離婚準備なう。

5635

原一探偵事務所を推薦せざるを得ない本当の理由

原一探偵事務所を推薦せざるを得ない本当の理由

浮気調査についてプロの探偵に相談してみたい!
でも、どこの探偵社であれば満足のいく調査ができるのか???

そのような悩みは、浮気調査を検討している方の多くが抱える悩みです。

「インターネットで調べればわかるから大丈夫」

自信をもって調べ始めると雲行きが怪しくなると思います。

  • 探偵社の人気ランキングに根拠がない
  • 信頼できる探偵社か疑問
  • 料金が安そうだけど総額がわからない
  • 調査スキルは高い水準か?調査機材は高性能か?
  • 信用のおける評判が見つからない
  • 住所から外観を調べたら小汚いビルに入居していた
  • 相談場所として指定されたのが貸し会議室だった etc

絶対失敗したくない浮気調査なのに、信頼できそうな情報が見当たらない現実に唖然とするのではないでしょうか。

そして何度も何度もホームページを見て、一番良さそうな探偵社に意を決して相談の電話をかけるのです。

頼りない情報を元に、自信がない状況で探偵社を選んだ結果どうなっていると思いますか?

興信所 被害

上図は、国民生活センターに寄せられた興信所に関する相談件数を示したものです。

インターネットが普及した現代にも関わらず、興信所に関する相談件数は年々増加傾向です。

相談件数が増加している背景には、何があると思いますか?

それはインターネットの普及で「怪しい」情報が拡散しやすくなっているのです。

お金をかければ誰でも情報を拡散することが容易な世の中になっているのです。

でも、この記事を読んでいる方には、怪しい情報に惑わされずに探偵業者を選んで欲しいと思います。

単刀直入にいいますが「離婚準備なう。」では原一探偵事務所をオススメしています。

※ 大手探偵事務所を比較検討した結果は以下の記事をご覧下さい↓↓

探偵 大手

原一探偵事務所には嘘がつけない実績があります。

  • 調査実績42年
  • 毎月2,000以上の相談
  • 累計解決実績8万件以上
  • 日本一の探偵数(全国18拠点)

探偵業界の実態を知れば知るほど、原一探偵事務所に浮気調査を相談したくなると思います。

始めに断っておきますが、原一探偵事務所以外の探偵社でも優秀な調査員は存在します。

しかし、日本全国の方にオススメできる探偵社を熟慮した結果「原一探偵事務所」が最適だという結論に至りました。

ここからは、探偵業界の生々しい実態を交えて、原一探偵事務所の魅力をお伝えしていきます。

是非とも参考にしてください。

公式情報はコチラ>>

目次

原一探偵事務所の知られざる真実

本記事は以下のテーマに沿って解説していきます。

  1. 正真正銘の全国展開
  2. 調査実績42年の本当の意味
  3. 秘密厳守を裏付ける信用力
  4. 弁護士会も認める実力
  5. 圧倒的な調査スキル
  6. 基本料金を半額(50%OFF)にする方法【重要
  7. 原一のメディアでの露出
  8. 原一探偵事務所のトレビア
  9. (参考情報)営業所の住所・地図 等

正真正銘の全国展開(A)

原一探偵事務所は、全国に18営業所があります。(本社1、支店17)

正真正銘の全国展開している探偵社です。

全国展開していることを、「正真正銘の」と強調してお伝えしたのには理由があります。

なぜならば、探偵事務所の中には全国展開を宣伝しておきながら、実質的に全国展開していない探偵事務所が沢山存在するからです。

ここでは大手探偵社を取り繕う「エセ大手探偵社」のパターンを紹介していきます。

  1. 営業主体の探偵社
  2. フランチャイズ探偵社
  3. 営業主体・フランチャイズ探偵社の落とし穴

営業主体の探偵社(A-1)

探偵社の中には、実際の調査は外注することでコストを抑えるビジネスモデルを採用している探偵社があります。

営業は自社で行い、調査は外注する探偵社を営業主体の探偵社と呼ぶことにします。

営業主体の探偵社は、「安さ」を前面に押し出しすことで優位性を打ち出します。

顧客の本音は「高品質の調査をできるだけ安くして欲しい」だと思います。

ですから、安いことはなんら問題なく、むしろ顧客の利益になるように錯覚してしまうのです。

もちろん、顧客が営業主体の探偵社のカラクリを把握して契約する場合にはなんら問題はありません。

しかし、実際には「依頼した探偵社の正社員が調査をしてくれているのだろう」と勝手に思い込んでいる場合も珍しくありません。

なぜそのようなことが許されるのでしょうか?

