離婚準備なう。

5635

興信所の料金が一発でわかる唯一の方法をコッソリ伝授!

興信所の料金が一発でわかる唯一の方法をコッソリ伝授!

興信所の料金は、一体いくらになるのでしょうか?

興信所に依頼する内容は、公にしたくないものばかりです。

そのため、口コミや評判で費用・料金が明らかにされることは滅多にありません。

本記事では、興信所の料金に焦点を当てて詳しく解説していきます。

本記事を読み終わる頃には、自信をもって興信所を選べるようになると思います。

是非とも参考にしてください!


Sponsored Links

目次

興信所の料金に納得するために知っておきたいこと

【目次】

  1. 興信所料金の実例重要
  2. 料金相場
  3. 探偵業界の変遷
  4. 賢い興信所の選び方重要
  5. 料金を確実に判断する唯一の方法重要
  6. 料金設定の基本パターン
  7. 調査料金を安くする方法

探偵 大手

興信所料金の実例(1)

まずは、興信所の料金の実例を紹介します。

料金の規模感について、イメージを持っていただきたいと思います。

  1. 浮気相手の勤務先判明27万円:原一)
  2. 夫の二重生活が判明19万円:原一)
  3. 浮気相手の自宅判明24万円:MR)
  4. 2週間に複数回の浮気調査72万円:MR)
  5. 息子の嫁の浮気調査100万円円:MR)
  6. 勤務先の部下と浮気発覚216万円:MR)
  7. ピンポイントの調査で浮気発覚14.4万円:HAL)
  8. 浮気の疑いが晴れた事例25.2万円円:HAL)
  9. 3日間の浮気調査+GPS調査49.8万円:HAL)

浮気相手の勤務先判明(1-A)

浮気相手の勤務先が判明した調査料金27万円のケースを紹介します。

相談者は、神奈川県在住の20代女性(ご結婚1年目)です。

<相談の経緯>
私は結婚して1年目、妊娠3か月です。夫はサラリーマンをしています。本来なら幸せな新婚生活を送っているはずなのですが、ちょっと不安な事があります。
夫には、私と結婚する前から彼女がいました。その時は、彼女の裏切りから別れたと聞き、安心していましたが、どうやら夫のメモからこの彼女と連絡を取り合っている様なのです。
帰宅時間も遅くなり、最近は私にも対する態度も冷たくなってきました。ここで真実を知り、今後の事を考えたくご相談しました。
【引用:原一探偵事務所HP

調査の結果、以下の3点が判明したそうです。

  • 朝の出勤時に彼女と待ち合わせて出勤する姿
  • 女性の勤務先
  • 帰宅時も時間が合えば一緒に帰宅している事実

依頼者の反応は以下のようなものです。

<依頼者の声>
信じられませんでした。夫が帰宅後グーで殴ってやりました。
依頼する前は自分自身でも半信半疑でしたが、原一さんに相談して事態の深刻さが何となく判り、報告書を見た時は愕然としました。
調査結果を私の兄にも伝え、兄から強くお説教してもらいました。兄は夫の学生時代の先輩なのでお説教が効いた様です。
深い関係になる前に付き合いを辞めさせることが出来てよかったです。ありがとうございました。
【引用:原一探偵事務所HP

調査のポイント

新婚1年目から夫の態度が冷たくなる異常事態に素早く対応した好事例だと思います。

依頼者は「深い関係になる前に付き合いを辞めさせることが出来てよかった」とコメントしています。

夫と浮気相手の間に情が湧いてしまうと、浮気調査を終えた後の復縁が難しくなることが予想できます。

27万円で夫婦関係を早期に修復できたのであれば、十分価値のある調査だったと思います。

<1 興信所費用の実例一覧↑↑>

夫の二重生活が判明(1-B)

夫の二重生活を暴き19万円の調査料金が発生したケースを紹介します。

相談者は、宮城県在住の50代女性(ご結婚32年目)です。

<相談の経緯>
私の夫は来年、定年を迎えます。夫婦仲は冷え切っていましたが、子供の事を考え、『離婚』という言葉は私からは口に出しませんでした。
しかし、先日、夫から定年を機に離婚してくれと言われ、自分の耳を疑いました。
今、子供も独り立ちをし、今後、少しずつ歩み寄り、二人三脚で何とか老後を送ろうと思っていたのに・・・。
夫は女というより仕事の事ばかり考えているタイプだと思い込んでいました。
原因が私にあると思い、理由を聞きましたが、一人になりたいの一点張りで理由を教えてくれません。本当の理由を知りたく相談させて頂きました。
【引用:原一探偵事務所HP

