離婚準備の極意 結婚生活の苦しみから 今すぐ解放される方法

本レポートであなたに伝授するのは「離婚問題のあらゆる苦しみから『今すぐ』解放されるノウハウ」です。

「頑張ればいつか苦しみから解放される」というノウハウではなく、「今すぐ」解放されるというところがポイントです。

あなたは「そんなことできるの?嘘でしょ?」と思ったかもしれませんが、「できる」のです。

もしあなたが「できない」と思っているのであれば、そう思い込んでいるだけです。あなたは「方法を知らないだけ」なのです。

離婚問題のあらゆる苦しみから「今すぐ」解放されたい方は、是非とも最後までお付き合いください↓↓↓↓

最重要ポイント

今回のレポートでは、あなたに「離婚問題のあらゆる苦しみから『今すぐ』解放されてほしい」と願っています。

ですからくどくど説明するのではなく、どのように苦しみから解放されるのか、まずは「体感」してもらうことにしましょう。

早速ですが、これから説明する状況を想像してみてください↓↓↓↓

【1万円札の落とし物】

あなたがたまたま道を歩いていたら道端に1万円札が放置されていました。1万円札は、あなたの1メートル先に落ちています。

周りに人は誰もいません。あなたは1メートルほど歩いてしゃがむだけで、1万円をゲットすることができるのです。

あなたは1万円をゲットするでしょうか?

もちろんあなたの答えは絶対に『はい!』ですよね?(落し物は警察に届けましょうね!!)

もう一つ想像してほしい話をします↓↓↓

【ショッピング】

現代社会は、家や車もオンラインで購入できる時代です。あなたがプレゼントされたら絶対に嬉しい商品を想像してみてください。

想像しましたね?(家でも車でも高級バックでも時計でも、あなたがプレゼントされたら絶対に嬉しい商品であればなんでも構いません。)

想像したらコチラ↓↓↓

あなたはその商品を購入することを決断し、オンラインサイトのカートに入れ、決済を完了しました。あとは商品の到着を待つだけです。

きっとあなたは、商品が到着するまでの間、ウキウキ・ワクワク・ドキドキしているはずです。

商品が到着するまでに多少の嫌な出来事に巻き込まれても、商品が到着する日のことを想像するだけで、「まぁ、いっか」という気持ちになるでしょう。

この話で伝えたかったポイントは、「ワクワク・ドキドキ・ウキウキする未来を信じる」ことがとにかく重要ということです。

離婚後の明るい未来を心の底から信じることができれば、その瞬間からあなたは離婚に関するあらゆる苦しみから解放されるのです。

受験生がツラい勉強に耐えるのも志望校に合格した未来が明るいと信じることができるからです。

サラリーマンがツラい仕事に耐えることができるのも仕事が終わった後の自由な時間が待ち遠しいからです。

脱サラ起業家が、リスクをとってまで挑戦するのは、自分なら成功できると信じているからです。

逆にもしあなたがワクワクする未来を想像することができなければ、「その瞬間から、あなたの気分は落ち込み無気力になる」のです。

あなたは離婚して「一片の悔いなし」と断言できるような生活をリアルにイメージできるでしょうか?

もしあなたの答えが「はい!!」であれば、、、、あなたの目の前の現実がどれだけ悲惨であっても我慢できるはずですし、たくさんの問題があっても乗り越えようと思えるはずです。

ですからもしあなたが「幸せになるため」に離婚を検討しているのであれば、「絶対に」ワクワクする未来を創造することから逃げてはいけないのです。

ちなみにわたしのいう「絶対」とはこれぐらいの重みがあります↓↓↓↓

徹夜したら眠たくなるぐらい絶対です。

食べたり飲んだりしたらトイレに行きたくなるぐらい「絶対」です。

スマホをどこかに置き忘れたら不安になるぐらい「絶対」です。

癌(がん)を告知されたらショックを受けるぐらい「絶対」です。

もしわたしのアドバイスを無視すると、悲惨な未来も覚悟しなければいけません↓↓↓↓

こんなはずじゃなかった

人間は誰しも楽観的なのですが、恐ろしいことに本人にはその自覚がありません。

例えば「今すぐ離婚したい!!」と願っている人の大半は、無意識に「離婚したら今の生活よりマシな生活が待っている」と決めつける傾向があります。

しかし離婚したら今より幸せになれる保証など一切ないのです。

離婚したら今よりも悲惨な生活が待ち受けている可能性も十分あるのに、その可能性は無視して「将来のことはとりあえず離婚してから考えよう」と大事なことを先送りにしてしまう人が多いのです。