実は、浮気調査を完全に委託することには法律的な問題はありません。

なぜならば、契約時の契約書類に「業務提携」に関する記述があるためです。

つまり、外注することを半ば前提にした契約書にサインしているからです。

このような行為はビジネスの世界では珍しくありません。

例えば、銀行の窓口で住宅ローンの申し込みをしても、実際に審査しているのは関連会社です。

以上のように、窓口と担当者が異なることはビジネスではよくあることなのです。

しかし、探偵業界においてはそのようなビジネスモデルは顧客の利益になりません。

その理由は、これからフランチャイズ探偵社について説明した後にまとめて解説します。

フランチャイズ探偵社(A-2)

「○○探偵社」というブランド名を貸出す対価として、加盟料を徴収する探偵社も存在します。

そのような探偵社を、フランチャイズ探偵社と呼ぶことにします。

フランチャイズ探偵社は、まずは広告宣伝費を大量投入することで「○○探偵社」の知名度を上げます。

広告宣伝をすることで、胡散臭いイメージがある探偵業を営業しやすくするわけです。

念のため断っておきますが、このビジネスモデル自体が悪いわけではありません。

コンビニエンスストア、ファストフードチェーンでは、フランチャイズビジネスは一般的なビジネスのやり方です。

しかし、探偵業においては先ほど説明した営業主体の探偵社や、フランチャイズ探偵社は好ましいやり方だとは思いません。

依頼者の立場からすれば、営業主体の探偵社に調査を依頼するのは避けるべきだと思います。

なぜでしょうか?

営業主体・フランチャイズ探偵社の落とし穴(A-3)

探偵の仕事の成否は、現場で調査する探偵のスキルで決まる部分が多いです。

探偵の仕事は、素人が満足にできる簡単なものではありません。

調査対象者に気づかれずに、ラブホテルや浮気相手の自宅に出入りしたり、イチャイチャしている姿を、証拠としてバレずに取らなければいけません。

なんらかの違和感を対象者に気づかれたらアウトです。

繁華街で歩いている対象者を追尾するだけでも大変だと思いますが、突然タクシーに乗り込んで移動したり、新幹線や飛行機を利用したとしても追跡しなければいけません。

真夏の暑い日にエンジンをかけない車の中でじっと耐えることがあります。
(エンジンをかけると目立つからです。)

寒い雪の中でじっと立っていることも必要です。

探偵の中には、急な排泄に対応するためにオムツをしている人もいます。

さらには、郊外の人気のない車の中でイチャイチャしている姿をこっそり取るために、ほふく前進で車に近づく場面もあります。

また、調査対象者がやましい行動をしている決定的瞬間が撮影できない場合には、遠く離れた場所から高性能カメラで現場を撮影することもあります。

一般的に想像されているよりも忍耐が必要な仕事であることは明らかです。

ここで忘れてはならないのは、探偵業を営むのに国家資格は必要ないという事実です。

過去に犯罪歴などがなければ、警察に届出をすれば誰でも探偵業を合法的に営むことができます。

なかには、大した探偵業の経験もないのに探偵業を営む輩も存在します。

しかし、1人前の探偵になるためにはトレーニングが必要であることは説明するまでもありません。

突然ですが、ここで質問です。

自社で責任をもって1人前の探偵を育てない探偵社に優秀な探偵が存在すると思いますか?

営業主体の探偵社や、フランチャイズ探偵社は、1人前の探偵を育てていると思いますか?

もちろん、営業主体の探偵社からの仕事を受注している探偵の中には、スキルの高い探偵も存在するとは思います。

しかし、依頼者がスキルの高い探偵がキチンと調査しているか把握することはできません。

特に、浮気調査が集中する大型連休の前後などの繁忙期は、猫の手も借りたい状況です。

あなたの浮気調査を担当する人が、スキルの高い調査員であることを祈るしかありません。

以上のような探偵業界の実態を知ってしまうと、スキルの高い探偵に調査をして欲しいと願うのは自然なことです。

人生に大きな影響を与える調査を依頼するわけです。

誰だって、低いスキルの探偵に調査される博打をうつのは避けたいはずです。

もう少しストレートに質問します。

あなたは、営業主体の探偵社やフランチャイズ探偵社を儲けさせたいですか?