調査の結果、以下の3点が判明したそうです。

  • 夫が二重生活を送っていること
  • 別宅で暮らす50代の女性の存在
  • 近隣住民からは夫婦二人暮らしと認識

依頼者の反応は以下のようなものです。

<依頼者の声>
自分の馬鹿さ加減に呆れるばかりです。
今までの生活は何だったのか呆然とするしかありません。
本当に信じられません。
孫も居るのに子供に何と言って話してよいのかわかりません。
非常に心が重いです。
ただ結果を知ったからには私も引き下がれません、
徹底的にやります。
原一さんに弁護士の先生も紹介してもらって、
これから徹底的に戦います。このままでは許せません。

この度は誠にありがとうございました。
【引用:原一探偵事務所HP

調査のポイント

二重生活の証拠を確保できたことは、離婚する上で非常に有利に働きます。

なぜならば、夫婦の貞操義務を一方的に破った夫は「有責配偶者」と認定されるからです。

「有責配偶者」からの離婚請求が認められるには、高いハードルをクリアする必要があります。

つまり、浮気の証拠を確保した時点で、奥さんが「YES」といわなければ離婚は成立しないのです。

夫がどうしても早期の離婚を望むのであれば、妻を納得させるしかありません。

夫は妻を納得させるために、通常よりも有利な離婚条件を妻に提示するでしょう。

夫が頑固であれば、裁判で徹底的に戦おうとするかもしれません。

しかし、裁判をしても夫が敗訴する可能性が高いです。

そのため、結果的に、離婚協議で離婚が成立する可能性も十分考えられます。

<1 興信所費用の実例一覧↑↑>

浮気相手の自宅判明(1-C)

28歳主婦から依頼され、24万円の費用が発生した夫の浮気調査です。

相談者が浮気調査を決断した経緯を紹介します。

<相談の経緯>
以前は何か変だなと思っていましたが、子供がまだ1歳で手がかかり、夫のその後の変化に気が付く余裕がなかったです。
夫が風呂に入っているときに携帯のメールが見えて、女がいることが判明。
「金曜日にホテルに行ってあなたと過ごせるのが楽しみです。」と、夫からの返信で「じゃあ新宿の○○の前に18時ね」とあったので、びっくりしてMRに相談しました。
【引用:MRのHP

調査の結果、「不貞行為の証拠」、「女性の自宅」の2点を調査することができました。

調査員からは、以下のコメントが寄せられています。

<調査員のコメント>
当日夕方からの調査となりました。(即日の調査もお受けしております)
ご依頼者様が事前に情報を把握されており、密会のタイミングが予め分かっていたためピンポイントでの調査となりました。調査の結果、女性との接触、不貞の証拠、女性の自宅まで押さえることができました。
【引用:MRのHP

調査のポイント

夫と浮気相手のメールで、浮気する日時と場所が判明したので短期決戦が実現しました。

短期決戦が実現したことで、結果的に調査費用の削減に成功しています。

なお、本事例の場合は、依頼者が相談した当日夕方からの調査でした。

相談日と同日の調査は、MRのように大手の探偵社でないと対応するのが難しいです。

もしも、相談日と調査日に余裕がなければ、大手の探偵社に調査を依頼するのがおススメです。

なお、即日調査を依頼する場合には以下の記事も参考にしてください。

<1 興信所費用の実例一覧↑↑>

2週間に複数回の浮気調査(1-D)

30歳の会社員男性から依頼され、72万円が発生した妻の浮気調査です。

相談者が浮気調査を決断した経緯を紹介します。

<相談の経緯>
共働きの妻の会話から会社の先輩男性の話がよく出るようになるのと同時期に、SEXを拒否されるようになった。友人に相談すると、浮気してるんじゃないかといわれ気になって仕方なくなった。 MRに相談に行き、詳しく説明をしてもらい納得したので調査を決断。
【引用:MRのHP

2週間にわたる複数回の浮気調査の結果、妻の浮気が発覚しました。

調査員からは、以下のコメントが寄せられています。

<調査員のコメント>
奥様の外出が増えたうえに様子が以前と違うとのご相談を頂き、行動調査から行いました。
事前に外出予定を把握できたため、2週間に渡り複数回の調査を実施。
初回の調査での怪しい行動はありませんでしたが、2週目に男性との外食・男性宅での不貞を押さえました。
【引用:MRのHP

