離婚準備なう。

5635

「子供いらない」で離婚できるのか?

「子供いらない」で離婚できるのか?

そろそろ子供ほしい!」↓↓

子供はいらない

子育てに関する意見の食い違いは珍しくありません。

結婚前ならいざ知らず、結婚後の意見の食い違いは修正が難しいです。

意見の食い違いによってどちらかが離婚を望むことがあります。

「子供いらない」という意見の食い違いで離婚は成立するのでしょうか?


Sponsored Links

子供いらないで離婚できるのか?

【目次】

  1. 離婚できる理由
  2. 離婚する流れ

top2300_250%ef%bc%89

離婚できる理由(1)

民法770上第1項では、離婚を認める理由を以下のように定めています。

  1. 配偶者に不貞行為が会ったとき
  2. 配偶者からの悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が3年以上不明なとき
  4. 強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

上記に当てはまる場合、離婚が強制的に認められます。

つまり、どちらか一方が離婚を拒否しても離婚は成立します。

「子供いらない」が該当する可能性があるのは「5 婚姻を継続し難い重大な事由」です。

実は、婚姻を継続し難い重大な事由の解釈はとても広いのが特徴です。

なぜならば、裁判官が客観的に「この夫婦は離婚が適当」と判断するのは困難だからです。

過去の判例をみても、裁判官によって判決の内容にバラつきがあります。

また、一審、高裁、最高裁で異なる判決が下ることも珍しくありません。

そのため、過去の裁判記録をみて一喜一憂することには意味がないのです。

つまり、「子供いらない」が裁判でどう判断されるかは未知数の部分が大きいのです。

勝つか負けるかわからない博打の要素があるということです。

裁判はお金も労力もかかりますし、裁判は最後の手段だと思っておきましょう。

では、離婚したいと本気で願う場合はどうしたらいいでしょうか?

また、子供は欲しくないが離婚はしなくない場合はどうすべきでしょうか?

目次に戻る↑↑

離婚する流れ(2)

離婚するまでの流れを箇条書きにします↓↓

  1. 夫婦で話し合い
  2. 別居
  3. 調停・裁判

夫婦で話し合い(2-1)

「夫婦で話し合い」のプロセスは一番大事です。

別居以降になると、夫婦で話しあうことがほとんどなくなるからです。

弁護士を仲介した話し合いだったり、家庭裁判所を仲介した話し合いになります。

第三者を介した話し合いは、感情的に苛立つ可能性が高まります。

それ、本当に夫(妻)が言ったんですか?」と耳を疑う主張も増えてくるでしょう。

人間不信になるとともに、夫婦としての信頼感は地に落ちます。

相手が信頼できない以上、話し合いがスムーズに進むということもありません。

弁護士に依頼すれば上手くやってくれるというのも幻想です。

だからこそ、夫婦で話し合っておけるうちに話し合っておくべきなのです。

もしかすると、「子供いらない」の認識が異なるかもしれません。

「子供いらない」の真意をお互いにオープンにすべきです。

  • 単純に子供が嫌いなのか?
  • 経済的な心配をしているのか?
  • 今は無理だが3年後ならいいのか?
  • 転職を検討しているのか?
  • 転勤のために時期を考えているのか?

拒否した側も「まさか離婚だなんて・・」と考えている場合もあります。

夫婦にとって重要な問題だという意識を共有して問題解決を図りましょう。

一般的には、以下のような解決策があります。

  • 今すぐ子作りをする
  • 時期を見極める
  • 離婚する
  • その他(養子縁組等)

その他は「子供が欲しい」という真の意図が「子育て」ではない場合の対策です。

子供が欲しい理由が、「跡継ぎ」「長時間家に1人は寂しい」などの場合もあるのです。

時間はかかるかもしれませんが、配偶者とじっくり話をしてみてください。

今後数十年一緒に暮らすことを考えれば、腹を割って話しておくべきだと思います。

離婚すべきかどうかを考えるのは、話し合いをつくしてからでも遅くはありません

なお、夫婦で話し合う場合には「離婚ありき」で話し合うのは控えたほうがいいです。

離婚ありきで話し合いがスタートすると、「離婚する・しない」の対立が鮮明になります。

一度対立すると、相手を尊重して譲渡したり、相手に共感したりできなくなります。

十分な話し合いをした上で、「離婚」が一番の選択肢だと思ったら以下の記事をご覧ください。

離婚で話し合っておくべきことをまとめています↓↓

別居(2-2)

別居は慎重にすべきです。

なぜならば、一度別居を開始するとやり直せないことが多くなるからです。

心理的にも配偶者との気持ちが離れてしまいます。

別居を開始した側であれば、素直に家に戻りづらくなるでしょう。

その他、別居時に注意すべきことは沢山あります。

別居を計画する場合には、以下の記事を参考にしてください↓↓

調停・裁判(2-3)

夫婦間での話し合いに限界を感じたら家庭裁判所に助けを求めましょう。

家庭裁判所では、夫婦関係調整調停、裁判の順で手続きを進めてくれます。

ちなみに、夫婦関係調整調停⇒裁判の順番は絶対です。

夫婦関係調整調停をせずに、裁判をおこすことは不可能です。

夫婦関係調整調停について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください↓↓

裁判について検討する場合は、弁護士への相談が必須です。

目次に戻る↑↑

まとめ

「子供いらない」の真意を夫婦で話し合うことは重要です。

夫婦間の話し合いを雑にすれば、痛いしっぺ返しをくらう可能性もあります。

「あの時にもっとじっくり話し合っておけば良かった」という人は多いです。

将来、後悔する可能性をゼロにするためにも今できることをしましょう。

957

Sponsored Links




Return Top