離婚準備なう。

5635

妻から離婚を切り出されたら応じる必要があるのか?

妻から離婚を切り出されたら応じる必要があるのか?

妻から離婚を切り出されたらどうすればいいのだろうか?

急に妻から離婚を切り出されたら、動揺して頭が真っ白になってしまうかもしれません。

実はあなたも離婚したかったという場合は、離婚に向けてトラブルにならないようにじっくりと、話し合ってください。

あなたが、どんな状況で妻からの離婚を切り出されたのかはわかりませんが、本記事では妻から離婚を切り出された時の一般的な心得についてまとめておきます。

妻から離婚を切り出された時の心得

まずは、妻から離婚を切り出された時の心得を箇条書きにしておきます。

  • まずはしっかりと妻の話を聞く
  • 離婚原因がないか探る
  • 離婚原因を打ち消す反証を探す
  • 専門家のサポートを検討する

それでは、順に解説していきます。

心得その① まずはしっかりと妻の話を聞く

しっかりと妻の話を聞く

意外に思われたかもしれませんが、まずは「妻の話を聞く」というのが最重要ポイントになります。

これまで、妻の話を聞かずに力で押さえつけてきた場合には、尚更です。

なぜ妻の話をじっくりと聞く必要があるのでしょうか?その理由を箇条書きにします。

  • 切実度を探る
  • 時間を稼ぐ

切実度を探る

しっかりと妻の話をきいて、妻の離婚への本気度を知りましょう。

つまりは、「夫への不満から口走っただけなのか」、「決意をもって離婚を申し立てたのか」を見極めましょう。

もし、夫への不満から口走っただけであれば十分夫婦円満への道はあるでしょう。不満に耳を傾けて誠実に改善すれば、離婚を思いとどまってくれるかもしれません。

一方、決意をもって離婚を申し立てた場合でも、99%は離婚に思いが傾いていたとしても残りの1%は現状維持を望んでいるかもしれません。その1%を潰すようなことはしないでください。

もし、決意をもって離婚を申し立てた場合には、奥さんをガラス細工のように扱ってください。

なぜならば、妻側が本気で戦いを挑んできたら、不利な戦いは必至だと推測されるからです。

つまりは、あなたに離婚を申し出たときには、既に戦いの準備が着々と進んでいるということです。

「お金のこと」、「子供のこと」の整理はバッチリとついているからこそ、離婚を申し出ていると考えてください。

その場合、あなたがいくら離婚を拒否したところで、別居されてしまえば、奥さんを強制的に家に連れ戻すことはできません。仮に裁判であなたが勝訴したとしても、結果はかわりません。

裁判で「離婚は認めない」とあなたが望む判決がでたとしても、奥さんを家に連れ戻す強制力はありません。妻側としては、変わらず別居を続けるでしょう。そして、時間を空けて再度勝負してくるでしょう。

加えて、あなたの給料が妻よりも高い場合は、妻の生活費を支払う必要性もあります。別居期間中はずっと支払う義務が発生します。

夫婦として一緒に暮らすという夫婦同居義務は果たされない一方で、扶養義務は果たさなければならないのは理不尽に思えますが、それが現実です。

ですから、一層、妻側を刺激することはやめましょう。

時間を稼ぐ

妻の話をしっかりと聞いて、時間を稼ぎましょう。

相手は十分な準備をしているかもしれませんが、あなたは離婚に対しての知識が十分にないでしょう。

その間に、対策を整えたり、自分の感情を整理しましょう。

心得その② 離婚原因がないか探る

離婚原因がないか探る

妻側は、離婚する意思が強いとします。

ここで考えるべきは、「どのような理由で離婚をするつもりなのか?」ということです。

「民法で認められた離婚原因(不貞行為、DV等)の証拠を持っているのか?」、「あなたを説得するつもりなのか?」どちらが近いのでしょうか?

もし胸に手を当てて考えた時に、「浮気」や「妻への日常的な暴力や暴力的言動」等がある時には、要注意です。妻側がそれらの証拠をもっていたら、離婚はほぼ避けられないでしょう。

妻側が浮気等の証拠をもっているのだとしたら、圧倒的不利な状態でも戦うのか?それとも早急に白旗を上げて妥当な条件で離婚を認めるのかを考えましょう。

もし、妻側が証拠をもっていないのだとすれば、妻を刺激しないように話し合うことが先決です。

心得その③ 離婚原因を打ち消す反証を探す

離婚原因を打ち消す反証を探す

もし妻側が、裁判で離婚が認められる証拠を取得していたとします。

しかし、まだ反証の余地は残っています。

妻側があなたの不貞行為や暴力行為があったと主張するタイミング以降に、夫婦円満を示すエピソードがないか探してみてください。

例えば、「不動産のローンを組んだ」、「地方に移住したとか」、「浮気発覚後に夫婦の営みを行い子供が生まれた」等があれば、夫婦関係が破綻せずに良好であったと判断してくれる可能性もあります。

心得その④ 専門家のサポートを検討する

もし、状況が切実であれば、弁護士先生のサポートも検討しましょう。

正式に依頼せずとも、まずはその後の展開についてアドバイスをもらうというスタンスでも良いでしょう。

また、まだ夫婦円満を望めると判断できる場合は、夫婦一緒に夫婦円満カウンセラーに話を聞きに行くのも選択肢にいれて良いかもしれません。

まとめ

妻から離婚を切り出さた場合は、以下のどちらの方向で対応するかを早いタイミングで判断しましょう。

  • 夫婦円満の方向で動く
  • 離婚は免れないけど、ダメージを少なくする

また離婚問題は結局どちらを優先するか判断しなければならないことが多いです。

それは、「お金」か「感情」かです。

つまり、お金を感情より優先させるのであれば、妻側がよほど過剰な要求をしてきたのでない限り、早急な離婚手続きが望ましいですし、一方で感情を優先させるのであれば、裁判中にあなたへの人格攻撃などお構いなしに徹底的に闘うという選択肢もあります。

どちらがいいかは、あなただけが決めることが出来る問題です。

どちらに転ぼうと後悔だけはしないようにしましょう。

なお、妻が離婚を望みあなたが夫婦円満を強く望んでいるのでしたら、「夫婦円満」の完全マニュアルの購読がおすすめです。

夫婦円満についての書籍を探すと、「本当に夫婦円満を目指しているのか?」と目を疑いたくなるような書籍が多いのが実情です。

しかし、今回紹介するマニュアルは、多くの夫婦を円満に導いた方が書き下ろした「実用書」といっても過言ではない内容となっています。

さらに、1年間回数無制限のメールサポートなどもついています。
興味のある方は確認してみてください。

妻と離婚回避の完全マニュアル

また、極力ダメージを抑えて離婚する術を知りたい場合は、以下のマニュアルもおすすめです。

「妻と離婚する完全マニュアル」はコチラ

2336
Return Top