離婚準備なう。

dv被害者が養育費をゲットする確実な方法

dv被害者が養育費をゲットする確実な方法

DV被害者だからと養育費の未払いに泣き寝入りしていませんか?

dv被害者が養育費を請求するのは現実的ではありません。

恐怖すら感じる相手に「養育費を支払え!」とは口が裂けても言えないはずです。

DV加害者は支配欲求が強い傾向があるため、離婚するのも至難の技です。

育費は後回し。離婚を優先させよう」と考えても不思議ではありません。

しかし、養育費を受給せずに子供を育てるのは一筋縄ではいきません。

受給できない養育費数万円の重みはとても重いのです。

しかし、理不尽な現実に泣き寝入りする必要は全くありません。

本記事では、DV被害者が確実に養育費を請求する方法を紹介します!


Sponsored Links

DV被害者が養育費を請求する方法

【目次】

  1. DV被害者は逃げるべき!
  2. 養育費の金額を計算する方法
  3. 離婚後に養育費を請求する方法

DV被害者は逃げるべき!(1)

死ぬまでDV被害者として人生を全うしたいですか?

99.9%の人は「NO」と回答するはずです。

DV被害に遭っている場合は、DV被害から逃れることを優先すべきです。

DV被害者が安全にDVから逃れるためには一定の手順があります。

DVから逃れる手順については、以下の記事をご覧下さい↓↓

これ以降は、DV加害者と離婚したと仮定して話を進めます。

目次に戻る↑↑

養育費の金額を計算する方法(2)

養育費はいくら請求できるのでしょうか?

実は、養育費についていくら支払えという法律はありません。

支払う側が同意さえすれば、高額な慰謝料を受給しても問題ありません。

しかし、支払う側が拒否した場合には手がかりとなるガイドがあります。

それが「養育費算定表」というものです。

養育費算定表では「年収」、「子供の人数」などをベースに養育費を算定します。

実は、算定表を用いなくとも養育費を自動で計算する方法があります。

養育費を実際に計算する方法は、以下の記事をご覧下さい↓↓

目次に戻る↑↑

離婚後に養育費を請求する方法(3)

DV被害者が養育費を請求する場合、「交渉」が一番のハードルです。

DV被害者は、辛い過去を思い出すだけでも恐怖を感じると思います。

恐怖を感じるだけならまだしも、身体的な症状が発症する可能性もあります。

  • 震え
  • 動悸
  • 冷や汗
  • 血の気がひく

交渉する必要があるなら、養育費は諦めよう」と考えてしまうのです。

「弁護士に依頼すれば?」と周囲は助言するかもしれません。

しかし、弁護士に依頼すれば問題が解決するわけではありません。

なぜならば、弁護士がどの程度頑張って交渉してくれるかわからないからです。

ここ15年間で弁護士は2倍に増加しました。

そのため、弁護士の質も見極めなければいけないのです。

全ての弁護士が離婚問題を得意とするわけでも、交渉に強いわけではありません。

他の分野に強い弁護士でも「離婚問題は得意じゃない」場合も珍しくありません。

全ての医者が外科手術が得意なわけではないのと同様です。

離婚問題は強くないので、依頼は受け付けられません」となれば良心的です。

しかし、仕事が欲しい弁護士であれば経験が浅くても喜んで仕事を請けるでしょう。

当然契約内容次第ですが、弁護士の費用は着手金と成果報酬の請求が一般的です。

弁護士費用の総額が、数十万円になることも珍しくはありません。

この数十万円を持ち出すのは、正直「苦しい」の一言でしょう。

では、どうすれば安心して養育費を請求する弁護士を選べるでしょうか?

現実的な弁護士の選び方は、以下の記事に詳しくまとめています↓↓

目次に戻る↑↑

まとめ

離婚後でも養育費請求を成功させることは十分可能です。

但し、弁護士選びを間違えると弁護士費用の負担だけがのしかかり「悲惨」です。

養育費をDV加害者からゲットして、理不尽な現実から抜け出してください!

238

Sponsored Links

Return Top