もしも、答えが「NO」であれば、このまま読みすすめてください。

なお、一般の依頼者が営業主体の探偵社を見極めるのは、ほぼ不可能です。

特定の探偵社の名前をここで挙げて、注意喚起するのもやりたくありません。

なぜならば、営業妨害や悪口を公言するのは誰だって気持ちが良いものではないからです。

もしも、あなたが営業主体の探偵社を避けたければ、原一探偵事務所に調査を依頼してください。

全国どこでも高い調査品質を担保している原一探偵事務所は、探偵業界の中でも稀な存在です。

なお、もしあなたが気になっている探偵社が営業主体の探偵社かどうか確認したければ、一つだけヒントをお伝えします。

まずは、あなたが訪問しようと思っている支店のホームページを見てください。

そして、他の地域で営業している支店のホームページを見てください。

複数のホームページを比較した時に、ホームページのデザインや内容が統一されていれば、営業主体の探偵社である可能性は低いです。

一方で、営業主体の探偵社であれば、ホームページのデザインや内容に統一性がありません。

なぜならば、営業主体の探偵社から仕事を受注している探偵社は、本部から独立した事業者のため、独自の営業活動を行っているからです。

さて、脇道にそれるのはこれくらいにして、ここからは原一探偵事務所の「実績」を詳しく説明します。

公式情報はコチラ>>

調査実績42年の本当の意味(B)

原一探偵事務所の実績を改めて箇条書きにしておきます。

  • 調査実績42年
  • 毎月2,000以上の相談
  • 累計解決実績8万件以上
  • 日本一の探偵数(全国18拠点)

悪質な探偵業者は論外として、小規模~中規模の探偵社の中にも業務停止命令を受けた事業者は存在します。

そして、業務停止命令を受けた業者の中には、数日後には何事もなかったかのように事業を再開するケースもあります。

なぜそのようなことが許されるのでしょうか?

そのカラクリは、非常に簡単です。

事業者名と責任者の名前を変えて届出をしなおしてから営業を再開するのです。

一方で、原一探偵事務所は創業42年間にわたって信頼を築き上げています。

決して安い料金ではないですから、依頼者の要求も必然的に高くなります。

それにも関わらず、依頼者の高い要求に応え続けることは、並大抵の努力ではできません。

悪質な探偵の中には、依頼者と調査対象者の両方からお金を搾り取る悪質業者も存在します。

例えば、浮気現場の証拠を掴んだあとに調査対象者に近づき「奥さんが調査していますよ!この証拠を買い取ってください」と商談をもちかけるのです。

ここまでいくと、完全に詐欺師といってよいでしょう。

人間は誘惑に弱い生き物だと思います。

そのため、お互いに監視し合わないと出来心で悪さをしてしまうことも考えられます。

いつも同じメンバーで調査をする小規模の探偵社ほど、なぁなぁの関係になりがちです。

一方で原一探偵事務所には、自社の探偵がコンプライアンスに違反した悪事を働いていないか監査する部署もあります。(探偵の探偵をする部署です。)

長年にわたり信頼を築き上げている探偵社には、それなりの秘密があるのです。

なお、互いに互いを監視するという意味で信頼がおけるのは「業界団体への加入の有無」です。

次に、原一探偵事務所の加盟団体への加入状況をお伝えします。

公式情報はコチラ>>

秘密厳守を裏付ける信用力(C)

原一探偵事務所は、「社団法人日本調査業協会」に加盟しています。

社団法人日本調査業協会は、1988年に業界4団体が統合して発足した団体です。

また、内閣総理大臣(国家公安委員会)の許可を受けています。

さらに、警察庁を監督官庁とする日本で唯一全国組織として公認された調査業界の公益法人として知られています。

日本調査業協会は、具体的には以下の4つの事業を中心とした活動を全国規模で展開しています。

  1. 教育研修事業
  2. 倫理事業
  3. 広告適正・広報事業
  4. 総務事業

ここでは、各事業の詳しい内容を説明することはしません。(興味がある人も少ないと思います)

なお、社団法人日本調査業協会に加盟していなくても信頼できる探偵社は存在するかもしれません。

しかし、あえて業界団体に加盟していない探偵社に仕事を依頼する理由もないのではないでしょうか?

