離婚準備なう。

不貞行為の定義とは?1回の過ちでは離婚できないって本当?

不貞行為の定義とは?1回の過ちでは離婚できないって本当?

不貞行為とは一体なんでしょうか?

実は、一般的な解釈と裁判での解釈は異なります。

男女関係のもつれは、離婚問題の中心的なテーマの一つです。

不貞行為について正確に理解しておきましょう。

不貞行為とは?

【目次】

  1. 不倫で離婚する割合とは?
  2. 不貞行為の定義
  3. 1回の不貞行為で離婚は認められる?
  4. 不貞行為を証明する方法

探偵 大手

不倫で離婚する割合とは?(1)

不倫 離婚 割合

異性関係が離婚の動機になる割合は、男女ともに2割弱です。

配偶者の異性関係で離婚を成立させる場合、不貞行為を立証する必要があります。

まずは、不貞行為の定義について正確に把握しておきましょう。

目次に戻る↑↑

不貞行為の定義(2)

一般的な不貞行為とは、「貞操義務に忠実でない一切の行為」です。

例えば、キスをしたり、挿入を伴わない性的な行為であっても不貞行為です。

一方で、裁判ではさらに限定した定義をしています↓↓

配偶者のある者が、自由意思で配偶者以外の異性と肉体関係を結ぶこと

つまり、肉体関係の有無が不貞行為の判定の要素になります。

ちなみに、「自由意思で」、「異性と」という点にも着目すべきです。

例えば、レイプ被害に遭った場合は不貞行為とは認められません。

なぜならば、「自由意思」ではないからです。

また、同性愛の関係は不貞行為として認められません。

なぜならば、異性との不貞行為ではないからです。

目次に戻る↑↑

1回の不貞行為で離婚は認められる?(3)

たった一度の気の迷いだった。。

↑↑  不貞行為に及んだ人のよくある言い訳の一つです。

1回の不貞行為でも、不貞行為は不貞行為です。

当然、1回の不貞行為でも離婚は認められると考える人も多いと思います。

しかし裁判では1回の不貞行為では、不貞行為を理由とする離婚は認められません。

裁判では、継続的・反復的な不貞行為の存在を立証しなければいけないのです。

但し、離婚を認める理由は「不貞行為」だけではありません。

他にも「婚姻を継続し難い重大な事由」があれば離婚は認められます。

そのため、「あの1回の浮気が夫婦関係破綻の原因」と主張することは可能です。

具体的には、浮気を別居の原因とすることも可能です。

目次に戻る↑↑

不貞行為を証明する方法(4)

不貞行為を証明する証拠には、2つの種類があります↓↓

  1. 自白
  2. 状況証拠

自白(4-1)

当事者が素直に事実を認めれば、浮気の証拠を掴む必要がなくなるかもしれません。

しかし、素人が得る自白は意外とあてにならないのが特徴です。

まず、自白は簡単に取り消すことができます。

浮気をしたなんて一言もいっていない」と開き直られる可能性があるのです。

それでは、自白の証拠を掴めばいいと思うかもしれません。

しかし、信頼性の高い自白の証拠を掴むことも意外と難しいのです。

脅迫されて自白を強要された!」と反論されることだってあるからです。

状況証拠(4-2)

浮気を直接的に証明するのは、非現実的です。

不倫行為を盗撮したら犯罪に問われる可能性だってあるからです。

そのため、不貞行為の証拠は「状況証拠」を積み重ねるのが一般的です。

状況証拠といっても、証拠の種類によって不貞行為を推定する効力には差があります。

以下の証拠のうち、「不貞行為があった」と判断できる証拠はどれでしょうか?

  1. ラブホテルに2人で出入りする写真
  2. ラブホテルに別々に出入りする写真
  3. ラブホテルに一緒に入る写真(出る写真はなし)
  4. 無断外泊の証拠
  5. プレゼントの領収書
  6. ラブレター
  7. LINEでの親密な交流
  8. デート中の写真
  9. 第三者の証言 etc

「ラブホテルに2人で出入りする写真」を証拠とするのが理想です。

しかし、決定的な証拠がなければ状況証拠をできるだけ多く積み重ねるしかありません。

なお、確実な離婚や、慰謝料請求を望むなら、証拠集めのプロに相談してください。

大手探偵社であれば、無料相談に力を入れています。

また、無理矢理に契約を迫られることもないので安心です。

大手探偵社の情報は、以下の記事を参考にしてください↓↓

目次に戻る↑↑

まとめ

不貞行為による離婚請求・慰謝料請求を成功させるカギは「証拠収集」にあります。

配偶者の不貞行為が疑わしければ、以下の記事をチェックしてください↓↓

713
Return Top