離婚準備なう。

離婚条件として「別居」はどれ程通用するのか?

離婚条件として「別居」はどれ程通用するのか?

離婚したいなら別居すべき」は信じて良いのでしょうか?

別居を実行に移して晴れやかな気持ちになる人もいます。

その一方で、別居して後悔する人もいるのは事実です。

本記事では、あなたが別居すべきか判断するヒントを紹介します。

さらに、別居する上での注意事項もまとめています。

是非とも参考にしてください。


Sponsored Links

離婚条件としての「別居」の効力とは?

以下のテーマに沿って解説していきます!

  1. 別居と離婚の関係性
  2. 別居は報われるか?
  3. 別居する必要があるのか?
  4. 別居前にやるべきこと
  5. 別居後にやるべきこと

財産分与 不動産

別居と離婚の関係性(1)

そもそも、「別居すれば離婚できる」は本当でしょうか?

別居できる場合もあればできない場合もある」が真実です。

なぜならば、別居の効力は民法で明文化されていないからです。

民法では離婚を認める条件に「婚姻を継続し難い重大な事由」を挙げています。

しかし、「婚姻を継続し難い重大な事由」という表現自体が抽象的で曖昧です。

裁判官が別居による離婚を認める場合、一般的には以下のパターンが多いです。

  • 長期間の別居↓↓
  • 夫婦関係の破綻(修復できない)と判断↓↓
  • 離婚請求を認める

つまり、夫婦関係が破綻しているか判断するのは裁判官の主観です。

判断するのが裁判官である以上は、判断にブレがあるのは避けられません。

もしも、機械的に判断できる問題ならば裁判官は必要ありません。

裁判官のかわりに「機械」が判断しないのが司法の良い点でもあり限界でもあるのです。

別居は、あくまでも夫婦関係の破綻を裏付ける証拠の一つでしかないと覚えておきましょう。

裏を返せば、夫婦関係の破綻を証明すれば別居以外でも離婚は認められる可能性があります。

例えば、以下のような事情は、実際の裁判で夫婦関係の破綻のキッカケと認められています。

  • 性格の不一致
  • DV
  • モラハラ
  • 酒乱
  • 多額の借金
  • ギャンブル依存性
  • 親族との不和
  • 過度な宗教活動 etc

また、別居を正当化するためには理由が必要です。

上記に挙げた事情の上で別居に踏み切ったというストーリーが求められるのです。

自らを正当化する理由がなく別居に踏み切るリスクについては後ほど紹介します。

目次に戻る↑↑

別居は報われるか?(2)

さて、別居により離婚を認めるかは「裁判官の主観」であることは既に説明しました。

そのため「別居の有無」や「別居の期間」だけで「離婚できるのか?」を考えるのは無意味です。

具体的には、1年間の別居で離婚が認められた事例もあります。

その一方で、6年間以上の別居にも関わらず離婚が認めれなかった事例もあります。

なお、判例を調べてみると様々な事情が離婚を認めるか判断する材料になる実態がわかります。

実際の裁判では、例えば、以下のような事情が判断材料になっているようです。

  • 婚姻期間の長さ
  • 夫婦の離婚する意思
  • 夫婦円満に向けた提案力
  • 別居に至るまでの事情(どちらに非があるか?)
  • 離婚後の生活設計 etc

具体的な事例をさらにまとめると、離婚が認められる案件には特徴があります↓↓

  • お互いに離婚したがっている
  • 離婚を拒否する側が夫婦円満の提案ができない
  • 離婚を拒否する側に夫婦関係破綻の責任がある
  • 離婚後の生活に困窮しない

もちろん例外はあるので、必ず当てはまるとは言い切れませんが参考にしてください。

目次に戻る↑↑

別居する必要があるのか?(3)

「別居する必要があるのか?」

もし、別居の必要性について考えたことがなければ再考をオススメします。

別居することが離婚を確約する絶対条件でない限り、安易に別居に踏み切ってはいけません。

なぜならば、安易な別居は離婚を遠のかせる原因にもなり得るからです。

極論すれば、離婚は夫婦の合意があれば成立するものです。

強制的に離婚を認めさせる道を選ぶのか?

「離婚しても良い」と前向きな返事をもらうのか?

どちらの選択肢が最短ルートか見極めるのは難しいでしょう。

もしも迷ったら「配偶者との話し合い」を優先させましょう。

配偶者と十分話し合うことは、様々なメリットをもたらします↓↓

  • 自分自身の思い込みに気づく(配偶者に悪意はなかった 等)
  • 離婚せずとも幸せになるヒントを掴める
  • 配偶者の人間性を再確認できる
  • 誠意をもって話し合ったという自信がもてる etc

実は、離婚話を進める上ではあなた自身の覚悟が固まっていることが非常に重要です。

離婚したいという主張の本気度が疑われれば、相手にもされないでしょう。

話し合っても進展は見込めない」となれば、あなた自身の態度にも変化があるはずです。

なお、別居すべきか頭の整理がつかない方は、以下の記事を合わせてご覧下さい↓↓

あなたの置かれた状況別に「別居すべきか?」を整理しています↓↓

さて、別居する意志が固まれば、別居の準備に取り掛かりましょう。

離婚を前提とした別居の場合、別居前には沢山やるべきことがあります。

別居してから「やっておけばよかった」と後悔しないようにしましょう。

目次に戻る↑↑

別居前にやるべきこと(4)

別居前にやるべき主な事柄を箇条書きにしておきます。

  • 離婚原因の証拠収集
  • 持ち家の権利関係の把握
  • 財産分与の準備
  • 親権の準備
  • 別居後の生活設計
  • 婚姻費用の算定
  • 別居における合意書
  • 離婚届の不受理申出

別居前にやるべきことが、予想以上に多くて焦ったのではないでしょうか?

別居する前に最優先でやるべきことは、以下の記事で詳しく説明します。

離婚届の不受理申出については、以下の記事を参照してください↓↓

目次に戻る↑↑

別居後にやるべきこと(5)

別居後にやるべきことについても箇条書きにしておきます。

  • 婚姻費用の請求(あなた収入が配偶者より多い場合)
  • 児童扶養手当の申請
  • 公的支援の確認&申請

婚姻費用とは、別居時にどちらか片方が負担する生活費のことです。

夫婦である以上は、扶養義務を果たさなければいけません。

片方が裕福な生活を送り、もう片方が生活に困窮するのは許されないのです。

なお、婚姻費用の金額や、詳しいルールは以下の記事で整理しています↓↓

目次に戻る↑↑

まとめ

別居は万能ではありませんが、離婚する上で効果的な武器にもなります。

もし、離婚を真剣に考えているならば本サイト「離婚準備なう。」をフル活用してください。

離婚準備で役立つ情報をあらゆる角度から解説しています。

697

Sponsored Links

Return Top