離婚準備なう。

離婚の複雑な感情をスッキリ整理する方法

離婚の複雑な感情をスッキリ整理する方法

離婚を考え始めると、複雑な感情の海に溺れそうになります↓↓

  • 将来に対する「不安
  • 配偶者を許せない「怒り
  • 配偶者への「失望・絶望
  • 子供への「負い目
  • 浮気相手への「嫉妬」 etc

離婚に向き合うたびに胸がドキドキするかもしれません。

寝る時に色々なことを考え始めると寝付けないかもしれません。

本記事では、離婚の感情を整理するコツを紹介します。


Sponsored Links

離婚の感情を整理する方法

以下のテーマに沿って解説していきます。

  1. なぜ感情が揺れ動くのか?
  2. 心を落ち着かせる方法
  3. なぜ理想が現実にならないのか?

財産分与 不動産

なぜ感情が揺れ動くのか?(1)

なぜ様々な感情に惑わされるのでしょうか?

その理由は「将来のビジョンが定まっていないから」です。

配偶者に浮気された方は、よく以下のように考えます↓↓

配偶者の様子を観察してから、今後の方針を考えます

一見すると無難な選択に思えますが、最悪な考え方です。

なぜならば、自分の行動や将来を配偶者に委ねているからです。

配偶者に依存していることは、本人ですら自覚していません。

配偶者は、あなたに依存されている事実を無意識に感じてしまいます

その結果「なにしてもアイツは別れようなんて思わない」と足元を見られるのです。

目次に戻る↑↑

心を落ち着かせる方法(2)

残念ながら、配偶者の人格を劇的に変える方法はありません。

「洗脳」するとなれば話は別ですが現実的な解決策ではありません。

唯一残された選択肢は、「あなたが変わる」ことです。

世界的に有名な経営コンサルタントの大前研一先生は、人が変わる方法は3つしかないとおっしゃっていました↓↓

  • 付き合う人」を変える
  • 仕事」を変える
  • 住む環境」を変える

周囲の環境を変えることで、自分自身の価値観の変革が望めます。

実際に実行すれば、人生が変わるのを実感できると思います。

上記3つを実行するのが難しいなら、もっと簡単に人生を変える方法があります。

ズバリ「決心する」ということです。

様々な感情で揺れ動くあなたは糸の切れた凧のようなものです。

将来の方向性をバシっと決めれば迷いが生じることはありません。

迷いが生じなければ、様々な感情の動きに悩むことはなくなります。

離婚しろ!と言っているわけではありません。

離婚したくないと思えば「離婚しない」と決心してください。

離婚したいと思えば「絶対に離婚する」と決心してください。

将来、後悔することなく決心するコツは3つあります。

  • 心から望む選択肢を選ぶ
  • 消去法で選択肢を選ばない
  • 過去は無視する

例えば、結婚生活の辛さから逃れるために離婚を選ぶのは愚の骨頂です。

離婚後の生活のほうが結婚生活より辛かったらどうするんですか?

離婚するなら、離婚後の生活に明確なビジョンをもつべきです。

例えば、「挑戦してからでないと死ねない」という目的をもつのが理想です。

また、過去・現在のあなたを尊重しすぎない方がいいです。

過去・現在のあなたを尊重しすぎて、何かを諦め続ける人生はやめましょう。

例えば「今まで失敗続きだった。また失敗するだろう」という考えは辞めるべきです。

あなた自身を本当に応援してくれるのは、あなた自身しかいないはずです。

他人があなたに否定的でも、あなた自身だけは自分を応援してあげましょう。

目次に戻る↑↑

なぜ理想が現実にならないのか?(3)

「離婚する」もしくは「離婚しない」と決心したとします。

一度決心した後は、「計画」を立てて「実行」するだけです。

しかし、多くの人は計画を立てるステップで戸惑うのです。

そもそも、計画を立てるという考え自体が盲点になっています。

普段は綿密な計画を立てる人でも、夫婦関係のことになると忘れてしまうのです。

なぜ、夫婦関係の問題になると計画を立てる重要性を忘れてしまうのでしょうか?

おそらく、「やるべきことを洗い出すのが困難だから」だと思います↓↓

  • 離婚したいけど何をすべきなのか?
  • 夫婦円満を目指したいが何をすべきなのか?

以上のように、初歩的な問題で悩んでいる人はあなただけではありません。

本サイトでは、離婚する準備、夫婦円満の情報を提供しています。

どちらの立場にせよ、以下の記事から読みすすめると必要な情報が手に入ります↓↓

男性はコチラ↓↓

女性はコチラ↓↓

目次に戻る↑↑

まとめ

離婚問題により生じる複雑な感情を整理する方法を紹介しました。

本記事を最後まで読んでくださった方は、以下の記事にも興味があると思います。

嫌われる勇気」で有名なアドラー心理学を用いて人生をリフレッシュしませんか↓↓

夫婦関係だけでなく、様々な人間関係において応用できるのでオススメです↓↓

670

Sponsored Links

Return Top