離婚準備なう。

5635

離婚したいときの行動をシミュレーション【3分でわかる離婚判定】

離婚したいときの行動をシミュレーション【3分でわかる離婚判定】

離婚したいけど、何から手をつけていいかわからない

そのような悩みを抱えてはいませんか?

離婚問題は、その人の置かれた状況で考えるべきことが変わるのが難しいポイントです。

そのため、本記事では離婚したいと本気で願うあなたが、何から手につけていいか判断できる情報を提供したいと思います。

まずは、今のあなたの状況を客観的に理解することから始めましょう。

財産分与 不動産

離婚したいときの行動

離婚したいときの行動

 

上図は、離婚可能性を判定するために用意しました。

あなたの配偶者が離婚することを「認めているか」、「拒否しているか」で知っておくべき知識は異なります。

以上のテーマに沿って、それぞれ解説していきますので当てはまる方をクリックしてください。

  1. 配偶者が離婚に応じる場合
  2. 配偶者が離婚を拒否している場合

配偶者が離婚に応じる場合(A)

離婚したいときの行動 配偶者合意

配偶者が離婚に応じている場合は、離婚届を役場に提出するだけで離婚が成立します。

しかし、お互いが離婚することに合意していても、離婚がすんなり成立するとは限りません。

一般的に、離婚について話し合う場では、以下のポイントを協議することになります。

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 婚姻費用(別居期間があれば)
  • 養育費
  • 親権

つまり、離婚自体に合意していても、その他の問題が解決しないために離婚が成立しないケースがあるのです。

例えば、夫婦間では以下のような主張がされます。

  • 財産を半分より多くもらいたい
  • 購入した家は売却せずにそのまま住み続けたい
  • 離婚してもいいが当分の生活費を支援して欲しい
  • 子供の養育費について合意しないと離婚しない
  • 子供の親権は絶対に譲れない
  • 離婚後の子供には月1回面会したい

上記の主張のうち、親権に関する問題以外は離婚後に後回しにしても構いません。
(子供の親権を夫婦のどちらにするか決めないと離婚届が受理されません。)

しかし、実際には離婚してしまってからは問題を早く解決しようという気持ちが薄れることが多いです。
そのため、離婚問題は離婚する前にケリをつける必要があります。

つまり、上手な離婚を決めるポイントは「離婚協議を上手くまとめられるか」に全てがかかっています。

以下の記事を読んで頂き、離婚協議の流れについて知識を深めることをおすすめします。

配偶者が離婚を拒否している場合(B)

配偶者が離婚を拒否している場合は、以下の3パターンがあります。

あなたにもっとも当てはまるものをクリックしてください。

  1. 自分が有責配偶者
  2. 離婚原因なし
  3. 離婚原因あり

自分が有責配偶者(B-1)

離婚したいときの行動 配偶者拒否 有責配偶者

有責配偶者とは、ひらたくいえば夫婦間の義務を破った人のことです。

具体的には、貞操義務を破って不倫しその証拠を掴まれていたり、暴力をふるってその証拠を掴まれている人を指します。

あなたが有責配偶者の場合には、仮に配偶者が離婚裁判をおこせば、すんなりと離婚が成立してしまいます。

つまり、配偶者である妻の立場から考えれば、離婚を望めばいつでもできるのに、離婚する気はないという状況です。

残念ですが、この状況では離婚を成立させることは極めて難しいです。

なぜならば、裁判所は有責配偶者からの離婚申し立てを認めないからです。
ひらたくいえば、「裁判所は悪さをした人の味方にはならない」ということです。
(長期間が経過すればその限りではないですが、長期間の定義は曖昧です。)

どうしても離婚したければ、選択肢は2つです。

  1. 離婚を拒否する配偶者を納得させる
  2. 長期間の別居後に離婚調停を申立てる
離婚を拒否する配偶者を納得させる(B-1-ⅰ)

一度夫婦の信頼関係が壊れてしまえば、誠意で説得するのは難しいでしょう。

そのため、離婚を拒否する配偶者を納得させるためには、お金で解決するのが一般的です。

長期間の別居後に離婚調停を申立てる(B-1-ⅱ)

もしくは、長期間の別居後に離婚調停を申立てるという方法もあります。
しかし、離婚を成立させるまでに時間がかかります。

また、もしあなたの稼ぎが配偶者よりもよければ、配偶者の生活費を負担する必要があります。
(婚姻費用といいます。)

さらに、子供がいれば養育費の負担も求められるでしょう。

つまり、「お金で時間を買うか」、「離婚を諦めて仮面夫婦を続ける」の2択を迫られることになります。

どの程度のお金で相手が離婚に合意してくれるかは、完全に交渉次第です。

もし、有責配偶者としての立ち振る舞いについてより詳しく知りたい方は以下の記事を確認してください。

離婚原因なし(B-2)

