離婚準備なう。

5635

妻から離婚を切り出された時の対処法10選

妻から離婚を切り出された時の対処法10選

俺と離婚して幸せになれるわけがない!

残念ながら、離婚して後悔する女性は驚くほど少ないです↓↓

離婚 後悔しない

なぜ女性は離婚して後悔しないのでしょうか?

女性は徹底的な離婚準備をしているため、後悔しないのです。

いわば、離婚を切り出されたあなたは妻から不意打ちを食らった状態なわけです。

では、あなたはどうすればよいでしょうか?

top2300_250%ef%bc%89

妻から離婚を切り出された時の対処法

妻から離婚を切り出された男性がとるべき対処法を順に解説します。

  1. やった方がいいこと5選
  2. NG行動5選(やってはいけないこと)
  3. 次のアクションを考える

財産分与 不動産

やったほうがいいこと(A)

まずは、やったほうがいいことをお伝えします。

  1. 時間を稼ぐ
  2. 別居を防ぐ
  3. 財産隠しを疑う
  4. 現状を整理する
  5. 結婚生活を振り返る

それでは順に説明します。

時間を稼ぐ(A-1)

時間を稼ぐ

離婚問題は、切り出された方よりも切り出した側が有利です。

なぜならば、奥さんが離婚準備をしている可能性が高いからです。

奥さんが単なる思い付きで離婚を切り出したと軽く考えない方がいいです。

まずは「時間を稼ぐ」ことに専念することを強くお勧めします。

感情的になって、妻の話を聞かないで糾弾するのは愚の骨頂です。

突然の事態に混乱して考えに整理がつかない。」

「●●日後にもう一度話し合おう

こちらから何かを伝えるのは最小限にとどめましょう。

そして、相手の主張に耳を傾けましょう。

奥さんの主張に耳を傾けないのは、あなたにとってもマイナスになります。

夫と話し合っても無駄。淡々と手続きを進めよう」と判断されてしまうからです。

時間を稼いでいる間に、離婚に関する知識を頭に詰め込みましょう。

男性が知っておくべき離婚の知識は以下の記事に整理しています↓↓

但し、時間に余裕がなく、妻が本気の場合は以下の記事をご覧下さい↓↓

妻に離婚を取り下げてもらい、元のサヤに戻った事例を知ることができます。

もしくは、心の底では離婚しても良いと考えているなら以下の記事をご覧下さい↓↓

有利に離婚するコツを紹介しています。

A やった方がいい事一覧↑↑

別居を防ぐ(A-2)

時間を稼ぐことに成功したら、別居を防ぐことが何よりも大事です。

家に帰ってきたらもぬけの殻だったということは、絶対に避けなければなりません。

なぜならば、別居されてしまうと2つの不都合が生じるからです。

  1. 親権を実質的に奪われる
  2. 婚姻費用の支払いが発生
親権を実質的に奪われる(A-2-a)

幼い子供がいる場合には、別居と同時に子供を連れ去られないように注意すべきです。

なぜならば、子供を一度連れ去られると連れ戻すのが難しくなるという現実があるからです。

また、連れ去られた子を無理やり連れ戻すのもオススメできません。

なぜならば、未成年者略取誘拐の罪で逮捕される可能性があるからです。

母親が警察に連絡すれば、警察が家まで事実確認にやってきます。

米国など海外では、離婚成立前に子供を連れ去れば誘拐事件で訴えられる可能性があります。

しかし、日本では最初に子供を連れ去った側が、訴えられることはまずありません。

連れ去った方が得をする」のは理不尽ですが、それが今の日本の現状です。

ですから、子供の親権を望む場合、別居による子供の連れ去りには要注意です!

婚姻費用の支払いが発生(A-2-b)

別居を開始すると収入が妻よりも多い男性は、別居中の生活費を妻に支払う義務が生じます。

この夫から妻に支払う別居中の生活費を「婚姻費用」といいます。

婚姻費用を支払う根拠は、夫婦の義務である「扶養義務(ふようぎむ)」にあります。

別居中であれ夫婦である以上は、夫婦は同程度の生活水準を確保しなければならないのです。

夫から妻に婚姻費用をわたすルールは、妻の別居を後押しすることは容易に想像できます。

実は、妻から請求された婚姻費用から逃れるのは、収入がない限り難しいのが実情です。

つまり、「夫婦の同居義務」に違反して別居した妻に、扶養義務を果たさなければいけないのです。

妻が義務を果たさず、こちらだけが義務を果たす現状に不満をもっても勝ち目は薄いです。

仮に裁判所で同居義務違反を認める判決が下ったとしても、妻を連れ戻す強制力はないからです。

日本国憲法で保証されている「居住・移転の自由」の権利が民法の規定に勝るのです。

さて、これまで妻に別居されることのリスクについて説明してきました。

もしも、妻に別居されるぐらいであれば妻を説得してあなたが家を出るのが正解です。

あくまでも頭を冷やす冷却期間であることを強調し、そのやりとりを録音しておきましょう。

(※ あとから、夫が勝手に別居を開始したと主張されないため)