調査のポイント

奥さんの外出予定が把握していたものの、結果的に調査が2週間に渡りました。

初回の調査では、怪しい行動はなかったとのことです。

初回の調査で、調査を終えていれば妻の浮気は発覚しなかったということです。

おそらく、初回の調査終了時点で、最低でも10万円以上の費用は発生していたと思います。

もしかすると、2回目の調査を依頼するかしないか悩んだかもしれません。

72万円の調査費用は発生しましたが、結果的に妻の不貞行為を確保できたことは大きいです。

浮気相手の男性の素性にもよりますが、離婚裁判するまでもなく慰謝料の支払いに応じると思います。

<1 興信所費用の実例一覧↑↑>

息子の嫁の浮気調査(1-E)

70代女性からの、息子の嫁の浮気調査の依頼を紹介します。(100万円の料金発生)

相談者が浮気調査を決断した経緯を紹介します。

<相談の経緯>
二世帯の住宅で同居をしている息子の嫁がパートで働きだしてから、私たち夫婦、息子と孫への態度が冷たくなり、パート先からの帰りが段々と遅くなったので、興信所に相談してみました。
【引用:MRのHP

調査の結果、妻はパート先の若い従業員と浮気している事実が発覚しました。

調査員からは、以下のコメントが寄せられています。

<調査員のコメント>
お嫁さんの勤務前後の行動が不明のため、自宅から連日の素行調査を行いました。
結果、パート帰りにアパートへの出入りを複数回確認。アパートの住人はパート先の若い従業員でした。
明確に離婚の意思をお持ちでしたので、当社より離婚弁護に強い弁護士をご紹介させて頂き、無事に親権と慰謝料を勝ち取られました。
【引用:MRのHP

調査のポイント

息子や娘の配偶者に対する、両親からの浮気調査依頼も少なくありません。

なぜならば、「遺産相続」の問題が絡んでくるからです。

もちろん、息子や娘の配偶者に遺産相続は発生しません。

しかし、孫には遺産を相続する権利が発生します。

仮に、息子や娘が亡くなった場合でも「代襲相続」として孫に遺産相続されます。

また、息子や娘がその配偶者の離婚した場合でも孫には遺産が相続されます。

つまり、親権が息子や娘の配偶者に奪われてしまった場合が問題なのです。

孫が未成年の場合、監護者(生活の面倒を見る人)である憎き配偶者が実質的に遺産を管理するからです。

今回紹介したケースの場合は無事、親権を勝ち取ることに成功したようです。

早期に動いたことで、結果的に満足いく成果に結びつけられたのだと思います。

<1 興信所費用の実例一覧↑↑>

勤務先の部下と浮気発覚(1-F)

53歳主婦からの浮気調査依頼です。(216万円の費用発生)

相談者が浮気調査を決断した経緯を紹介します。

<相談の経緯>
25年連れ添った単身赴任中のご主人から急に離婚を切り出されて、すっかり困ってしまった。これまで単身赴任中もこまめに連絡を取るなどしており特に変わった様子はなく、本当は愛人でもいたのではないかと不安になり調査を決断。
【引用:MRのHP

調査の結果、単身赴任中の旦那さんが勤務先の部下と不倫関係にあることが発覚しました。

調査員からは、以下のコメントが寄せられています。

<調査員のコメント>
単身赴任中のご主人の行動を把握されておらず、まずは行動調査を実施。結果、度々出入りしているマンションに愛人がいることが発覚。その後も2週間にわたっての調査を実施し、勤務先の部下にあたる女性であることが判明。さらにはその女性も現在、自身の離婚調停中であることが分かりました。
当初すっかり落胆されていたご依頼者様でしたが、カウンセリングにより愛人と別れさせることを選択、万全の証拠をつきつけて愛人へ慰謝料を請求しました。無事にご主人を取り返すことができ、現在は元のように仲良く過ごされているとのことでした。
【引用:MRのHP

