離婚準備の極意 結婚生活の苦しみから 今すぐ解放される方法

このレポートは「離婚したい。でも今すぐには離婚できない。」と悩むことを繰り返し、「そろそろ精神的にヤバいかも」と真剣に悩んでいる方に向けて執筆しています。

わたしは本気で悩んでいる方の役に立ちたいと思っています。ですから、もしあなたがメルマガに興味本位で登録したものの「実のところ、あまり悩んではいないんですよ。。。」という場合は、メルマガを解除してくださいね。

さて、もしあなたが本気で「離婚したい」と悩んでいるのであれば、毎日毎日、悶々とした日々を過ごしているはずです。それどころか、体調不良に悩まされている方もいるはずです。

本レポートはそういう方のために執筆しました。ですからここから先は、「あなたが真剣に悩んでいる」という前提で話をすすめますので、真剣に読んで欲しいと思っています。

まずは本レポートの目的を明らかにしておきます。

本レポートの目的は、「離婚したらいつかは幸せになれるはず。」と願っているあなたの期待を木っ端みじんにすることです。

では本レポートの目的は何か????

本レポートの目的は、ズバリ「離婚したい。でも今すぐには離婚できない。」という苦しみから「今すぐ」あなたを解放することです。

「いつか」ではなく「今すぐ」というところがポイントです。

「そんな方法があるなら早く教えて・・・」という方は是非とも最後までお付き合いください。

今すぐ幸せになる極意

突然ですが、あなたが一生のうちに一度でいいから「行きたい場所」や「会いたい人」のことを想像してみてください。

次に、一週間後、あなたが今想像した夢が「必ず」実現することを想像してください。心臓がドキドキしませんか?

もし「行きたい場所」や「会いたい人」を想像するのが難しければ、もっと簡単なシチュエーションを想像するとよいでしょう。

例えば、あなたが長年欲しいと思っていた商品を、楽天やAmazonなどのオンラインショップで購入することを想像してください。商品代金の決済はすでに完了していますので、「あとは待つだけ」です。

どうでしょうか?商品が発送されてから自宅に到着するまでの間は「まだかまだか」とワクワクドキドキするはずです。

以上の質問で、わたしが伝えたかったのは「今すぐ幸せになる」秘訣についてです。

今すぐ幸せになる秘訣は、たったの2つしかありません。

秘訣その1 ⇒ ワクワクドキドキする未来を実現すると心に誓う

秘訣その2 ⇒ 「あとは待つだけ」という状況をつくる

裏を返せば、もしあなたが毎日の生活に対して、幸せのカケラも感じることができないなら、秘訣その1、秘訣その2のいずれかもしくは両方が欠けているのです。

あなたが今すぐ幸せになれるかどうかチェックしてみましょう↓↓↓↓

質問その1 ⇒ 「あなたは離婚後の幸せな生活をリアルに想像できますか?」

質問その2 ⇒ 「将来の幸せな生活を実現するために、今やるべきことがわかりますか?」

質問その3 ⇒ 「今やるべきことが、幸せな生活の実現につながっていることを確信できますか?」

「秘訣その1」をチェックするための質問が「質問その1」です。「秘訣その2」をチェックするための質問が「質問その2」と「質問その3」です。

もしあなたが3つの質問にスラスラ答えられるのであれば、たとえあなたの目の前の現実が悲惨であっても、心に余裕をもてるはずです。

なぜならば「自分にとっての幸せを理解」し(質問1)、「今やるべきことがわかり」(質問2)、「やるべきことをやっていればその延長線上に幸せが待っている」と確信(質問3)できているのであれば、毎日が充実しないわけがないからです。

さて、、、これまでの話は、抽象的でわかりずらかったかもしれないので、もう少し具体的な話をしますので理解を深めてほしいと思います↓↓↓↓

本当の離婚準備

わたしはこれまで「離婚したい!!」と悩んでいる本当にたくさんの方の相談にのってきました。

大きくわけると悩みは2つに分類できます。

悩みその#1 ⇒ 「本当に離婚すべきでしょうか?」

悩みその#2 ⇒ 「離婚するために今やるべきことはなんでしょうか?」

 

愚痴だらけの毎日

さきほど紹介した3つの質問に答えを準備できないのであれば、、、、、あなたの苦しみは今度も続くことが予想されます。

■ ワクワクする未来がない人は↓↓↓↓

本当に離婚するとなれば不安になるのは当然です。「離婚してお金に困ったらどうしよう」とか、「離婚して子どもに会えなくなったらどうしよう」などとネガティブなことを考えるのは当然のことです。

だからネガティブなことを圧倒的に上回る「ポジティブな要素」が必要なのです。例えば・・・

受験生がツラい受験勉強に耐えるのは、「合格した時のメリットがそれ以上に大きい」と信じるからでしょう。

サラリーマンが転職したり脱サラしてリスクを冒すのは、「成功した時のメリットがそれ以上に大きい」と信じるからでしょう。

あなたが離婚することによって期待できるメリットはどんなものですか?