そうすれば、妻を説得するために妻の実家に通う必要はありません。

また、子供を連れ去られて親権を一方的に奪われることもありません。

さらに、別居中の高い生活費(婚姻費用)を全額支払う必要がありません。

もっといえば、別居した妻と直接連絡がとれなくなるという状況も回避できます。

なお、婚姻費用の支払いについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧下さい。

以上、別居を防ぐ必要性について理解していただいたと思います。

時間を稼ぎ、妻の別居を防いだら、次にやるべきことは財産隠しを疑うことです。

A やった方がいい事一覧↑↑

財産隠しを疑う(A-3)

妻が家計の全てを管理しているケースは多いのではないでしょうか?

仮に離婚する場合には、夫婦の共有財産は原則半分ずつに分けるのが基本です。

但し、ここに落とし穴があります。

その落とし穴とは、夫婦の共有財産の一部が隠されて見つからないケースです。

家計を管理している妻が本気になれば、財産の一部を隠すことは容易です。

家計の口座から徐々にお金を引き落として、隠し口座に入金している可能性もあります。

財産の一部が隠されているのに、財産を折半しても意味はありません。

まずは、あなたの家の財産が隠されていないか銀行口座の残高を確認しておきましょう。

財産の持ち逃げ対策については、以下の記事をご覧下さい。

さてこれまでは、以下の3つの最優先事項について解説してきました。

  1. 時間を稼ぐ
  2.  別居を防ぐ
  3. 財産隠しを疑う

ここから先は、少し落ち着いて現状を整理していきます。

A やった方がいい事一覧↑↑

現状を整理する(A-4)

取り急ぎ整理すべきことは4点あります。

  1. 不動産の権利関係を確認
  2. 妻が離婚したい理由
  3. 妻に勝算があるのか考える
  4. 妻に支払うお金を計算する
不動産の権利関係を確認(A-4-c)

男性が離婚する際に、経済的に一番ダメージを受ける可能性があるのは不動産の財産分与です。

仮に慰謝料を支払うことになっても相場は100万円~300万円です。

また、子供への養育費の支払い率は2割に満たないです。

その一方で、不動産の財産分与は1,000万円単位のやり取りになることも珍しくありません。

また、1つしかない不動産をどうやって分割するのか夫婦で意見が合わないこともあります。

さらに、不動産は夫婦間だけの合意があれば自由に処理できるものではありません。

なぜならば、住宅ローンの契約は金融機関の意向を無視できないようになっているからです。

金融機関は、離婚するからといって契約内容の変更に応じてくれるわけではありません。

例えば、妻が連帯保証人や連帯債務者であれば、そのままの状態を維持しなければいけません。

つまり、不動産を通じて離婚後も夫婦がつながってしまう可能性があるのです。

では、不動産対策として何から手をつければいいでしょうか?

調査すべきことはいくつかあるのですが、まずは以下の記事からご覧下さい。

妻が離婚したい理由を考える(A-4-b)

妻が離婚したいと考える理由を考えましょう。

そのためにも、妻の話をじっくり聞く必要があるのです。

もしも妻が離婚したい理由が明確であれば、その理由を改善できないか考えてみましょう

一方で、離婚したい理由が明確に語られないのであれば要注意です。

最近は、女性の浮気が増えており、男性側からの浮気調査の依頼も増加しています。

男性は盲目的に自分の妻が不貞行為を働かないと信じる傾向があります。

しかし、浮気をするのは男性も女性も一緒です。

女性による浮気の実態については、以下の記事にまとめています。

妻に勝算があるのか検討する(A-4-c)