調査のポイント

単身赴任中の配偶者に対して浮気調査することは珍しくありません。

また、頻繁に出かける出張先での浮気調査も珍しくありません。

最終的には、愛人に慰謝料を請求し、夫を取り戻すことに成功しました。

もしも、相談を決断するタイミングがもう少し遅ければ、問題は複雑になっていたでしょう。

なぜならば、おそらく夫は愛人の離婚調停が終わり、離婚が成立するのをうかがっていたからです。

もしも、離婚調停が成立し、愛人が独身になったら唯一の歯止めが亡くなる可能性があります。

また、愛人から夫へのプレッシャーも強くなると思います。

私(愛人)は夫と離婚してケジメをつけた。次は、あなたの番よ

そうなれば、旦那さんはもう奥さんの元に引き返すわけにもいかなかったかもしれません。

いずれにせよ、浮気調査は早期に実施すればするほどあらゆるリスクを軽減できます。

<1 興信所費用の実例一覧↑↑>

ピンポイントの調査で浮気発覚(1-G)

30代主婦からの浮気調査依頼です。(14.4万円の費用発生)

旦那さんと浮気相手のメールのやり取りを見て、浮気の日程が予めわかっていました。

そのため、休日の昼から自宅を出る旦那さんの尾行を開始しました。

旦那さんは、ある女性と食事に行き、その後ラブホテルに入っていきました。

旦那さんは浮気を否定し続けていたそうですが、浮気調査の結果を見て観念したそうです。

調査のポイント

あらかじめ浮気をする可能性がある日程を絞れていると、空振りのリスクを低くおさえられます。

そして、空振りのリスクが低いので、必然的に調査費用を抑えることが可能になるのです。

今回の調査事例のように、配偶者に浮気の事実を認めさせるだけであれば複数回の浮気調査は必要ありません。

浮気をした事実を旦那さんに認めさせることが浮気調査の最大の目的だからです。

14.4万円で浮気を否定する夫に浮気の事実を認めさせ、早期に夫を反省させることができたのです。

浮気問題が泥沼化するリスクを考えれば、非常にリーズナブルだったと思います。

<1 興信所費用の実例一覧↑↑>

浮気の疑いが晴れた事例(1-H)

週末の帰りが遅い奥さんを心配した40代男性からの調査依頼です。(25.2万円の費用発生)

金曜日に会社を退社後に、浮気調査を2週にわたり2回実施しました。

調査の結果、奥さんは同僚と飲みに行ったり、カラオケやバーに行っていました。

しかし、旦那さんが危惧していた浮気の事実は確認されませんでした。

ちなみに、調査をしたことは奥さんには内緒にしているそうです。

調査のポイント

女性の浮気も珍しくない現代において、男性からの浮気調査も珍しくありません。

妻が浮気しているかもしれないという不安を抱えながら激務に耐えるのは辛いものです。

妻に浮気の疑念を直接ぶつける勇気もなく、かといって悩んでも何も解決しないのです。

妻の浮気を疑うストレスから解放される費用は、25万円です。

浮気調査は、必ずしも浮気の証拠を掴むことが成功ではありません。

なぜならば、浮気をしていない人をどんなに調査しても浮気の事実は見つからないからです。

25万円は大金であることはいうまでもありません。

しかし、ストレスや疑念から解放されるのであれば高くはないと判断する人も多いと思います。

<1 興信所費用の実例一覧↑↑>

3日間の浮気調査+GPS調査(1-I)

30代主婦から、旦那さんに対する浮気調査の依頼です。(49.8万円の費用発生)

旦那さんは、車両で出かけることが多いため、車両にGPSを付けて行動を調査しました。

そして、GPS調査の結果、怪しい曜日や場所を特定することに成功しました。

GPS調査の翌週に3日間の調査を実施した結果、浮気の証拠を確保しました。

調査のポイント

車での移動が当たり前の地方では、車両での尾行調査が重要になります。

本事例のように、事前にGPS調査で、怪しい曜日や場所を特定したのは賢いやり方です。

なぜならば、GPS調査は調査員の人件費がかからない分、調査費用を削減できるからです。

自力でGPS調査をすることもできます。

しかし、調査対象者に見つからずGPS機材を設置することを考えるとプロに依頼するのが無難です。

さて、これまで有名大手興信所が公開している調査事例を紹介してきました。

今回紹介した探偵社について詳しく知りたい方は、以下の比較表をご覧ください。

  • 原一探偵

    一番おすすめの探偵社

  • ¥10万円~/ 日

    経費込み

  • クレジット払可
  • 18営業所
  • 全国
  • 創業1974年
  • 累計実績80,000以上
  • 月間実績2,000以上
  • 特徴:圧倒的な調査力
  • 基本料金50%OFFクーポン有
  • 公式情報
  • HAL探偵

    近年グイグイきてます!