■ 戦略や計画がない人は↓↓↓↓

戦略や計画がない人は、「このままでいいのだろうか?」と不安になります。

考えが足りないので「行き当たりばったり」になりがちで、大きな落とし穴にはまってしまう可能性だってあるでしょう。例えば・・・

受験生であれば、志望校の難易度や教科毎の配点などを理解していなければ、効率の悪い受験対策しかできないでしょう。

脱サラ社長であれば、事業計画書の完成度が低ければ、銀行からの出資を断られたり、家族からの許しですら得られないでしょう。

離婚問題であれば、親権、慰謝料、養育費、婚姻費用、住宅ローンなどの基本的な問題を真剣に考えなければ、あとになって取り返しのつかない問題を抱えるでしょう。

あなたには離婚後のワクワクする生活を実現する戦略や作戦がありますか?

 

 

悩みゼロの実現

人間誰しも「何をしたらいいかわからない」時に不安を感じます。逆に「何をしたらいいかわからない」ことがなくなればストレスは解消し、安心することができます。

例えば高校受験や、大学受験の時のことを思い出してください。

志望校が明確であればあるほど熱心に勉強することができますよね?でも、、、行きたい学校が見つからなければ、本気で勉強できないと思いませんか?

志望校の過去問や模試があれば対策できるので安心ですよね?でも、、、過去問も模試もなければ不安になりませんか?

もちろんほとんどの受験生には志望校があるし、志望校合格に向けてあらゆる対策をするでしょう。だから受験生が過剰に不安になることはありません。

おそらく学校の先生や塾の先生であれば、「悩んでいる暇があるなら、過去問研究に集中しよう。」とアドバイスするでしょう。

以上の話からわたしが伝えたかったことは、「苦しみから『今すぐ』解放される要素は3つある」ということです。

1つ目の要素は、「志望校に合格したら幸せになれる」というような「ワクワクする未来」の要素。

2つ目の要素は、「志望校に合格するための計画」というような「目標を達成するための戦略」という要素。

3つ目の要素は、「一心不乱に勉強に集中する」というような「今やるべきことをやる」という要素。

以上の3つがそろっていれば、充実した気持ちのまま受験当日を迎えることができるでしょう。

さて、、、受験勉強の話ではなくあなたの離婚問題に話題を戻しましょう。突然ですが、3つ質問をしますので正直に答えてください↓↓↓

質問#1 ⇒ 離婚しないと実現できないワクワクする未来がありますか?

質問#2 ⇒ ワクワクする未来を実現するための戦略や計画がありますか?

質問#3 ⇒ 今やるべきことは明確ですか?そして今やるべきことをやっていますか?

最重要ポイント

離婚準備で重要な要素を3つ紹介しました↓↓↓↓

【重要なポイント】

今回のレポートでは、あなたに「離婚問題のあらゆる苦しみから『今すぐ』解放されてほしい」と願っているので、もっとも重要なことをお伝えします。

上記3つの要素のうち、もっとも重要な要素はワクワクする未来の『創造』です。

ちょっと想像してみてください。

あなたがたまたま道を歩いていたら道端に1万円札が放置されていました。1万円札は、あなたの1メートル先に落ちています。周りに人はいません。

きっとあなたはドキドキするでしょう。今いるところから1メートル歩いて、しゃがめば1万円をゲットすることができます。あなたは1万円をゲットするでしょうか?

もちろん答えは『はい!』ですよね?(落し物は警察に届けましょうね!!)

以上のたとえ話の1万円は「ワクワクする未来」に対応します。

あなたが手に入れるものは「絶対に」ワクワクする未来でなくてはいけません。

その証拠に、もし道端に落ちているのが1万円札でななく『1円玉』だったらどうでしょうか?おそらくあなたは何もなかったかのように通り過ぎるはずです。

以上の例え話で伝えたかったのは、「ワクワクする未来が創造できれば、戦略も実行もあとからついてくる」ということです。

本当に離婚しようと思ったらめんどくさいことの連続です。キレイごとだけでは済みません。

将来のこと、お金のこと、人間関係の問題に取り組んでいかねばなりませんし、離婚した後もあなたの人生は続くのです。むしろ「離婚後の人生の方が長い」という人もいるでしょう。

よろしいでしょうか?「離婚問題のあらゆる苦しみから『今すぐ』解放される」ためには、「絶対に」ワクワクする未来を創造しなくてはいけないのです。

道端に落ちている1万円札を発見したら反射的にひろってしまいたくなるぐらい「絶対」です。

しかし残念ながら、「ワクワクする未来を創造する」ことは、多くの人にとって「難題」であるようです。