妻に勝算があるのか考えてみましょう。

逆にいえば、あなたに明確な落ち度があるか考えてみましょう。

まず伝えたいことは、あなたに落ち度がない限り離婚に応じる必要はないということです。

原則、離婚するにはお互いの合意が必要です。

そのため、以下のような妻の主張では離婚に応じる必要はありません。

  • 性格が合わないから離婚したい
  • リストラされたから離婚したい
  • 稼ぎが悪くなったから離婚したい
  • 浮気した疑いがあるから離婚したい
  • ケガや病気で休職したから離婚したい
  • 子供の教育方針が違うから離婚したい
  • 老後はそれぞれ別の道を歩みたいから離婚したい etc

確実な勝算がある妻であれば、あなたに「離婚します」とだけ主張してくるはずです。

そうでないなら、妻はあなたの出方をうかがっているのだと思います。

しかし、1点だけ注意すべきことがあります。

それは、「有責配偶者認定される証拠を掴まれているリスク」です。

浮気がバレていないと思ったら、すべての証拠を掴まれてたというケースもあるのです。

夫の落ち度を証明する証拠とは?

有責配偶者と認定される代表的な例は以下の2つです。

  1. 浮気の証拠
  2. DVの証拠

妻から離婚を切り出された時に、自らの落ち度を糾弾されるような心当たりはありますか?

もしも、心当たりがあれば、証拠を掴まれている可能性を考えてみてください。

もしも、言い逃れできない証拠を掴まれているのであれば離婚を防ぐのは難しいです。

あなたにできることは、離婚条件を少しでも不利にしない努力でしょう。

なお、証拠を掴まれている場合は「有責配偶者」として認定されてしまいます。

そして、有責配偶者のあなたから離婚を申し立てることは難しくなります。

つまり、あなたに離婚する気がないのであれば出来ることは一つです。

誠心誠意全力で、奥さんに謝って許してもらう

例えば、一度の出来心からの浮気であれば、必死に謝って許してもらうことを目指しましょう。

民法では、離婚できる原因の一つに「不貞行為」を挙げています。

もちろん、不貞行為が一度であれ二度であれ裏切りであることに違いはありません。

しかし、裁判では継続的な肉体関係によりはじめて不貞行為として認定される傾向があります。

そのため、一度の過ちであれば、離婚裁判で不貞行為に認定されない可能性もあるのです。

ですから、不貞行為が発覚してもめげずに、夫婦関係が破たんしない努力に努めましょう。

落ち度がない場合には説得できる可能性アリ

あなたの落ち度を証明する証拠がないなら、離婚回避の可能性が高まります。

まず最初に伝えたいことは、絶対に落ち度を認めていはいけないということです。

どれだけ厳しく追及されたとしても、「浮気をした」なんて告白をしてはいけません。

大事なことなので繰り返しますが、絶対に自ら告白してはいけません。

ひたすら自分の落ち度を否定することに集中しましょう。

奥さんから厳しい追及を受けた男性の中には、浮気の事実を認めてしまう方もいます。

そして、離婚裁判になってから浮気を認めた事実を否定するのです。

妻が怖くて身の危険を感じたため、その場しのぎの嘘をついた」といった具合です。

しかし、後から自分の発言を取り消すぐらいであれば、はじめから自白してはいけません。

発言をコロコロ変えていると、あなたの主張の信頼性が揺らぐからです。

妻に支払うお金を計算する(A-4-d)

現状整理の最後にやるべきことは、お金の計算です。

もしも奥さんに別居や離婚されてしまった場合の支払額を計算してみましょう。

主な支払うお金は、以下の3つです。

  1. 婚姻費用
  2. 養育費
  3. 財産分与

まずは、毎月支払うべきお金である「婚姻費用」と「養育費」を計算してみましょう。

計算する上では以下の記事を参考にしてください。

養育費はこちらを参考にしてください。

婚姻費用はこちらを参考にしてください。

財産分与について深入りすると、時間がかかります。

ですから、ざっくり財産が半分になると考えて次に進みましょう。

但し、資産の大部分を占める不動産については、市場価格をなるべく早く把握しておきましょう。

さて、お伝えする情報量が多くてお腹いっぱいかもしれません。

まだこの段階では、気持ちは揺れていると思います。

  • 夫婦別々に新しい人生を歩んだほうがいいのか
  • 夫婦円満を目指した方がいいのか

そこで、あなた自身の気持ちをより確かめるために「結婚生活を振り返る」ことをお勧めします。

A やった方がいい事一覧↑↑

結婚生活を振り返る(A-5)