  • ¥6,000/ 1名・1時間

    経費込み

  • クレジット払可
  • 11営業所
  • 関東・中部・関西・九州
  • 創業2011年
  • 累計実績16,820
  • 月間実績 非公表
  • 特徴:細やかな調査計画
  • 【推薦】浮気の無料診断シミュレーター
  • 公式情報
  • MR

    女性ファースト!

  • ¥(非公表)

    無料見積もり必須!

  • クレジット払可
  • 14営業所
  • 全国
  • 創業2003年
  • 累計実績 非公表
  • 月間実績1,250以上
  • 特徴:女性目線のサービス運営
  • LINE無料相談も可能
  • 公式情報

<1 興信所費用の実例一覧↑↑>

目次に戻る↑↑

料金相場(2)

一般社団法人東京都調査業界が「調査費用の目安(1時間、2名、経費別)」を調査しました。

2005年の調査結果ですが、以下のような結果になりました。

  • 2~2.5万円(36%)
  • 1.5~2万円(28%)
  • 1~1.5万円(24%)
  • その他(12%)

調査品質を確保するために、最低2名以上での調査をお勧めする探偵社が多いです。

そのため、1時間あたり上記箇条書きの費用が必要になるのが10年前の常識でした。

その後、調査料金について信頼できる調査結果は公表されていません。

探偵業界1社1社の本音をいえば「商売がやりずらくなる」からです。

商売がやりずらくなるというのは料金設定を隠したいというわけではありません。

顧客によって調査難易度がバラつくため、一律の料金設定を開示するのは難しいのです。

例えば、以下2つのケースでは、調査する時間も人数も異なります。

  • ある程度決まったルートを行き来するサラリーマン
  • どこに移動するかわからない自営業者

そのため、調査料金に差がでてしまうのです。

しかし、以上の説明では納得しない依頼者が多いのは事実でした。

そのため、顧客の興味を引くためにあの手この手で他社との差別化を図る探偵社が続々と登場することになります。

ここからは、興信所の料金設定を知るために少しだけ探偵業界の歴史を紹介します。

目次に戻る↑↑

探偵業界の変遷(3)

顧客の興味関心を引く、最も効果的な方法は「超激安」を宣伝することです。

実際に、「超激安」を宣伝する探偵社は一時期急増しました。

しかし、「超激安」探偵社の多くは長続きせず廃業に追い込まれました。

なぜならば、「超激安」に魅力を感じる顧客が必ずしも優良顧客ではなかったからです。

激安に魅力を感じる依頼者は、低料金を最優先しつつ同時に調査品質を重視します。

超激安でありながら高品質なものは「モノ」ならば実現できる可能性はあります。

しかし、探偵業界における品質は現場の人材の質に大きな影響を受けます。

高スキルの調査員を「超激安」で確保することが難しいのは自明の理です。

この記事を読んでいるあなたも、「安ければいいじゃん」と思っているかもしれません。

しかし、人間は単純でないから不思議な生き物なのです。

実は、実際に安い調査料金を提示されると「本当に大丈夫かな?」と考えてしまうのです。

例えば、絶対に失敗できない浮気調査が、相場よりも想像以上に低価格ならどう感じますか?

きっと以下のような疑心暗鬼な気持ちになるのではないでしょうか?

  • 安いカラクリがわからない
  • 手抜き調査されるのでは?
  • 失敗しても文句いえないのか?
  • 信頼できないのでは? etc

栄養ドリンクで有名なリポビタンDは、発売当初売れ行きが芳しくなかったそうです。

その理由は低価格だったので「効果があるはずがない」と顧客に判断されたからです。

低価格で多くの人に飲んでほしい!」という願いは世の中に受け入れられなかったのです。

その後「いい商品なので価値を感じてもらえる価格設定にしよう!」と方針転換したところ爆発的な人気を得ることに成功したのは有名な話です。

探偵社に調査を依頼する場合「満足できる調査結果が得られるなら割高でも構わない」と考える人も一定数存在します。

さて、探偵業界の歴史を少し振り返ったのには理由があります。

この記事の一番の肝ともいえる部分を共有したかったのです。

それは「探偵社は多種多様なマーケティング活動をしている」ということです。

「激安」という価格で勝負するのも一つの営業手法ですがそれだけではありません。

そして、営業手法の違いは探偵社毎に優良顧客の定義が異なることを意味しています。

少しわかりにくいかもしれないので実例を挙げます。

探偵社は、以下のような演出をして顧客に振り向いてもらう努力をしています↓↓

  • 実績と信頼では絶対に負けません!
  • 調査力では負けません!
  • 料金プランの透明性が高い!
  • 一人当たりの調査費用は最安値!
  • 成功報酬制の後払いだから安心!
  • 必要経費は全て調査料金に含む!
  • 女性の相談員が常駐!
  • 外部に外注せず自社の正社員が調査!
  • 夫婦カウンセラーの資格保有者アリ!
  • 訴訟に強い弁護士を無料で紹介!
  • 弁護士が代表を務めるから安心! etc

どの興信所も魅力的に感じませんか?

