離婚準備なう。

5635

財産分与で骨董品・プレゼント・アクセサリー・時計・指輪・ブランド品は一体どうなる?

財産分与で骨董品・プレゼント・アクセサリー・時計・指輪・ブランド品は一体どうなる?

離婚の財産分与で処理に困るのは、不動産や車だけではありません。

骨董品・プレゼント・アクセサリー・時計・指輪などを夫婦で分割する必要があります。

そこで本記事は効率よく着実に、財産分与の評価額を調べる方法をお伝えします。

財産分与で骨董品・プレゼントはどうなる?

本記事は以下のテーマに沿って、わかりやすく解説していきます。

  1. そもそも財産分与の対象なのか?
  2. 財産分与で勝利する秘訣
  3. 早めに評価額を見積もるメリット
  4. 効率よく着実に評価する方法

そもそも財産分与の対象なのか?(A)

離婚時の財産分与の対象となるのは、夫婦の「共有財産」と「実質的共有財産」です。

基本的には、婚姻後に購入したものは財産分与の対象になると考えて良いです。

名義が夫婦のどちらであっても、同一家計から捻出したものは全て財産分与の対象となります。

しかし、例外もあります。

配偶者からのプレゼントや専ら個人が利用するものは、原則財産分与の対象外です。

つまり、夫からプレゼントされたブランド品のバックや、妻の許しを得て購入した時計・骨董品などを所有していても、売却して折半する必要などありません。

また、婚約指輪はプレゼントされたものであり個人的なものですが、婚姻にかかる費用と見なされ厳密には財産分与の対象となる可能性があります。

以上が、財産分与の「法律的な」線引きです。

しかし、それで丸く収まらないのが財産分与の特徴です。

例えば、個人的な所有物であっても、配偶者の許しを得ずに勝手に購入した場合はどうなるでしょうか?

もしくは、プレゼントの総額が高額な場合、配偶者はスンナリ納得してくれるでしょうか?

法律的には「個人的な所有物は特有財産だから財産分与の対象ではない」で押し通せるかもしれません。

しかし、離婚協議では、お互いの意見が衝突するのが一般的です。

婚姻期間中は羽振りよくプレゼントしてくれた配偶者であっても「婚約指輪は売却して折半しろ!」と主張してくるかもしれません。

また、離婚協議は財産分与だけでなく、親権、婚姻費用、慰謝料などを総合した交渉になります。

配偶者の心のどこかに「過去に与えたプレゼントを全部自分(あなた)のものと主張するのは納得できない」という気持ちがあれば、その他の条件で必ず抵抗してきます。

つまり、財産分与の「一部」で完全勝利することは、離婚で勝利することに必ずしもつながらないのです。

では、これから離婚準備をするあなたはどんな対策をとればよいでしょうか?

財産分与で勝利する秘訣(B)

突然ですが、財産分与で多くの財産を確保する秘訣はなんだと思いますか?

大きな声では言えないのですが、財産分与で勝利する秘訣は「財産をコッソリ隠すこと」です。

不動産や車は配偶者から隠すことができません。

しかし、その他のものは隠すことができます。。

もちろん、法律で財産分与の対象外のものは本来隠す必要はありません。

しかし、法律で所有する権利があろうとなかろうと、将来の離婚協議で火種の元になりそうなものであれば売却するのは一つの選択肢です。

売却した後はどうするか?

もちろん、売却益はあなた名義の新規口座にコッソリ入金しておくのです。

仮に裁判で財産隠しを訴えられたとしても、金融機関名と支店名がバレていなければ裁判所に捜索する権限はありません。

早めに評価額を見積もるメリット(C)

これまで説明してきた財産分与のコツをまとめておきます。

もし、あなたが財産を持つ側であれば、賢く財産を処分することを検討しましょう。

処分した財産のお金は、あなただけが存在を知っている銀行口座に入れておきましょう。

一方、あなたの配偶者が財産を所有していれば直ぐにそれらの価値を見積もっておきましょう

財産の価値を見積もっておけば、それを交渉材料に使うことができます。

例えば、それらの財産を慰謝料がわりにくれてやるといえば相手は恩義に感じると思います。

その一方で、あなたが譲れない何か(車 等)を譲り受けるのです。

では、どうやって相手にバレずにこっそり財産を見積もればいいのでしょうか?

効率よく着実に評価する方法(D)

近所に評判の質屋があれば、直接持ち込めば親切に見積もってくれると思います。

しかし、高級品であれば外に持ち出したくないと思います。

なぜなら傷がついたり汚れるのも嫌だと思いますし、運び出すのも一苦労だからです。

また、換金する物品の種類が多岐に渡るのであれば正確に見積もってくれるとは限りません。

そこで最近流行している見積もりサービスを利用するのも良いと思います。

見積依頼をすると専用の段ボールが送られてきて、返送すると後日見積もり結果を教えてくれます。

人に会わずに見積もり依頼から売却まで完結するのは確かに便利です。

ただし、見積もり依頼をする際に身分証のコピーを入れる必要があるのは面倒です。

また、見積もり結果に納得できない場合であっても「返送は自費なの?面倒だからいいか」となし崩し的に売却を決めて後悔する可能性があります。

そもそも、家にある財産を外に持ち出すのが難しい場合もあると思います。

自分の財産ならまだしも、配偶者の財産を見積もってもらうために、段ボールに詰めたり外に持ち出すのは抵抗があるのではないでしょうか?

離婚準備をする上でベストなのは、プロを自宅に呼ぶことだと思います。

あなたの地元で活動する鑑定のプロが、最短30分で駆けつけてくれるサービスがあるのをご存知でしょうか?

配偶者が不在の時に、プロを自宅に呼べば配偶者にバレずに一度で見積もりが完了します。

つまり、あなたは1歩も自宅を出る必要はありません。

そのサービスは「買取プレミアム」といいます。

以下のような特徴があるため気軽にサービスを利用することができます。

  • 最短30分で駆け付けてくれます
  • 女性の鑑定士に見積もり依頼も可能
  • 即日売却が可能
  • 売却しなくても無料で見積もりOK

是非とも一度公式情報を確認して下さい。

なお、鑑定するジャンルによって公式情報が複数ページにわかれています。

もし、複数ジャンルに鑑定が分かれる場合でも、どれか1つの申し込みページから依頼すればOKです。

もっとも近いジャンルの公式情報をご覧ください↓↓

金・プラチナ・アクセサリー

ダイヤモンド

骨董(絵画、美術品含)

時計

毛皮

一般ブランド

切手

着物

古銭

古酒

洋服

まとめ

あなたの離婚準備が着実に進むことをお祈りしています。

なお、「離婚準備なう。」では離婚準備のマニュアルを無料で公開しています。

是非ともご覧ください↓↓

Return Top