公式情報はコチラ>>

弁護士協同組合も認める実力(D)

弁護士と探偵社は密接な関係にあります。

離婚弁護士は、離婚を成立させ、多くの慰謝料を勝ち取らなければいけません。

さて、離婚弁護士にもっとも必要なものはなんでしょうか?

交渉力の高さや、裁判での立ち回りも重要です。

しかし、それらは一番重要なものではありません。

離婚弁護士が勝つために一番必要なものは「証拠」です。

証拠の質が高いほど勝てる可能性が高まります。

証拠があれば、裁判しなくても交渉により問題を解決することも可能です。

だからこそ、実力がある離婚弁護士ほど証拠の質にこだわります。

では、弁護士はどこの探偵社に浮気調査を依頼するでしょうか?

弁護士が懇意にしている探偵事務所を調べる手がかりになるのは「弁護士協同組合特約店」です。

基本的に各都道府県毎に弁護士が加盟する組合が存在します。

そして、各都道府県の組合毎に、業務に関わりの深い特約店を指定しています。

文房具から探偵など幅広い業種が特約店として指定されています。

通常は、会員になっている弁護士にしか特約店の情報は開示されていません。

もしあなたが特約店に興味があり、各都道府県の弁護士会に直接電話しても教えてくれない組合がほとんどです。(検証済み)

そもそも、各都道府県毎にホームページを用意しているのは以下の都道府県のみです。

  • 北海道(札幌)、宮城県、東京都、福井県、愛知県、兵庫県

その中で、東京の弁護士会は、特約店を公開しています。

弁護士協同組合特約店 探偵

上図は、東京都弁護士協同組合のホームページで公開されている特約店情報です。

上図赤文字太枠部分で囲っているのが、原一探偵事務所です。

なお、上図で紹介されている他の特約店のほとんどは「法人向け」です。

個人向け、自社単独で全国展開している探偵社は原一探偵事務所だけです。(本サイト調べ)

弁護士協同組合の特約店として認定されるには、厳しい条件があることは容易に想像できます。

なお、弁護士と付き合いが深い探偵社に調査を依頼するメリットは、依頼者にとって絶大です。

  1. 信用が命だと認識している
  2. 裁判で勝てる証拠を熟知している

信用が命だと認識している(D-1)

一般的にサービス業が顧客にしたくないのは、知的水準が高くプライドが高い人達です。

なぜならば、なにかにつけてサービスへの要求水準が高いからです。

弁護士もサービスへの要求水準が高いことは容易に想像できます。

弁護士が自らの顧客のために依頼した仕事がイマイチだったらどうなりますか?

こんな証拠つかえるわけないでしょ!ふざけんな!

ですよね?(汚い言葉遣いをするかは別にして。)

イマイチな仕事を続ければ、特約店からも外されてしまうかもしれません。

しかし幸いなことに、原一探偵事務所は未だに特約店として活躍し続けています。

つまり、うるさい弁護士を納得させるだけの質の高い仕事をし続けているのです。

裁判で勝てる証拠を熟知している(D-2)

離婚後の生活を考えれば、離婚しない方が幸せだという判断もあるでしょう。

ただし、配偶者に不倫・浮気の事実を認めてもらい、深く反省させる必要はあります。

そのため多くの人は浮気調査を探偵に依頼し、浮気の証拠を掴めれば示談で済まそうとします。

一方で、浮気の事実を掴まれた側も、裁判を望むことは少ないです。

なぜならば、裁判をすれば金銭的にも精神的にも労力が必要だからです。

以上の場合には、調査報告書は配偶者に浮気を認めさせれば役割を果たしているといえます。

そのため、一般人ばかりを相手にしていると調査品質が一般人向けになってしまいます。

一方で、裁判で争うとなれば、探偵社が提出する報告書には高い品質が必要です。

そのため、弁護士が調査報告書をチェックする基準は一般人よりも必然的に高くなります。

弁護士が報告書をチェックする基準は「裁判に証拠提出しても勝てるか?」です。

  • 配偶者に浮気を認めさせる基準
  • 裁判で勝訴を見込める基準

どちらの基準で戦っている探偵社の方が信頼できるでしょうか?

