離婚準備なう。

5635

離婚で不安な子供の心理を表す6つの行動

離婚で不安な子供の心理を表す6つの行動

離婚で不安な子供の心理を汲み取ってあげたい。。

離婚問題の前後は、子供ながらに親を気遣うものです。

そして、不安な気持ちを悟られないために、不安な心と裏腹な行動を取ることがあるようです。

そんな子供の気持ちを上手く汲み取るためには、子供のどんな行動に着目したら良いのでしょうか?

離婚で不安な子供の心理が現れる行動

以下のような行動がでてきたら、子供から周囲へのSOSのサインかもしれません。

  1. 急に親に優しくなる
  2. 寡黙になる
  3. 落ち着きがなくなる
  4. 寝不足、悪夢を見る
  5. 過剰に甘える
  6. 自分を責める

急に親に優しくなる

子供は親が苦しんでいるのをよく理解しています。

子供は大人が考える以上に、親の表情や仕草を観察しているものなので、大人が離婚で落ちあまり込んでいることを隠すことは至難の業です。

離婚協議中でも、「本当は離婚して欲しくない。」という気持ちを隠す一方で、親に対して優しくなったり、行儀が良くなったりするようです。

寡黙になる

離婚に思い悩むのは、当事者である両親のみならず、子供にとっても同様に辛い出来事です。

辛い出来事のあまり、無意識のうちに感情のスイッチを切ります。なおかつ、苦しみの原因である親ともコミュニケーションをとらなくなります。

落ち着きがなくなる

離婚問題を抱えている家庭の場合、ほとんどの子供は自分の将来を不安に感じ、疑心暗鬼にかられ、情緒不安定になります。

寝不足、悪夢を見る

言葉を理解していない乳幼児の場合は、何が起きているのかわからず、親の緊張感や不安感が伝染します。

そのストレスが、睡眠に影響を与えてしまう結果、寝不足になったり、悪夢を見たりするようです。

過剰に甘える

ストレスを抱えることにより、甘えて関心を引いたり、泣く頻度が増えます。

とにかく、親にくっついて離れないのが特徴です。

自分を責める

3~5歳くらいの子供の中には、「自分が悪い子だったから両親が離婚してしまったのか?」と思い込むことがあるようです。

そのために、極端に「いい子」になる努力を続けるケースもあるそうです。

まとめ

離婚問題を抱えている中で、必要以上に子供を甘やかす必要はありませんが、しっかりと子供から目を離さないようにしましょう。

また、離婚に対する影響を最小限に抑えるために、親が意識すべき行動を以下にまとめています。

離婚 子供 影響離婚に対する子供への影響を最小限にする3箇条

離婚に対する子供への影響を最小限にする心得についてまとめています。

Sponsored Links




Return Top