漠然と「一番いい探偵社に依頼したい」と思うだけでは迷うはずです。

どうすれば満足のいく興信所を選ぶことができるでしょうか?

おススメの方法は「最優先するものを軸に興信所を選ぶ方法」です。

あなたは、何を重視しますか↓↓↓

  • 調査力
  • 信頼・実績
  • 料金
  • その他士業との連携

ここからは、賢い興信所の選び方を簡単に紹介していきます。

目次に戻る↑↑

賢い興信所の選び方(4)

  1. 調査力を重視する場合
  2. 信頼・実績を重視する場合
  3. 料金を重視する場合
  4. その他士業との連携

調査力を重視する場合の選び方(4-A)

調査力を重視する場合には「大手の興信所」に注目してください。

興信所の調査には、一般人が想像する以上に多額の投資が必要です↓↓

  • 尾行用車両の購入・整備
  • 撮影機材の開発・購入・メンテナンス
  • 調査員の教育
  • 事務手続き要員の確保  etc

ここぞというタイミングで撮影機材が「故障しました!」は絶対に許されません!

万が一のトラブルを未然に防ぐためにも、それなりの労力が必要なのです。

また、調査員に調査に集中してもらう環境作りも大切です。

調査員が顧客対応の全てを担当していては、調査時には疲れて使い物になりません。

一方で、小規模の探偵社は十分な投資をし続けることが難しいのが実情です。

調査機材関連に多額の投資ができる大手の興信所が、調査力においては有利です。

もし、大手の探偵社に興味があれば以下の記事をご覧ください↓↓

<4 賢い探偵社の選び方↑↑>

信頼・実績を重視する場合(4-B)

信頼・実績を重視する場合にも、大手の探偵社に注目するのがベストです。

一昔前は、少数精鋭の調査員を抱える老舗探偵社も確かに存在していました。

しかし、規模の拡大を望まなかった老舗興信所のほとんどは閉鎖しています。

なぜならば、エース調査員が引退すれば事務所の経営が成り立たなくなるからです。

現在でも営業を続ける老舗探偵社は、規模を拡大して大手興信所に成長しました。

但し、創業からの期間が長ければ信頼できるといわけではありません。

一般消費者からすれば「エセ大手」といわざるを得ない大手興信所も存在します。

エセ大手興信所の代表例は、自社の調査員が調査せずに外注ばかりする探偵社です。

つまり、エセ大手興信所が担当するのは「営業」と「契約」だけです。

肝心なはずの調査は、外部の個人事業主として活躍する探偵に外注するのです。

外注される実力のある探偵は、利益の多くをエセ大手興信所に搾取されています。

そのため、本サイトでは「エセ大手」だと判断した探偵社は一切紹介しません。

なぜならば、広告宣伝だけが上手いエセ大手探偵社を応援する気にはなれないからです。

本物の大手興信所を知りたければ、以下の記事を参照してください↓↓

<4 賢い探偵社の選び方↑↑>

料金を重視する場合(4-C)

料金を重視する場合には、2つの考え方があります。

  • 調査力が高い探偵社に短期間の依頼
  • 1時間あたりの単価が安い探偵社に依頼

調査力の高い探偵社に依頼すれば、ズルズルと調査を引き延ばされることはありません。

そのため、以下の条件に当てはまるなら調査力が高い探偵社に依頼するのがおススメです。

  • 浮気している可能性が高い
  • 浮気するタイミングも予想できる

空振りする可能性が小さく、ピンポイント調査でコスパの良い調査が期待できます。

では、上記条件に当てはまらない場合にはどうすればよいでしょうか?

単価が安い探偵社に依頼するのが合理的です」とは主張しません!!!