特別な議論をするまでもなく、日頃から弁護士の目に触れている報告書を作成している探偵社の方が信頼できると思います。

ちなみに裁判では、「被告と顔が似た人が浮気相手と見られる女性と一緒にいた。だから浮気していたんだろう」

以上のような曖昧な判断で人を裁くことはありません。

証拠画像が不鮮明だったり、アングルがイマイチだったり、報告書がわかりづらい、、

そのような調査報告書では、裁判の場で証拠不十分の烙印を押される可能性があります。

浮気調査は、油断している調査対象者を不意打ちで調査するからこそ成功確率が高いのです。

一度浮気調査をされた事実を知れば、調査対象者が次に尻尾をあらわすのがいつになるかわかりません。

原一探偵事務所は厳しい弁護士のチェックにこたえつづけてきました。

だからこそ、原一探偵事務所は価値のある報告書が提出できるのです。

これまで、弁護士が認める原一探偵事務所の実力について紹介してきました。

弁護士協同組合が認める探偵社に一度相談するのは、悪くない選択肢だと思います。

公式情報はコチラ>>

圧倒的な調査スキル(E)

原一探偵事務所の圧倒的な調査スキルを支える秘密は3つあります。

  1. ベテラン調査員が大勢いる
  2. 徹底的な社内研修
  3. 経験を積むのが早い

ベテラン調査員が大勢いる(E-1)

原一探偵事務所には、20年以上も調査業務に携わっているベテラン調査員が大勢います。

ベテラン調査員は、もともと探偵業を好きで始めたので仕事に対する執着心も人一倍強いのだそうです。

当然、ベテラン調査員であれば調査力が高いのは言うまでもありません。

しかし、ベテラン調査員が多く在籍していることの恩恵はそれだけではありません。

ベテラン調査員が多くいるため、社員の教育にとても良い影響を与えるのです。

高いスキルをもつ厳しい上司が多くいることは若手にとっては大変かもしれません。

しかし、若手のうちに厳しい下積み生活を送ることで組織全体として高い調査力を保つことができるのです。

なお、調査員への教育は現場で下積みをする前から始まっています。

徹底的な社内研修(E-2)

調査員は、社内の教育カリキュラムで一通りの調査技術を習得した上でないと実業務に当たれません。

また、探偵業法や個人情報保護法などを遵守することを周知徹底するために、毎月社内で研修会も実施しています。

さらに、原一探偵事務所が加盟している内閣総理大臣(国公委生発第33号)認可法人 全国調査業協同組合の教育研修会にも積極的に参加しています。

基本料金を半額(50%OFF)にする方法(F)

本記事から原一探偵事務所に興味を持って頂いた方に特別なプレゼントがあります。

原一探偵事務所からのご好意で、基本料金を半額(50%OFF)にする初回限定キャンペーン情報を提供できることになりました。

これから紹介する情報は、原一探偵事務所の公式ホームページには掲載されていないので注意してください。

日本には沢山の探偵事務所がありますが、「離婚準備なう。」の読者の方には探偵選びで失敗して欲しくありません。

今のところ、ハズレなし!だと、心の底から推薦できる探偵社は原一探偵事務所のみです。

ですから、本サイト「離婚準備なう。」で強く推薦する探偵社・興信所は、原一探偵事務所のみとなっています。

なお、初回半額キャンペーンの利用方法は簡単です。

以下の画像をクリックすると、原一探偵事務所の特別ページに移動します。

特別ページでは、原一探偵事務所の報告書のサンプルや、実際に尾行した様子を紹介する動画が閲覧できます。

そして、特別ページの最後の方に、無料相談時に基本料金を半額にしてくれる「○○を見た」の○○の部分が記載されています。

無料相談時に「○○を見た」と伝えれば、調査料金から基本料金が半額になります。

無料相談時に、基本料金を節約するチャンスを見逃さないでください!

公式情報はコチラ>>

原一のメディア露出(G)

(準備中)

原一探偵事務所のトレビア(H)

原一探偵事務所をより深く知ることができる話を紹介していきます。

  1. 「浮気」調査ではなく「○○」調査と呼ぶ

「浮気」調査ではなく「○○」調査と呼ぶ(H-1)

原一探偵事務所では、浮気調査を浮気調査を呼ばないことがあります。

原一探偵事務所では、浮気調査を「恋愛調査」と呼ぶことがあるそうです。

なぜでしょうか?

