いがあります。アンケートにご協力いただけませんでしょうか?もちろんタダでお願いしようとは思いません。

アンケートにご協力いただいた方には、Amazonのギフトカード500円分を差し上げます。(e-mailで送信するタイプのギフトカードです!)

アンケートの質問は6つだけです。

質問1

  • 離婚したいあなたが、今もっともストレスに感じてることはなんですか?

質問2

  • 離婚するために、これまでに試してみてうまくいかなかったことはありますか?

質問3

  • 離婚を実現するにあたり、今もっとも恐れていることはなんですか?

質問4

  • 今すぐ離婚に向けて行動しないと、何がおこりますか?心配なことはありますか?

質問5

  • 離婚するために、何をしようと思いますか?

質問6

  • 離婚のスペシャリストに1つだけ質問できるなら、どんな質問をしますか?

いかがでしたか?アンケートをする理由は、「離婚準備なう。」や、メルマガで提供する情報の質を上げるためです。

「こんな情報が知りたかった!」とブログ読者やメルマガ読者の方に、よろこんでもらうためのアンケートです。

アンケートに回答してくださった方には、積極的にメルマガの企画に参加してくれる大事なメルマガ読者さまとして、他のメルマガ読者さまよりも優遇します。

今回の企画にご賛同いただける方は、以下のボタンをクリックし、ペンネームとメールアドレスを入力してください。アンケートの回答に必要なメールを自動送信します。

あなたが今抱えているストレスを、すべてぶつけるつもりでアンケートにご協力いただけたら嬉しいです。

坂本輝

はじめまして!

坂本あきら です! ライフコーチ
わたしはライフコーチという肩書で、さまざまな情報を発信しています。仕事内容を一言でまとめると「幸せになるお手伝い」です。得意な分野は、「人間関係」、「資産形成」、「ビジネス・起業」です。メルマガの送信名は、坂本輝@ライフコーチです。くわしい自己紹介は、本日のメルマガをご参照ください!