どうしても調査を依頼したければ依頼すればいいと思いますがおススメはできません。

なぜならば、配偶者の浮気を確信せずに調査してもほとんど成果につながらないからです。

また、真実を知ることが必ずしもいいことだとは限りません。

浮気を確信し、幸せを掴むために必要だと感じた時のみ調査を依頼すべきです。

浮気調査で「クロ」と発覚したとして、どのような選択肢があるのか?

調査後の選択肢について悩む場合には、探偵社の無料相談を活用してください。

  • 夫婦円満
  • 慰謝料請求
  • 離婚請求

上記いずれの場合でも、有効な活用方法をアドバイスしてくれます。

さて、調査力の高い探偵社の中から安い業者を探すにはどうすればよいでしょうか?

一番おススメの方法は、複数の興信所を比較することです。

では、効果的・効果的に興信所の料金を比較する方法はあるのでしょうか?

1社1社訪問して無料見積もりをお願いするのが一番確実ですが、時間がかかります。

以下の記事では、効率的に興信所の料金を比較する方法を紹介しています。

<4 賢い探偵社の選び方↑↑>

その他士業との連携(4-D)

浮気調査をした後に、離婚訴訟や慰謝料請求を視野に入れている人もいます。

大手の興信所であれば、訴訟に強い弁護士事務所と提携しています。

一流の興信所は一流の弁護士事務所としか付き合いはありませんから安心できます。

なお、最近では弁護士事務所の代表が探偵事務所を同時に経営するパターンも見かけます。

過去には、弁護士が探偵事務所の「顧問」になることがありました。

しかし、弁護士自らが事務所を構えることは滅多にありませんでした。

今は日本全国に事務所を構える弁護士事務所が、探偵業に進出する時代です。

弁護士事務所が探偵社を経営している事例で一番有名なのは「東京探偵社AI」です。

東京AIの公式情報はコチラ>>

<4 賢い探偵社の選び方↑↑>

目次に戻る↑↑

料金を確実に判断する唯一の方法(5)

さて、興信所の料金を確実に知る唯一の方法をお伝えします。

興信所に無料見積もりを依頼する

本音をいいます↓↓

無料見積もりを依頼すること以外に料金総額を把握する方法はありません。

インターネット上の断片的な知識から料金を想定するのは危険です。

なぜならば、探偵社の総額は様々な要因を元にして決めるものだからです。

依頼者の話をろくに聞かずに勝手に調査方針と料金を決めることは不可能です。

一部の興信所などは、ろくに話を聞かずに「1週間で100万円」と提案しているようです。

はいそうですか。」といって支払える経済力があればそれでもOKです。

しかし、ボッタくりに近い料金設定で利益を上げる興信所は日本から撲滅したいと思います。

ですから、あなたがボッタくり業者に仕事を依頼しないように願うばかりです。

繰り返しになりますが、探偵社は短い時間で沢山の情報を求めてきます。

  • なぜ調査を依頼するのか?
  • 何を調査すればいいのか?
  • 調査対象者の行動
  • 調査対象者の見た目(写真 等)
  • 現時点でもっている情報 etc

全て調査に必要な情報です。

必要な情報を共有しないことで、逆に調査が長引くことがあります。

そのため、思いつく限りの情報を提供する準備をしておきましょう。

時には聞かれたくない情報もあるかもしれません。

しかし、必要な情報を共有しないと調査を断られることもあるので注意してください。

例えば、探偵業法によりストーカーからの調査依頼は受付けないのがルールです。

なぜこの人は、調査目的を明らかにしないのだろう?怪しいな」と思われたらアウトです。

迷っても答えがでなそうであれば、思い切って相談してみると心が軽くなると思います。

興信所に相談した人の多くは「なぜもっと早く相談しなかったんだろう」と感想を漏らします。

相談と見積もりは無料で対応している興信所は多いので気軽に利用しましょう。

但し、興信所に相談するにせよ料金プランのカラクリを知っておきたい方もいると思います。

ここからは、興信所の料金設定のカラクリについて紹介していきます。

目次に戻る↑↑

料金設定の基本パターン(6)

興信所の料金・費用設定には3つのパターンがあります。

  1. 時間料金制
  2. パック料金制
  3. 成功報酬制
  4. (補足)どの料金パターンがおススメか?