浮気をされた女性や男性の中には、精神的に病んでしまう人も少なくありません。

そのため、「浮気」という言葉で軽く済まそうとする人を許せないという思いがあるのだそうです。

参考情報(I)

参考情報として以下の情報をお伝えします。

  1. 全国の拠点

全国の拠点(I-1)

全国の拠点の住所と地図を以下の順に紹介します。

  1. 北海道(札幌)
  2. 宮城県(仙台)
  3. 群馬県(高崎)
  4. 茨城県(水戸)
  5. 埼玉県(川越)
  6. 埼玉県(大宮)
  7. 千葉県(千葉)
  8. 東京都(日本橋)
  9. 東京都(新宿)
  10. 神奈川県(横浜市西区)
  11. 静岡県(静岡市)
  12. 愛知県(名古屋)
  13. 大阪府(大阪市淀川区)
  14. 兵庫県(神戸市)
  15. 岡山県(岡山市)
  16. 広島県(広島市)
  17. 愛媛県(松山市)
  18. 福岡県(福岡市)
北海道(札幌)
  • 住所〒060-0808 札幌市北区北8条西4丁目1-1 パストラルビルN8 401
  • 北海道公安委員会 開始届出証明書番号 第10070111号
地図

外観の様子

宮城県(仙台)
  • 〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2-6-15 4階(401)
  • 宮城県公安委員会 開始届出証明書番号 第22120010号
地図

外観の様子

群馬県(高崎)
  • 〒370-0052 群馬県高崎市旭町46-2 4B
  • 群馬県公安委員会 開始届出証明書番号 第42150011号
地図

外観の様子

茨城県(水戸)
  • 〒310-0803 茨城県水戸市城南2-1−20 南ウィング水戸ビル3F
  • 茨城県公安委員会 開始届出証明書番号 第40160002号
地図

外観の様子
  • データなし
埼玉県(川越)
  • 〒350-0826 埼玉県川越市上寺山2-1
  • 埼玉県公安委員会 開始届出証明書番号 第43070145号
地図

外観の様子

埼玉県(大宮)
  • 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2‐194 6階
  • 埼玉県公安委員会 開始届出証明書番号 第43130047号
地図

外観の様子

千葉県(千葉)
  • 〒260-0028 千葉市中央区新町3-7 8階
  • 千葉県公安委員会 開始届出証明書番号 第44110018号
地図

外観の様子

東京都(日本橋)
  • 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-20 9階
  • 東京都公安委員会 開始届出証明書番号 第30070443号
地図

外観の様子

東京都(新宿)
  • 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-22-1 スタンダートビル 12階
  • 東京都公安委員会 開始届出証明書番号 第30140132号
地図

外観の様子

神奈川県(横浜市西区)
  • 〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-25-1 YS横浜西口ビル4F
  • 神奈川県公安委員会 開始届出証明書番号 第45110051号
地図

外観の様子

静岡県(静岡市)
  • 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-7 塚本ビル5F
  • 静岡県公安委員会 開始届出証明書番号 第49152550号
地図

外観の様子

愛知県(名古屋)
  • 〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須1-21-20 2階
  • 愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第54080090号
地図

外観の様子

大阪府(大阪市淀川区)
  • 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5‐14‐22 リクルート新大阪ビル 5階
  • 大阪府公安委員会 開始届出証明書番号 第62093370号
地図

外観の様子

兵庫県(神戸市)
  • 〒651-0097 兵庫県神戸市中央区布引町4-2-12 7F
  • 兵庫県公安委員会 開始届出証明書番号 第63150008号
地図

外観の様子

岡山県(岡山市)
  • 〒700-0023 岡山県岡山市北区駅前町2-5-24 JR岡山駅第2NKビル11階
  • 岡山県公安委員会 開始届出証明書番号 第72140014号
地図

外観の様子

広島県(広島市)
  • 〒732-0052 広島県広島市東区光町2‐9‐14 3階
  • 広島県公安委員会 開始届出証明書番号 第73130016号
地図

外観の様子

愛媛県(松山市)
  • 〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目9番地1号 4階
  • 愛媛県公安委員会 開始届出証明書番号 第82140005号
地図

外観の様子

福岡県(福岡市)
  • 〒810-0001 福岡市中央区天神2-13-18 天神ホワイトビル6階
  • 福岡県公安委員会 探偵業届出証明番号 第90090042号
地図

外観の様子

1989
Return Top