離婚準備なう。

養育費算定表の計算式【かんたん3ステップ】を解説します!

養育費算定表の計算式【かんたん3ステップ】を解説します!

養育費の金額を算出する上で「養育費算定表」は欠かせません。

しかし、養育費算定表の結果に納得いかない人も多いでしょう。

慎重な人ほど、養育費算定表の計算ロジックに興味・疑いをもつと思います。

そもそも、養育費算定表はどんな考え方でつくられてるの?」といった具合です。

本記事では、養育費算定表の計算式をわかりやすく解説していきます。



養育費算定表の計算式とは?

【目次】

  1. 養育費算定表とは?
  2. 養育費算定表の計算式

養育費算定表とは?(1)

養育費算定表は、平成15年に生まれました。

作成に携わったのは、家裁の判事・調査官で構成する東京大阪養育費等研究会です。

養育費算定表を生み出した目的は、養育費算定までの時間短縮です。

実は、平成15年以前は、家庭裁判所における子の養育費審判は時間がかかるので有名でした。

父と母の収入の他、具体的な個別な支出額まで考慮して養育費を算定していたからです。

養育費の金額が決まらなくても支払う側にとっては問題ありません。

その一方で、受け取る側には深刻な被害をもたらすのは想像に固くありません。

以上のような状況で生まれたのが、養育費算定表なのです。

現在では、家庭裁判所における養育費算定では、ほぼ無条件に養育費算定表を用います。

養育費算定表そのものに興味がある方は、裁判所の公式情報をご覧下さい↓↓

【養育費・婚姻費用の使い方】↓↓

目次に戻る↑↑

養育費算定表の計算式(2)

養育費算定表の計算式手順を解説していきます。

  1. 基礎収入の推計
  2. 子の標準的な生活費の計算
  3. 養育費分担額の計算

基礎収入の推計(2-1)

養育費を支払う側(義務者)、養育費をもらう側(権利者)の基礎収入を計算しましょう。

基礎収入とは、養育費を計算する上で基礎となる収入のことです。

総収入から公租公課、職業費及び特別経費を控除した金額を指します。

具体的には、以下の簡単な計算式で計算できます。

給与所得者と自営業者で計算式が異なるので注意が必要です↓↓

  • 基礎収入 = 総収入 × 0.34 ~ 0.42(給与所得者の場合)
  • 基礎収入 = 総収入 × 0.49 ~ 0.43(自営業者の場合)

総収入に一定の割合をかけて計算します。

一定の割合は、収入に応じて異なります。

総収入にかける一定の割合は、以下の表を参考にしてください↓↓

【会社員の場合】(総支給額に対し以下の割合)

  • 0~25万円 ⇒ 42%
  • 25~75万円 ⇒ 41%
  • 75~175万円 ⇒ 40%
  • 175~300万円 ⇒ 39%
  • 300~400万円 ⇒ 38%
  • 400~500万円 ⇒ 37%
  • 500~725万円 ⇒ 36%
  • 725~975万円 ⇒ 35%
  • 975~2,000万円 ⇒ 34%

【自営業の場合】(総支給額に対し以下の割合)

  • 0~290万円 ⇒ 52%
  • 290~440万円 ⇒ 51%
  • 440~691万円 ⇒ 50%
  • 691~943万円 ⇒ 49%
  • 943~1,041万円 ⇒ 48%
  • 1,041~1,049万円 ⇒ 47%

子の標準的な生活費の計算(2-2)

子の標準的な生活費を以下の計算式で算出します↓↓

  • 子の生活費 = 義務者の基礎収入 × 子の指数 ÷ (義務者の指数 + 子の指数)

義務者の指数には、100を用います。

子の指数には、子の年齢に応じて55、もしくは90を用います↓↓

  • 子の年齢が0歳~14歳まで ⇒ 55
  • 15歳~19歳まで ⇒ 90

養育費分担額の計算(2-3)

これまでで、以下の3つの値を計算しました↓↓

  • 義務者の基礎収入
  • 権利者の基礎収入
  • 子の生活費

以上、3つの値をもちいて義務者の養育費分担額を計算できます↓↓

  • 子の生活費 × 義務者の基礎収入 ÷ (義務者の基礎収入 + 権利者の基礎収入)

目次に戻る↑↑

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一般的には、本記事の説明で納得していただけると思います。

しかし、養育費算定表は万能ではなく問題点が沢山あります

そもそも、給与者で年収2,000万円以上の場合、養育費算定表では計算できません。

また、資産や負債は、養育費算定表では考慮されていない点に注目すべきです。

そのため、「養育費の金額が現実的でない」という可能性も十分にあります。

養育費の問題一つとっても、奥が深いのが離婚準備の特徴です。

以下の記事では、養育費に関する知識を網羅的に解説しています。

是非とも参考にしてください↓↓

Sponsored Links

Return Top