離婚したいときの行動 配偶者拒否 有責配偶者

配偶者が離婚を拒否しており、配偶者に責任がなければ離婚成立は難しいです。

この状況で、あなたがとれる選択肢は5つです。

  1. 配偶者を説得し続ける
  2. 離婚できる証拠を掴む
  3. 離婚できる証拠を捏造する
  4. 別居を開始する
  5. 離婚を諦める

それぞれの選択肢について簡単に説明していきます。

配偶者を説得し続ける(B-2-ⅰ)

配偶者を説得し続けるのは、骨が折れる作業です。

まずは、あなたが離婚に本気であることを認識してもらうことから全てははじまります。

  • なぜ離婚したいのか
  • 自分に非があるのか
  • 相手に非があるのか
  • 今後の生活はどうするのか
  • 他に好きな人ができたのではないか etc

以上に挙げたような相手からの質問には、答えを用意しておきましょう。

そして、一時の思いつきで離婚を望んでいるわけではないという本気度は伝えるべきです。

確実に離婚に合意してくれる方法論はおそらくないと思います。

しかし確実に言えることは、離婚することは相手の将来設計を破壊する行為です。

配偶者がすぐに決断を下すことは難しいでしょう。

離婚できる証拠を掴む(B-2-ⅱ)

離婚できなければ、離婚できる証拠を掴むという選択肢もあります。

証拠といっても、仮に裁判になれば離婚が強制的に認められる証拠でなければ意味がありません。

配偶者があなたに暴力をふるっていたり、不倫行為を働いているのであればその証拠を掴みましょう。

それらの証拠があれば、離婚協議もスムーズに進むと思います。

以下の記事では、離婚裁判で離婚が認められる理由や証拠の集め方を解説しています。

離婚できる証拠を捏造する(B-2-ⅲ)

離婚できる証拠を捏造する人もいます。

もちろん、捏造した証拠を配偶者に突きつけても相手にされないでしょう。

ですからこの戦略は、家庭裁判所で調停を申立てた上で、捏造した証拠を盾に離婚を主張することを意味しています。

倫理的な観点からは、決してオススメしません。

しかし現実には、離婚問題においては冤罪被害が多く発生しているといわれています。

その恐るべき実態については、以下の動画で紹介されています。
(動画開始から20分経過したあたり)

 

なお、民事事件では証拠の捏造が発覚しても、罰金10万円程度の支払いが命じられるだけのようです。

だからこそ、思い切った戦略にでる人が現れるのでしょう。

別居を開始する(B-2-ⅳ)

話し合いによる解決が難しいのであれば、別居を開始するのも選択肢の一つです。

別居を開始することで、あなたの離婚への本気度を周囲に伝えることができます。

但し、別居を開始する前にはいくつか注意すべき点もあります。

以下の記事では、別居開始時に注意すべきポイントを整理していますので確認してください。

離婚を諦める(B-2-ⅴ)

離婚することだけが唯一の正解ではありません。

絶対に離婚したいと願うのは一時の気の迷いかもしれません。

離婚して後悔する人もいますし、離婚しないでよかったと後になって思う人もいます。

本当に離婚したい人は、迷ったりしません。

もしも、迷うのであれば離婚する時期ではないと思います。

離婚しても絶対後悔することはないと言い切れるまで、自分の気持ちと対話しましょう。

離婚原因あり(B-3)

離婚したいときの行動 配偶者拒否 離婚原因あり

配偶者に離婚原因があるのであれば、有責配偶者としての証拠を掴むべきです。

もし有責配偶者としての証拠を掴めないのであれば、離婚できる可能性は小さいです。

一方で、配偶者の有責配偶者としての証拠を掴むことに成功すれば、離婚できる可能性が大きくなります。

以上のように、証拠があるかないかは、離婚問題を語る上で大きな違いになります。

配偶者を有責配偶者として認定させる具体的な証拠には、「不倫の証拠」や「DVの証拠」があります。

以上の2つが、離婚の現場ではよく見られる離婚の切り札です。

それ以外に配偶者を有責配偶者として認定する証拠を知りたければ以下の記事を参照してください。

まとめ

「離婚したいけど何から手をつけていいかわからない」

そのような悩みは解決されたでしょうか。

もしも、離婚準備の基本的なことから知識をインプットしたいとお考えであれば以下の記事を読みすすめてください。

なお、離婚について定める民法には、男女の区別により規定する内容に違いはありません。

しかし、現実的にはあなたが男性か女性で離婚準備で意識すべき内容が異なると思います。

そのため、男女の性別毎に、読んでいただきたい記事は異なります。

男性の方はこちらへどうぞ

女性の方はこちらへどうぞ

Sponsored Links




Return Top