離婚準備なう。

5635

妻と離婚したい!本気なら弁護士に相談してはいけない!?

妻と離婚したい!本気なら弁護士に相談してはいけない!?

こんなはずではなかった!!

妻からの対抗策に、世の男性は泣き寝入りを余儀なくされています↓↓↓

  • 離婚拒否
  • 別居中の生活費負担
  • 親権の剥奪
  • 子供との面会拒否
  • 養育費の支払い
  • マイホームからの退去要請 etc

経済的弱者の女性を守る意識は、世の中に蔓延しています。

国家が認めた婚姻契約の強さは、半端ではありません。

  • 結婚し家族をつくり↓
  • 子供を育て
  • マイホームを購入し
  • 仕事して貯金して消費して
  • 先祖代々の墓を守れ!

以上の連鎖から逃れるためには生半可な覚悟ではダメです。

本記事では、男性が離婚を成功させるコツを紹介します!
妻と離婚したい

男性が離婚を成功させる心構え3箇条

  1. 覚悟をもつべし!
  2. 基本知識は完璧に!
  3. 専門家に依存するのはNG!

覚悟をもつべし!(1)

離婚する上で一番大事なことはなんでしょうか?

ズバリ「離婚する覚悟をもつ」ことです。

「本気じゃない」と奥さんに悟られた時点で交渉失敗です。

離婚拒否しておけば、そのうち諦めるでしょ?」と軽んじられるでしょう。

離婚を成立させるためには、奥さんに真剣になってもらう必要があります。

正直、本気で離婚すべきかか悩んでいる」という方もいると思います。

少なくとも、気持ちが固まるまで離婚願望は口に出してはいけません。

離婚準備の過程で、あなた自身の気持ちと向き合っていきましょう。

基本知識は完璧に!(2)

離婚の基本知識は大丈夫ですか↓↓

  • 別居中の生活費はいくら?
  • 親権獲得の見込みは?
  • 面会交流権とは?
  • マイホーム処分方法は?
  • 養育費の支払い額は? etc

基本的な知識なしに、離婚交渉を有利に進めることは不可能です。

基本的な権利・義務についてはしっかり把握しましょう。

金銭面については「相場」を知らないと、有利・不利を判断できません。

さて、多くの男性は「お金」で離婚問題を解決しようとします。

奥さんにお金を支払うわけではありません。

弁護士などの専門家に「先生よろしく!」と丸投げするのです。

仕事で忙しいので、離婚問題に時間を割く余裕がないのは理解できます。

しかし、安易に弁護士に依存するのは絶対にNGです。

その理由は、ここからお伝えします↓↓

専門家に依存するのはNG!(3)

優秀な弁護士が離婚問題に強いとは限りません。

弁護士は「離婚裁判」、「慰謝料請求」では活躍する余地が十分にあります。

一方で、離婚交渉は「論理」より「感情」が優先されます。

そのため、離婚交渉では弁護士の優位性が発揮されずらいのです。

逆の立場になって考えてみてください。

奥さんが突然、離婚弁護士を連れてきたらどう感じますか?

きっと、弁護士に対して以下のように思うでしょう↓↓

  • 奥さんが弁護士に洗脳された!
  • 離婚戦争を仕掛けられた!
  • もう後戻りできない!

きっと、あなたの心は閉ざされるのではないでしょうか?

心が閉ざされれば、交渉どころではないのは奥さんも同様です。

弁護士からの連絡にすら拒否反応を示す女性は珍しくありません。

結果的に、離婚交渉は長引くことになります。

交渉が長引けば弁護士はあなたの案件を後回しにします。

なぜならば、時間をかけて進捗する見通しが立たないからです。

弁護士も利益を出すために、効率的にお金を稼ぎたいと思うのは当然です。

焦るあなたに「ちょっと様子をみましょう」と伝えることしかできません。

数十万円の弁護士費用の投資対効果として納得できますか?

離婚問題の早期決着を望むならあなた自身が頑張るのが得策なのです。

ではどうするか?

一番手っ取り早いのは、経験豊富な離婚専門家に相談することです。

但し、大した経験もないのに高額な費用を請求する「自称」先生はオススメしません。

オススメは、非常にリーズナブルにも関わらず手厚いサポートがあるコチラ↓↓

是非チェックしてください↓↓

6853
Return Top