その結果、離婚した後になって「こんなはずじゃなかった」と後悔するハメになってしまうのです。例えば、、、、

経済的にこんなに苦労するとは思わなかった」とか「実家に帰れると思ったら拒否された」とか「いい職が見つかると思ったが現実は甘くなかった」とか「マイホームの権利で離婚後にトラブルになるなんて想定外」など、「こんなはずじゃなかった」のバリエーションはたくさんあるのです。

とはいえ、自分のことはなかなか客観視できないものなので、以下のような状況を想像してみてください↓↓↓↓

【相談】会社を辞めたいです

ある日あなたの親友から相談があると呼び出されました。

何があったのか?と思ってじっくり話を聞いてみると、「今の会社で働くのが嫌だから脱サラしたい」というような相談でした。

あなたはどう思うでしょうか?

ほとんどの場合において、「本当に大丈夫?」と心配するはずです。

脱サラして生活は大丈夫なのか?」とか、「銀行はお金を貸してくれるのか?」とか、「家族はどう思っているのか?」など質問したいことはたくさんあるでしょう。

わたしなら絶対に「脱サラするのは一旦辞めろ」とアドバイスします。

なぜならば、そもそも他人に「脱サラしたいと思うがどう思うか?」などと質問している時点で、「ワクワク・ドキドキ・ウキウキする未来を信じる」ことができていないと判断できるからです。

目の前に1万円が落ちていたらカラダが勝手に動くように、本当に脱サラした後の未来を信じることができているなら、「気づいたら辞表を提出していた」となるのが自然だからです。

あなたは離婚することに、ネガティブな気持ちを抱いてしまっているのでは?

離婚を検討している人の大半が、「今、目の前にある、ツラい状況」から逃れることに必死です。ですから「1日でも早く離婚したいのです・・・」という気持ちになってしまうのも理解できます。

しかし(繰り返しになりますが)「今、目の前にある、ツラい状況」から抜け出せば幸せになれるわけではないのです。離婚した後になって「こんなはずじゃなかった」となる可能性だって十分残されているのです。

もしあなたが「離婚するために離婚する」のではなく、「幸せになるために離婚する」のであれば、「ワクワク・ドキドキ・ウキウキする未来を信じる」ことから逃れてはいけないのです。

それにも関わらず、離婚に関連する書籍では、そのことについての説明がほとんどないのです。

本当の離婚準備とは?

離婚本に書かれていることは「養育費」、「面会交流権」、「親権」、「慰謝料」、「財産分与」、「婚姻費用」などについてです。

もちろんそれらの知識はすべて重要なのですが、肝心かなめの「将来のこと」については「じっくり考えてくださいね。」という記述しか見つけることができません。

そう。もっとも大事なことはほとんど無視されているのです。

あなたは離婚してどんな未来を実現したいと思っていますか?その未来を実現できると信じることができますか?

残念ながら、ほとんどの人の答えは「ノー」です。

なぜならば、「自分の外の世界のことはよくわからない」のが一般的だからです。そのことがよくわかる事例を一つ紹介します↓↓↓

事例:日本終わってますよね?

東京都内の某企業に12年間勤務しているにもかかわらず、手取りの月給がわずか14万円のサラリーマンが、「日本終わってますよね?」などとネット掲示板に訴えました。

この投稿には共感するコメントが相次いだのですが、「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏は、「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよwww」とつぶやきました。

この事例で伝えたいのは、「見えている世界は人によって違う」ということです。

「日本が終わっている」ことを信じる人もいれば、「日本は実力次第でどうにでもなる国である」ことを信じる人もいます。

どちらの世界にリアリティーをもてるかで、その人の人生は変わるのです↓↓↓↓

【幸せ VS 不幸】

「自分は幸せになって当然」という基準をもっている人は、幸せになるためにあらゆる努力ができます。なぜならば「幸せになって当然」だと固く信じているからです。不幸の状態では居心地が悪いのです。