結婚生活を事実をもとに振り返ってください。

出会った時、デートしたとき、プロポーズした時、出産、結婚生活、、etc

一つ一つを思い返しながら、時系列でまとめてみると良いです。

今まで忘れかけていた情景を沢山思い出すのではないでしょうか。

離婚を目指すのか、夫婦円満を目指すのかは心で決めるものだと思います。

自分の気持ちに正直になれるように、静かな環境で一人で振り返ることをおススメします。

さて、これまでは妻から離婚を切り出された時の対処法について説明してきました。

ここからは、妻から離婚を切り出された時のNG行動を紹介してきます。

A やった方がいい事一覧↑↑

対処法一覧に戻る↑↑

NG行動(B)

妻から離婚を切り出された時のNG行動は、以下の5つです。

  1. 威圧的な態度をとらない
  2. 安易に別居しない・許さない
  3. 身近な人の意見に流される
  4. 浮気相手と会う
  5. 暴力や浮気

威圧的な程度をとらない(B-1)

妻に対して、威圧的な態度をとり続けてきたのであれば、夫婦関係を見直すチャンスです。

離婚を切り出されても威圧的な態度をとり続けるのか、奥さんは注意深く観察しています。

威圧的な態度を取り続ければ、「もう話し合っても無駄」だと判断されてしまいます。

妻の気持ちに、真摯に耳を傾けることは離婚回避の上でもっとも大事なことです。

B NG行動一覧に戻る↑↑

安易に別居しない・許さない(B-2)

安易に別居してはいけません。

そんなに俺のことが嫌いなら別居してやるよ!」と家を飛び出すのはやめてください。

夫婦関係破綻の原因を作ったのは夫」と妻から主張される可能性もあります。

妻に家を飛び出されるぐらいであれば、あなたが家を出た方がいいのは確かです。

しかし、それよりも望ましいのは、家庭内別居という選択肢です。

一時の感情で結婚生活を台無しにしてはいけません。

B NG行動一覧に戻る↑↑

身近な人の意見に流される(B-3)

人間は、自分の置かれた状況に影響を受けやすい生き物です。

そのため、離婚経験者にアドバイスを受ければ、離婚を後押しされるかもしれません。

一方で、離婚を諦めた人であれば、離婚をとどまるようにアドバイスされるでしょう。

身近な人の意見を聞くときは、その人の立場を加味して話を聞くようにしましょう。

B NG行動一覧に戻る↑↑

浮気相手と会う(B-4)

男性の場合は、浮気相手と会うのは危険です。

好奇心で浮気相手に会うのであれば、やめておくのが無難です。

なぜならば、相手の男性に暴力を振るってしまう可能性があるからです。

浮気行為による慰謝料請求が民事事件であるのに対して、傷害事件は刑事事件です。

暴力を振ったこちらのほうがダメージが大きいという状況に追い詰められるのです。

浮気相手と会う場合には、関係者だけで会うのは危険すぎます。

せめて仲介人に弁護士を雇うなど、冷静に行動できる環境を整えましょう。

B NG行動一覧に戻る↑↑

暴力や浮気(B-5)

あなたの不貞行為やDVに心当たりがあれば、今すぐやめましょう。

ただし、DV加害者は、自分が加害者であることを認識していない恐れがあります。

また、妻以外の女性と親密な関係になるのもしばらくは控えるのが無難です。

あらぬ疑いをかけられると、それだけ話し合いがもつれてしまう可能性があるからです。

いずれにせよ、証拠を掴まれれば、ば圧倒的に不利な条件で離婚せざるを得なくなります。

くれぐれも気を付けましょう。

B NG行動一覧に戻る↑↑

対処法一覧に戻る↑↑

次のアクションを考える(C)

妻から離婚を切り出されて、あなた自身の気持ちを確かめた後の選択肢は以下の2つです。

  1. 夫婦円満を目指す
  2. 円満な離婚を目指す

夫婦円満を目指す(C-1)

夫婦円満を目指すのであれば、離婚を切り出した奥さんを説得する必要があります。

自分に非があれば謝罪し、奥さんに離婚を思いとどまるように説得しましょう。

もしも、奥さんが話し合いに応じない場合、夫婦関係調整調停(円満)を利用しましょう。

家庭裁判所の調停委員を介して、奥さんと話し合うことが可能です。

対処法一覧に戻る↑↑

円満な離婚を目指す(C-2)

円満な離婚を目指す場合には、離婚協議のやり方について詳しく知る必要性があります。

本記事の内容と重複する箇所もありますが、この記事よりも一歩踏み込んだ説明をしています。

まとめ

妻から離婚を切り出されたのを機に、さらに幸せな人生が歩めることを祈っています。

そのためにも「離婚準備なう。」をフル活用していください!

43791
Return Top