離婚準備なう。

5635

離婚回避のための必須知識5選~どうしたら元サヤに戻れるのか?

離婚回避のための必須知識5選~どうしたら元サヤに戻れるのか?

絶対に離婚したくない!

でも、どうやって??

あなたは、離婚回避の具体的な方法がわからず悩んでいるのでは?

本記事では、離婚回避を実現させるコツをお伝えします。


Sponsored Links

離婚を回避する方法

離婚を回避する方法を以下のテーマに沿って解説します。

  1. 離婚回避で一番大切なこと
  2. 離婚回避の第一歩となる言葉とは?
  3. 離婚回避でやるべきこと
  4. 離婚回避の禁止行為
  5. 離婚回避の事例

離婚回避で一番大切なこと(1)

離婚回避を実現させる一番大切なことはなんでしょうか?

一番大事なことは「心の底から夫婦円満を望む」ということです。

離婚の2文字はとても重たいものです。

離婚を言い出した側も人生計画の大きな変更が求められます。

それにも関わらず「離婚したい」と申し出てきたわけです。

配偶者の離婚したい気持ちを覆すには生半可な気持ちでは太刀打ちできません。

離婚したくないと心の底から思っているのか?」と自問自答してください。

心のどこかで配偶者を見下す気持ちがあるなら改める必要があります。

不思議なものであなたの感情は、行動、表情などを通じて配偶者に伝わります。

配偶者へのリスペクトを忘れてはいけません。

私にはあなたが必要」と嘘偽りなく感じるならこれ以降を読み進めてください↓↓

目次に戻る↑↑

離婚回避の第一歩となる言葉とは?(2)

離婚回避の第一歩となる言葉はなんだと思いますか?

「離婚したい」と主張されたら「少し時間が欲しい」と答えるのが正解です。

一方で、離婚に近づく代表的な言葉は以下のようなものです。

  1. (無視!)
  2. は?バカじゃないの?
  3. 離婚して生きていけるわけない
  4. 子供が不幸になるから離婚しない
  5. 養ってやった恩を忘れたのか?
  6. 財産は渡さないぞ!
  7. 外で不倫してる? etc

配偶者に、上記の言葉を投げかけてしまった人もいるかもしれません。

念のため、なぜ上記で列挙した言葉がNGなのか簡単に補足しておきます。

(無視!)(2-1)

無視するのは一番やってはいけない行為です。

なぜならば「話しあっても無駄」だと見限られてしまうからです。

少しだけあった夫婦円満の希望を自ら断ち切るような行為です。

は?バカじゃないの?(2-2)

もしかしたら、配偶者は常日頃から見下されていると感じている可能性があります。

そして、あなたの配偶者に対する態度が離婚の原因の一つかもしれません。

ずっと卑下されたまま人生を歩みたくない」と配偶者が感じても不思議ではありません。

あなたの態度により、離婚への決意をより固くするリスクがあります。

離婚して生きていけるわけない!(2-3)

現代は、「情報化社会」です。

情報化社会では、「情報」という武器を身につければ誰でも成り上がるのが特徴です。

時給1,000円でパートする専業主婦が、起業して年収「億」に到達する時代です。

抑圧する態度は「自由になりたい」という配偶者の気持ちを刺激する可能性があります。

子供が不幸になるから離婚しない(2-4)

子供との関係性は、夫婦関係の上に成り立っています。

子供を理由にして、夫婦関係の破たんから目を背けてはいけません。

子供は、夫婦関係の冷え込みに敏感です。

子供を大事に思うなら、夫婦関係を修復するのが先のはずです。

養ってやった恩を忘れたのか?(2-5)

高圧的な態度が老後までずっと続くのか???

正直、配偶者は高圧的な態度に毎日ストレスを感じています。

現状の不満が、この先ずっと続くと考えただけで暗い気持ちになるのです。

ますます、将来的な展望を描きづらくなるでしょう。

財産は渡さないぞ!(2-6)

夫婦円満を望むなら具体的な離婚条件に言及してはいけません。

「配偶者に対する気持ちより、お金が大事なのか?」思うのは当然です。

ますます、配偶者の気持ちはあなたから離れていくでしょう。

外で不倫してる?(2-7)

自分を省みようともせず、配偶者を疑うのはNG行為です。

自分は常に正しく、相手が間違っている」という発想は自己中心的です。

配偶者の感情に油を注ぐようなことは控えるべきです。

目次に戻る↑↑

離婚回避でやるべきこと(3)

離婚回避でやるべきことを以下のテーマに沿って紹介します。

  1. 基本知識のインプット
  2. 離婚届の不受理申出

基本知識のインプット(3-1)

少し時間が欲しい」と時間を稼いだら何をすべきでしょうか?