逆に「自分は不幸になって当然」という基準をもっている人は、幸せになるために努力することができません。なぜならば「不幸になるのが当然」だと固く信じているからです。幸せな状態のほうが居心地が悪いのです。

例えば宝くじの高額当選者においても、そのことは当てはまります↓↓↓

【お金持ち VS 貧乏】

「自分はお金持ち」という基準をもっている宝くじの高額当選者は、大金を目の前にしてもお金を減らす行動をするどころか、逆に増やそうとします。なぜならば「自分はお金持ち」いう気持ちが基準にあるので、散財すること気持ち悪さを感じるからです。

逆に「自分は貧乏人」という基準をもっている宝くじの高額当選者は、大金を目の前にすると「少しぐらいお金を使っても罰は当たらない」と考えます。なぜならば「自分は貧乏人」という気持ちが基準にあるので、「このチャンスを逃してなるものか!」とお金を使うことに執着するのです。

わたしは離婚を検討中の人から「わたしは離婚したら、貧乏と孤独死を覚悟して生きていかねばならないのです!」と宣言されたことがあります。

正直、ショックでした。

このレポートを読んでいるあなたにはそうなってほしくありません。離婚するにせよ離婚しないにせよ、あなたが信じる「幸せ」を実現させてほしいと思っています。

もちろん「わたしは、わたしの幸せを疑ったことがありません!!」と断言できる人であれば、わたしのアドバイスをそれほど必要としないでしょう。そういう人はアドバイスしなくても、自力で未来を切り開いていくはずです。

しかしもしあなたが「正直、自信がない」というのであれば、もう少しお付き合いください。

離婚準備の極意

本レポートの冒頭で、「離婚問題のあらゆる苦しみから『今すぐ』解放されるノウハウ」をあなたに伝授すると宣言しました。

実はもうすでにノウハウの核心部分については解説しています。そう。「ワクワク・ドキドキ・ウキウキする未来を信じる」ことです。

「自分の幸せな未来」を確信することができれば、今のツラいことはすべて「乗り越えて当然の試練」となり、前向きな気持ちを忘れることなく未来を切り開いてくことができるのです。

これまでのレポートで長々とお伝えしてきたことは、それだけのことです。理解すること自体は、難しくないでしょう。しかし問題がないわけではありません。

あなたも「理屈はわかったのですが、、、どうしたらワクワク・ドキドキ・ウキウキする未来を信じるなんてことができるのですか??」と疑問に思っているでしょう。

その疑問に答えるために、少しだけわたしの話をしましょう。

どうすればいいの??

わたしが脱サラした時の「ワクワク・ドキドキ・ウキウキする未来」とは、わかりやすくいうと、『毎日の知的好奇心』を満たし、『毎日誰かに感謝』されながら、『毎日確実に資産を増やす』という未来でした。

当時わたしは外資系企業の戦略コンサルタントとして働いていました。給料はかなり良かったですし、なかなかできない経験もさせてもらえました。

しかし忙しすぎたのです。当時のわたしは深夜残業も土日出勤も当たり前でしたし、残業時間だけで200時間を超えるという異常な働き方をしていました。

わたしは、自分の好きなことは全部後回し、成果を出すのは当たり前、仕事のストレスから散財を繰り返すという毎日を過ごしていたのです。

仕事があるだけ幸せでしょ?、仕事で経験を積めるだけ幸せでしょ?、散財するお金があるだけ幸せでしょ?と思う人もいるでしょう。しかしわたしは当時の生活に嫌気が差していたのです。

もしかしたらあなたの状況に似ているかもしれません。

世の中には結婚したくても結婚できない人もいるし、子供が欲しくても子どもが生まれない夫婦がいるのです。ですから世の中には「離婚を検討するだけでも贅沢」だとあなたを非難する人もいるでしょう。でもあなたは今の生活に満足していない・・・(ですよね?)

