離婚準備なう。

5635

離婚後の「後悔」から逃れる3つの方法

離婚後の「後悔」から逃れる3つの方法

離婚しなきゃ良かった。。

後悔の気持ちを引きずっていては前向きに生きることはできません。

あの時、あーすれば。こーすれば。」と考えても人生は好転しません。

それにも関わらず、後悔の気持ちを解消する具体的な方法は誰も教えてくれません。

本記事では、離婚後に抱く後悔の気持ちから逃れる方法を紹介します!

離婚後の後悔から逃れる方法

【目次】

  1. なぜ後悔するのか?
  2. 後悔は百害あって一利なしの理由
  3. 後悔しないで生きる方法

なぜ後悔するのか?(1)

そもそも、なぜ後悔するのでしょうか?

後悔という感情は、人間特有の感情だといわれています。

なぜならば、後悔を抱くためには高度な思考能力が求められるからです。

後悔は、2つの世界を比較することで生まれます↓↓

  • 現実になっていたかもしれない世界
  • 現実

現実になっていたかもしれない世界を豊かに想像して始めて後悔は生まれるのです。

「離婚していなければ●●」の「●●」には沢山の言葉を当てはめ想像してしまうのです。

目次に戻る↑↑

後悔は百害あって一利なしの理由(2)

あったかもしれない現実を想像しても娯楽以上の価値はありません。

なぜならば、あなたが生きれる現実は一つだけだからです。

また、あったかもしれない現実を想像するのは好ましいことではありません。

なぜならば、嫌なはずの経験を何度も何度も思い出す羽目になるからです↓↓

あの時、あんな態度をとらなければ良かった

あの時、離婚を素直に認めなければ良かった

嫌な経験を何度も何度も思い出すと、その嫌な記憶は脳に定着してしまいます。

嫌な記憶が定着すると、最悪の場合トラウマとなる可能性もあります。

トラウマがあると、前向きなはずの行動にブレーキがかかる恐れも十分あります。

例えば「離婚した自分に幸せな家庭は築けない」と新しい出会いを拒むこともあるでしょう。

後悔は前向きな人生を生きるためには不必要な感情でしかありません。

また、人生の決断を今の時点で正当に評価することは不可能です。

なぜならば、過去への評価は時間の経過と共に揺れ動くからです。

現在後悔している離婚も、5年後、10年後は評価が異なっている可能性は十分あります。

もしかすると、離婚した配偶者があなたに不利益な行動をとっていたかもしれません。

いずれにせよ、未来は誰にもわかりません。

「ああだったら、こうだったら」という世界を考えても無意味なのです。

では、後悔せずに生きるためにはどうすればいいでしょうか?

目次に戻る↑↑

後悔しないで生きる方法(3)

後悔しないで生きる方法を3つ紹介します↓↓

  1. 今がベストな現実だと信じる
  2. 自分の気持ちを大事にする
  3. 過去ではなく未来を考える

今がベストな現実だと信じる(3-1)

後悔は2つの世界を比較することで生まれると説明しました↓↓

  • 現実
  • あったかもしれない現実

あなたはどこかのタイミングで、今の現実を決定づける決断を下したはずです。

そしてあなたは、その決断を「いいと思ったから」したはずです。

自分が不幸になりそうな決断をあえて選ぶ人はいないと思います。

つまり、過去のベストな決断の積み重ねがあって今があるのです。

今がベストなのですから、後悔する必要などないと気付くべきです。

しかし、「今がベストな決断だといわれても困る」という人もいるはず。

なぜ、今がベストだと信じることができないのでしょうか?

自分の気持ちを大事にする(3-2)

今がベストだと信じれない人は、他人の意見に流されて生きている可能性が高いです。

あの時、信頼できるあの人の助言に従っただけ」という気持ちがどこかにあるのです。

自らの責任で決断しておらず、ついつい他人に責任をなすりつけてしまいます。

人の意見に流されて後悔しないためには、自分の気持ちを大事にする事が重要です。

結果的に上手くいかなくても「●●の決断をしたのだからしょうがない」と思えるはずです。

過去ではなく未来を考える(3-3)

過去に意識が向きそうになったら未来を意識を向けましょう。

過去は変えられませんが、未来は変えられる可能性があります。

今からの頑張り次第でどうにでもなることは沢山あるはずです。

今、ベストだと思う選択肢を本気で選べば道は開けるはずです。

心の底からベストと信じる選択肢を選べば、誰が止めようと頑張れるはずです。

逆に言えば、やりたくない未来を選ぶから頑張れないのです。

目次に戻る↑↑

まとめ

後悔なく生きるためには、やりたいことやって生きるしか道はありません。

なお、離婚の後悔のうちやり直せないと諦めているものはありませんか?

離婚を優先させるたため、離婚条件の交渉をあまりしなかった人も多いでしょう。

慰謝料の請求、財産分与の請求、養育費の請求などは離婚後でも交渉可能です。

慰謝料請求は離婚後3年以内、財産分与の請求は離婚後2年以内です。

そして、養育費は子供が成人するまでは請求できます。

詳しくは、以下の記事をご覧ください↓↓

【財産分与はコチラ↓↓】

【養育費請求はコチラ↓↓】

1682

Sponsored Links




Return Top