働かない夫との離婚が認められた裁判例を詳しく解説!

働か ない 夫 離婚

働かない夫との離婚は認められるのでしょうか?

結論から言うと、働かない夫との離婚は認められます。

しかし、夫が働かなければ離婚が認められると理解するのは乱暴です。

本記事では、夫の不労を原因として妻が離婚請求した裁判事例を紹介します。

働かない夫に対する離婚請求

働かない夫に対する離婚請求を以下のテーマに沿って解説します。

  1. 働かない夫と離婚できる根拠はどこにある?
  2. 働かない夫に対して離婚請求が認められる条件
  3. 裁判事例

働かない夫と離婚できる根拠はどこにある?(1)

働かない夫と離婚できる根拠はどこにあるでしょうか?

まずは、民法770条1項の規定を載せておきます。

  1. 不貞行為
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 回復の見込みのない重度の精神病
  5. 婚姻を継続しがたい重大な事由

離婚が認められるのは、上記5つのうちのどれかに当てはまる場合です。

働かない夫と離婚するためには、「ⅴ 婚姻を継続し難い重大な事由」であると主張するしかありません。

では、夫が働らかない態度がどの程度であれば、「婚姻を継続し難い」と認められるのでしょうか?

婚姻を継続し難いと認められる条件(2)

婚姻を継続し難いと認められるためには、正当な理由なく長期間働かない事実が必要です。

一方で、正当な理由があって働けない場合には、夫婦で助け合う必要があります。

例えば、病気や心身の故障などにより働けないのであれば、妻が夫を助ける必要があります。

特に、女性が職につくことがそれほど困難ではない現代においては、経済面における負担は夫婦で平等であるべきと考えられます。

もちろん、妻が働けない場合には夫が助けなくてはいけません。

さて、形式的な説明は以上ですが、具体的な事例がないと理解しにくいかもしれません。

ここからは、働かない夫に対する妻からの離婚請求が認められた事例を3つ紹介します。

裁判事例(3)

働かない夫に対する離婚請求が認められた事例を3つ紹介します。

  1. 定職につかず賭け麻雀で生計を立てる夫に対する離婚請求
  2. 正当な理由もなく働かない夫に対する離婚請求
  3. 勤労意欲が無い夫に対する妻からの離婚請求

定職につかず賭け麻雀で生計を立てる夫に対する離婚請求(3-A)

東京高裁判決昭和54年3月27日(判例タイムズ384号155頁)を紹介します。

まずは、裁判の概要をまとめておきます。

裁判の流れ
  • 第一審
    ⇒妻(原告)が夫(被告・控訴人)を訴えた
    【東京高裁判決昭和54年3月27日】
夫婦の歴史
  • 昭和48年     同棲を経て婚姻
  • 昭和48年        麻雀屋を開業するも1年で閉店。その後は定職に就かず、生計を賭け麻雀で得る
  • 昭和50年9月    妻が子供を連れて別居を開始
  • 昭和52年4月    離婚訴訟を提起
  • 昭和52年11月   妻は不倫相手と夫婦同然の生活を送る

この裁判は、定職に就かず賭け麻雀で生計を立てる夫と別居し、別居後、他の男性と交際を続けている妻からの離婚請求が認められた事例です。

生活費は、妻が薬剤師として働いた収入で賄っており、夫の妻に対する経済的な依存は強いものがありました。

また、夫には、就労できない正当な理由があったわけではありませんでした。

妻は夫に就業するように要望しましたが、夫は自堕落な性格を続けます。

妻の夫に対する不信感は決定的なものになり、離婚を申立てることになりました。

裁判では、夫が妻との婚姻関係の継続を望んでいたとしても、もはやその回復は期待できず、婚姻を継続し難い重大な事由があるとして離婚を認めました。

なお、妻は不倫相手と夫婦同然の生活を続けていましたが、妻に破たんの責任を負わせることはしませんでした。

なぜならば、妻による不倫は、夫との関係が破綻する時期よりも後に始まったものであると認定されたからです。

正当な理由もなく働かない夫に対する離婚請求(3-B)

東京地裁判決昭和30年11月25日(判例時報71号19頁)を紹介します。

この裁判は、婚姻から15年後の43歳で失職し、その後就労しない夫に対する妻からの離婚請求です。

生計は、妻がアメリカ軍関係の翻訳係として働いて立てていました。

しかし、過労のため心臓ノイローゼ症、貧血症、坐骨神経痛などを患うなどしました。

夫は生計を支える妻に暴言を吐き、親族から斡旋された仕事を拒絶するなどしました。

夫が働かない期間は5年間にも及んだため、妻が離婚請求を申し立てたというわけです。

勤労意欲が無い夫に対する妻からの離婚請求(3-C)

東京地裁判決昭和38年5月13日(判例時報339号32頁)を紹介します。

この裁判では、就職しても長続きせず職を転々としていた夫に対して、妻が離婚を申し出ました。

家族の生計は、妻が内職と夜のキャバレー(夫も了承済)で勤務することで立てていました。

夫は、子供の面倒をみないばかりか、経済的な依存心も強いものがありました。

妻は、そのような態度にでる夫に愛想を尽かして別居しました。

すると、夫は様々な一貫性のない行動にでます。

まずは、別居に憤慨して、他の女性と結婚するから離婚しろと迫ります。

しかし、それで妻の気が引けないとわかると、夫婦の復活を望んでいるにも関わらず、妻に懺悔を求める手紙を送り続けます。

しまいには、離婚裁判を阻止するために居所を明らかにしないまま転居する等の行動にでます。

裁判では、夫のわがままな性格、妻を非難する生活態度、妻を困らせるために所在をくらまし、妻との夫婦生活に協力する意思が感じられないとして、婚姻を継続し難い重大な事由を認めました。

まとめ

本記事では、働かない夫との離婚が認められた事例を紹介しました。

この記事を読んでいるということは、きっと離婚準備に興味があると思います。

本サイト「離婚準備なう。」では、離婚準備の無料マニュアルを公開しています。

是非ともご覧ください↓↓