実はわたしは当時の「理想の生活」をすでに実現させました。ですから毎日朝早く起きるのも苦痛どころか、むしろ楽しみでしょうがありません。

なぜならば好きな仕事をして、好きな勉強して、飽きるまで遊んで、適度に運動をして、大切な人と一緒に楽しい時間を過ごしているからです。

今度はあなたの番です。

わたしのやったことを、わかりやすくお伝えしますので是非ともパクってください。離婚を検討しているあなたにも役立つはずです。

といっても難しいことをする必要はありません。具体的な手順はこうです↓↓↓↓

【未来を実現する手順】

■ STEP1 理想をイメージ

自分に素直になり、嘘偽りなく、どのような生活を実現したいかリアルにイメージしてください。

朝起きてから夜寝るまで、あなたは何をしていたら心の底から満足することができるのでしょうか?

 

■ STEP2 実現する戦略

理想の生活を実現するための条件を思いつくかぎりすべて列挙してください。

それらの条件をどの順番でクリアすれば、理想の生活が実現できるでしょうか?

 

■ STEP3 黙々とやるだけ

あなたの理想の生活と、理想の生活を実現する戦略もイメージすることができたら、、、あとはやるだけです。

「やるだけ」と表現しましたが、正確には「カラダが勝手に動く」という表現の方が適切でしょう。

そう。道端に落ちている1万円を発見したら、カラダが自然と動くように。

自信をもてない方へ

もしかしたらあなたは、「自分にはできない」と思っているかもしれません。もし心当たりがあるなら、最後にもう少しだけお付き合いください。

さきほど紹介した「日本終わってますよね?」などとネット掲示板に訴えたサラリーマンの話を思い出してください。

ホリエモンの「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよwww」との発言にこう反論した人がいました↓↓↓↓

ホリエモンへの反論

どんな低賃金でクソみたいな仕事でも、誰かが絶対にやらなければ回らないのが今の社会なんですけど、わかりませんかね?

たとえ、社会人全員が東大キャリアで一流企業を目指しても、誰かが警備員をして、誰かがスーパーのレジ打ちをしなければなりません。

それが社会です。終わってるのは誰ですか?

この意見にホリエモンはこう反論しました。

ホリエモンの主張

それは違っててレジ打ちなんか最近なり手がいなくなったので無人レジが普及し始めてるし、警備員だってなり手がいなくなればドローンとかAIがその役割を担うことになる。

つまり何も考えずにそんな仕事をしてることが間違いなわけ。

議論がかみ合わない理由は、シンプルです↓↓↓↓

ホリエモンは「社会が変わるのは当然。だから人間も変わるのも当然。」だと思っているのに対して、ホリエモンの意見を受け入れられない人は「変わらない社会。変わらない人間。」をイメージしているのです。

社会は、わたしたちが変わろうとしなくても変わっていきます。あなたは変化に『抵抗』してもいいし、変化に『適応』してもいいのです。

あなたはどちらを選びますか?

勇気づけるメッセージ

最後にあなたを勇気づけるメッセージを届けします。

刑務所で30年過ごしてきた自分を想像してみてください。30年経った時、誰かがやってきて、こういいます↓↓↓↓

30年過ごした刑務所にて

ところで、君は刑務所にいる必要はなかったんだ。君は自分で自分を拘束したんだ。自分自身の判事と陪審員になることを選び、自分で不幸になる判決を下したのさ。

一生を貧しく、平凡で、役に立たない人間として生きるという判決をね。

独房の鍵はいつも君のポケットの中にあった。いつでもドアの鍵を開けて、自由になることができたのに。

あなたが幸せになる鍵は、あなたの心の中にあるのです。

その鍵を見つける秘訣は、塀の外にある1万円(あなたが手に入れたい生活)をあなた自身が見つけることです。

そうすれば「どうすれば外にでられるのだろうか?」と自然と考えるので、ポケットのなかにある鍵の存在にも気づくことができますし、塀の扉を開けようとするでしょう。

「とにもかくにも離婚したい!」という気持ちがあってもいいのです。しかしそれよりもはるかに重要なのは「離婚してあなたが何を手に入れたいか?」なのです。

そのことを忘れなければ、離婚してから「こんなはずじゃなかった!」と自分の決断や境遇を悔いることはなく、前向きな気持ちを忘れることもないでしょう。

自分が心の底から望んでいるものを明らかにするだけで、生きることですら楽になりますよ?

自分が心の底から望んでいるものを明らかにする」。そのことがあなたに伝えたかった「離婚の極意」なのです。