離婚準備なう。

離婚の悲しみを乗り越える4つの方法

離婚の悲しみを乗り越える4つの方法

離婚による悲しみで以下の症状に悩んでいませんか?

  • 無気力、挫折、失望、脱力感
  • 胸が締め付けられる
  • 表情がこわばって笑顔になれない
  • 自分の世界に引きこもりがちになる
  • 自然と涙がでる

悲しみに囚われると、人生を豊かにすることが難しくなります。

一刻も早く離婚の悲しみから抜け出さなければなりません!

本記事では、離婚の悲しみを乗り越える方法を紹介します。


Sponsored Links

離婚の悲しみを乗り越える方法

【目次】

  1. 悲しみを感じる理由
  2. 悲しみをコントロールする4つの方法

top2300_250%ef%bc%89

悲しみとは?(1)

あなたは離婚でなぜ悲しみを感じるのでしょうか?

実は、目の前の出来事以外に、悲しみを感じるのは人間だけです。

人間は、過去の出来事や、架空の出来事(映画等)でも悲しみという感情を抱きます

離婚という過去の出来事に対して、悲しみを感じるのは人間ならではの特徴なのです。

そのカラクリを簡単に説明しようとするなら「人間が頭がいいから」の一言に尽きます。

例えば、別れの言葉を告げられて悲しみを感じている時を考えます。

あなたは、別れの言葉の意味以外にも、同時に以下のような情報を処理しています↓↓

  • 配偶者の性格
  • 配偶の態度・口調
  • 別れに至るまでの状況 etc

その結果「別れの言葉は本心」だと確信するからこそ、悲しみという感情が芽生えるのです。

脳による高度な情報処理がなければ、過去の出来事に悲しみを感じることなどありません。

なお、悲しみが生じていることは悪いことばかりではありません。

なぜならば、悲しみは現実を受け入れなければ生み出されない感情だからです。

大事な配偶者や子供と別れる」という出来事を受け入れるからこそ悲しみを感じます。

裏を返せば、辛い現実を受け入れたので、悲しみから抜け出す準備も整っているのです!

では、悲しみをコントロールする具体的な方法を紹介していきます。

悲しみをコントロールする4つの方法(2)

悲しみをコントロールする方法を順に紹介します。

  1. 徹底的に悲しむ
  2. 悲しみを後回しにする
  3. 忘れる努力をする
  4. 当たり前のこととして受け入れる

徹底的に悲しむ(2-1)

悲しみを感じると「ノルアドレナリン」が体内で分泌されます。

ノルアドレナリンは、体内の活性酸素を増加させ、免疫を抑制する働きがあります。

そのため、長時間ノルアドレナリンにさらされるのは望ましい状態ではありません。

しかし、人間の体には悲しみに対する防御システムが存在します。

防御システムの一つが「涙を流すこと」です。

涙を流すと、ノルアドレナリンを抑え、セロトニンが分泌されるのです。

セロトニンは、精神の安定をもたらす役割があります。

ですから、悲しみを感じたら思いっきり悲しんで涙を流してください

涙が枯れるまで悲しめば、セロトニンが分泌され精神が安定するでしょう。

もちろん、個人差はありますが悲しみに浸ってられるのは数日から数十日程度です。

悲しんだあとは、気分を上げていくだけです。

悲しみを後回しにする(2-2)

失恋した時に、仕事に没頭したがる人がいます。

実は、悲しみの元を遠ざけることは非常に理にかなっています。

なぜならば、他の作業に没頭すれば感情を増幅させる機能が低下するからです。

そして、没頭していた作業が終わることにはある程度の時間が経過しています。

ある程度の時間が経過すれば、悲しみの感情が薄らいでいることが実感できるはずです。

忘れる努力をする(2-3)

受験勉強で参考書を繰り返し見返した心当たりはありませんか?

記憶は、繰り返し思い出せば思い出すほど定着します。

実は、離婚の悲しみについても同様のことが当てはまります。

辛かった体験を繰り返し思い出すと「記憶」として定着してしまうのです。

辛い記憶を残すことで、未来にいい影響があるのでしょうか?

あなたを苦しめる出来事は、不意に思い出されるものです。

仕事中だったり、ご飯を食べている最中などに思い出されるでしょう。

そんな時は、意識的に別のことに意識を切り替えてください

別のことを意識的に考えると、時間の経過とともに記憶は和らぐでしょう。

以下の記事では、忘れたい記憶を忘れるテクニックを紹介しています。

是非とも参考にしてください↓↓

当たり前のこととして受け入れる(2-4)

悲しみに、「解釈」の力で打ち勝つ方法を紹介します。

離婚の悲しみは、大切な人との別れで発生することが多いはずです。

別れ≒悲しい」というパターンで認識するから悲しみを感じるわけです。

この認識のパターンを壊すことができれば、悲しみを和らげることができるでしょう。

具体的には「別れ≒仕方がない」と考えることに挑戦してみましょう。

「仕方がない」と考える方法を受け入れられるかは、個人差があります。

しかし、以下のような考え方に賛同できる方は挑戦してみてください。

  • この世に変わらないものはない
  • いつかは別れがくる
  • あらゆる生物はいつかは命を終える etc

あらかじめ別れを覚悟しておけば、いざその瞬間が訪れても強い悲しみはないでしょう。

まとめ

過去に囚われて前向きになれないなら、人生を損しています。

新しい人生のゴールを設定して、楽しい人生を全力で楽しむことに力を注ぎましょう!

584

Sponsored Links

Return Top