【離婚相談#7】エア共働き妻

さかもと です!

今回はアンケートに回答してくれた
男性(えんちゃん、さん)の状況を
シェアしたいと思います↓↓↓↓


□ ̄ 夫婦生活のストレスは?   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

妻は自分のことばかりを
優先するように感じます。

たとえば、わたしが帰ってきると早々、
自分のことばかりをずっと話します。

適当に頷いていると
機嫌が悪くなる一方、

妻がわたしの話題を聞くことは
ほとんどありません。


□ ̄ 離婚するために試したことは?   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

妻は働きには行かず
近くにある実家で1日数時間ほど
ピアノを教えているのみなのですが、

妻はわたしに
「うちは共働きだ!」
「なぜ?率先して家事をやらないのか?」
などと主張してきます。

わたしは

「そんなに不満ばかり言うのなら
この生活は続けられない・・・」

と正直な気持ちを話しました。

すると妻は、泣きながら
「もう一度チャンスを下さい」
と言ってきました。

しかし、、、

わたしが休みだと
「休みの人が家事をやって!」
と主張してきます。


□ ̄ 恐れていることは?   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

妻の両親からの援助で
戸建てを購入したこと


□ ̄ 心配なことは?   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

小遣い制、
また飲み会なども良く思われていません。

もしこのまま会社と家を
往復する生活が続くとなると、
精神的に持たないかもしれません。

職場まで2時間かかることが
かなりの負担になっています。


□ ̄ これから何をする?   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

妻との夜の営みは
できればしたくありません。

また、
自分の不満を積極的に話し、
こんな気持ちでいることを
理解してもらいたいです。

即離婚とまでは行かないまでも
別居までは進めて行きたいです。


□ ̄ もっとも知りたいことは?   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

離婚したいと思いつつ、
いざ切りだそうとすると
ためらってしまうことがあります。

スムーズな交渉の
進め方を知りたいです。


□ ̄ ワンポイントアドバイス   ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

以上がえんちゃんさんから
頂いたアンケートの内容です。

ここから先は、
えんちゃんさんから頂いた
情報を踏まえてワンポイントを
お届けしたいと思います。

↓↓↓↓

ある男性は、
奥さんから徹底的な
モラルハラスメント被害に遭っていました。

奥さんは男性の欠点を徹底的に見つけ、
いつも痛烈な嫌味をいったり、
激しく怒り狂ったりするのでした。

同様に、

些細な口実を見つけては、
陰湿な攻撃を繰り返しました。

こういったことを
丹念に積み重ねることで、
男性に「深い罪悪感」を抱かせたのです。

そして精神的優位を確立した上で、
男性をコントロールしようとしたのです。

結果、

男性は奥さんの
精神的奴隷になりました。

その男性は仕事の分野では
控えめにいっても成功していました。

しかしいつも気持ちは
暗かったそうです。

男性の言葉を借りるなら、
「鉛色の空の下にいるような感じ」で
毎日を過ごしていたそうなのです。

ある日、男性は意を決して
家を出ました。

長い間、奥さんの
コントロール下にいたので、
家を出てから何をしたらいいか
わからなかったそうです。

友人も失い、
実母からは離婚を反対され、
母はずっと息子の離婚のことを
隠ぺいし続けました。

その結果、
親戚とも疎遠になりました。

しかし男性は前に進みました。

「新しい関係」を構築することに
成功したのでした。

しかしその過程では、
ひどいこともたくさんありました。

恐るべき真実に
遭遇してしまうこともありました。

たとえば、

「母は自分を愛していない」

という事実に気付いた時、
男性はショックを受けました。

母は息子である男性に対して、

『離婚のような面汚しをする
ぐらいなら、潔く自決しろ』

という沈黙のメッセージを
送り続けたのです。

男性はそれでも前に進みました。

助けてくれる人に頼って
前に進めばよい、、、、

と信じたのです。

結果として男性は、

新しいパートナーや
新しい友人に依存し、

愛情のフリをして
妻にとって都合のいい夫を押し付ける
妻から解放されたのでした。。。。

「えんちゃんさん」への
アドバイスに戻ります。

↓↓↓↓

アンケートを拝見する限り、
えんちゃんさんも罪の意識を
植えつけられているのではないか?

と思いました。

しかし奥さんばかりを
責めるのも違うと思います。

奥さんをそのような
人間に育てたのは
おそらくは奥さんの両親です。

奥さんは奥さんの両親から支配され、
えんちゃんさんは、奥さんから支配されている

という構造なのだと思います。

えんちゃんさんが
コメントしているように、

実家からの援助が
奥さんの夫に対する
精神的な優位の源泉であり、

同時に、
奥さんの両親のあなたたちへの
精神的な優位の源泉であるのです。

ですから、、、、、

支配から逃れるために、
支配の根源を断つという意味で、
「別居する」という選択肢は
アリかもしれません。

しかし、、、

「離婚したいから、別居する」
という主張をするのはおススメしません。

なぜならば奥さんの反感をかうでしょうし、
えんちゃんさん自身も「即離婚」を
願っているわけではなさそうだからです。

離婚を真剣に考える
というよりも、

どういうライフスタイルを
目指していきたいのか???

という点をハッキリさせた上で、
奥さんとすり合わせをすることを
おススメします。

奥さんもあなたも
譲歩できない決定的な
ラインがあるはずです。

しかし奥さんもあなたも
そのラインを自覚していない段階です。

アンケートでは
お子さんの情報がありませんでしたが、

今後も今の家に住むのか?
家に近い職場への転職は検討できないのか?

なども含めて、
奥さんと話し合ってください。

話し合えば話し合うほど、
お互いの将来に対する認識がわかりますし、
どちらがどの程度譲歩しないと夫婦関係が
続かないのか?ということも予想できます。

えんちゃんさんの
人生を考える上で、
もっとも重要なテーマを選んで
話し合うことをおススメします。

■ 次はコチラ

【離婚相談#8】1年以上家庭内別居状態です!

■ 離婚相談集

離婚相談集