離婚の基本的な知識をインプットしておくことをおススメします。

「今離婚したらどうなるのか?」を把握すると状況の深刻さがわかります。

以下の事柄について、正確な知識はありますか?

  • 強制的に離婚される条件
  • 親権・面会交流権
  • 養育費
  • マイホームの処分方法
  • 財産分与
  • 慰謝料 etc

離婚の基本的な知識は以下の記事にまとめています↓↓

男性はコチラ↓↓

女性はコチラ↓↓

離婚届の不受理申出(3-2)

「離婚届の不受理申出」を役所に提出しましょう。

「勝手に離婚届を提出されるのでは?」という不安を払しょくできます。

不受理申出を「取り下げる」か「調停・裁判判決」がないと離婚が成立しなくなるのです。

詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください↓↓

目次に戻る↑↑

離婚回避の禁止行為(4)

離婚回避の禁止行為を以下のテーマに沿ってお伝えします。

  1. 感情の爆発
  2. 安易な別居
  3. 中立的でない第三者の干渉

感情の爆発(4-1)

離婚回避のためには、攻撃的な感情を表に出すのはNGです。

「怖い」と配偶者に思われたら、話し合いの場がもてなくなります。

最悪、発言を全て録音され「モラハラ」を立証する証拠の一部になるかもしれません。

また、一時の感情で「離婚してやるよ!」と口走って後悔するかもしれません。

いずれにせよ、感情をコントロールできなければ夫婦円満は無理です。

一つだけ「短期は損気」の例を紹介します。

ある男性(以下Aさん)は、妻から離婚を切り出されていました。

妻は弁護士を雇い、夫との面会の一切を拒絶しました。

Aさんはどうしても納得できず「妻に会わせてください」と弁護士に懇願します。

弁護士は奥さんの味方ですから、面会に前向きではありませんでした。

しかし、夫である男性の強い熱意を感じ妻との面会をセッティングします。

いよいよ、弁護士も同席した夫婦の話し合いがはじまりました。

すると、「お前は弁護士に騙されている!この馬鹿!

男性は、冷静になれず奥さんを怒鳴りつけたのです!!

この夫婦がどうなったかはいうまでもありません。

安易な別居(4-2)

お互い頭を冷やそう

夫婦で距離をとるのは、一見すると良い選択肢だと思うかもしれません。

雨降って地固まるパターンもあると思います。

但し、そのまま夫婦円満に戻る保証はどこにもありません。

家を飛び出した配偶者を強制的に呼び戻すことはできません。

なぜならば、日本国憲法では居住移転の自由が認められているからです。

夫婦には「同居義務」がありますが、日本国憲法には勝てません。

中立的でない第三者の干渉(4-3)

中立でない第三者の干渉は控えましょう。

例えば、親が介入すると夫婦仲がより複雑になります。

あなたの親があなたの味方になれば、配偶者はどう思うでしょうか?

配偶者の親が配偶者の味方をすれば、あなたはどう思うでしょうか?

夫婦円満に戻れば、親戚づきあいから逃れることは難しいのが実情です。

あんな親と親戚づきあいするのは難しい」と配偶者が考える可能性もあります。

そうなれば、夫婦円満に戻るのは難しいでしょう。

目次に戻る↑↑

離婚回避の事例(5)

離婚回避の事例を知ることは非常に有益です。

夫婦関係は人それぞれです。

こうしたら上手くいく」という絶対的な法則はありません。

だからこそ数多くの事例から沢山のヒントを蓄える必要があるのです。

役立つ離婚回避の事例は、インターネット上ではあまり公表されていません。

夫婦の危機について、インターネットで発信するのは誰でも億劫になるでしょう。

また、夫婦の危機を客観的に当事者が振り返るのは困難です。

おススメは、離婚回避の専門家から情報を得ることです。

離婚回避の事例に興味がある方は、以下の記事をご覧ください。

男性はコチラ↓↓

女性はコチラ↓↓

2188

Sponsored Links

Return Top