時間料金制(6-A)

時間料金制とは、調査時間に応じて費用が課金される仕組みのことです。

時間料金制は、探偵社ではもっとも一般的な制度です。

時間料金制の場合、調査費用には大きく分けて3つの要素が含まれています。

  1. 調査料金(時間×人数×単価)
  2. 経費
  3. 手数料
調査料金(6-A-a)

調査料金は、「調査時間×人数×単価」で計算できます。

調査時間、人数、単価が高いほど調査料金は高額になります。

経費(6-A-b)

調査に必要な交通費、宿泊費、車両費、燃料費などを実費で請求する探偵社があります。

なお、「経費」といってもどこまでが経費に該当するのかは探偵社によってまちまちです。

また、経費の請求方法も探偵社によってまちまちです。

例えば、経費の全てを基本料金に含める興信所も存在します。

一方で、経費を実費請求する探偵社も存在します。

いずれにせよ、経費は請求するしないに関わらず発生しているものです。

経費だけを見ても高い興信所か安い興信所かどうか判断するのは不可能です。

高い安いの判断は必ずトータル費用で判断する必要があります!

但し、経費を基本料金に含める探偵社の方が安心感は高いです。

なぜならば、過去には経費を数十万単位で請求する悪徳探偵社が存在していたからです。

手数料(6-A-c)

報告書の作成費用などを「手数料」名目で請求する探偵社も存在します。

なお、近年では手数料を請求する探偵社はほとんど見かけません。

しかし、一部の探偵社は今でも水増し請求しているので要注意です。

例えば、以下の項目を全て別々に請求する強気の探偵社は今でも存在します↓↓

  • 経費
  • 基本料金
  • 手数料
  • 調査料金

実際に「手数料」の中身をみると「調査方針の策定」など不透明なものだったりします。

不透明な請求があっても、他の探偵社よりも安ければ良いですがそうでもありません。

くれぐれも注意してください!!

パック料金制(6-B)

パック料金制とは、まとまった時間の調査費用を一括で購入する料金設定です。

30時間分の調査費用を一括で購入することで、20%割引になる場合を考えます。

30時間かそこらで調査が終了すれば、時間料金制よりも費用を抑えることが可能です。

しかし、パック料金制を選んだために損する場合もありますので要注意です。

例えば、パック料金制で使いきれなかった分は返金されないことがほとんどです。

例えば、調査が10時間で終了した場合残りの20時間は無駄になります。

また、利用できるタイミング有効期限にも注意しておく必要があります。

ここぞというタイミングで調査できなければ意味はありません。

また、様子をうかがっているうちに有効期限が切れてしまっては笑えません。

パック料金制の利用条件は、事前に念入りに確認しておくことをお勧めします。

成功報酬制(6-C)

成功報酬制にどんなイメージをお持ちでしょうか?

成功したら費用が発生し、失敗すれば費用が発生しないと考えるのが一般的だと思います。

しかし、成功報酬制を採用する多くの探偵社の考えは、一般的な考えとは異なります。

成功してもしなくても調査料金や経費は発生することが多いです。

それにも関わらず、調査成功の場合には成功報酬が発生する制度であることが多いです。

つまり、成功報酬制の多くのケースでは、探偵社側に有利に設計されています。

成功報酬制という魅力的な響きに惑わされないためにはコツがあります。

惑わされないコツは「成功の条件」に100%納得して契約することです。

依頼者の多くは「浮気している証拠を掴むこと」が成功だと考えていると思います。

一方で、探偵社の成功の定義は以下のように設定されています↓↓

浮気していないことが明らかになった

では、探偵社が考える失敗とは具体的にどのような場合なのでしょうか?

探偵社が考える失敗の代表例は「尾行の途中で調査対象者を見失うこと」です。

成功報酬制で調査を依頼する場合には、契約内容をしっかり理解しましょう。

(補足)どの料金パターンがおススメか?(6-D)

さて、時間料金制、パック料金制、成功報酬制の3つの料金設定を紹介しました。

果たして、どの料金プランが一番料金を安く抑えることができるでしょうか?

最終的に調査に必要な時間数はわかりませんから、誰にも確実なことはいえません。

しかし、浮気調査の8割以上で浮気の事実が明らかになるといわれています。

つまり、、、、

あなたが浮気に悩んでいる時点で浮気の証拠を掴める可能性は濃厚なのです。

ということは、、、

ですから、そもそも成功報酬制を採用する意味はそれほど多くはありません。

調査力が高い興信所の中から興味のある興信所に相談してもらいましょう。

さて、ここからは調査費用を安くする方法を解説していきます!!

目次に戻る↑↑

調査費用を安くする方法(7)

調査費用を安くする方法は以下の3つです↓↓

  1. 調査目的の明確化
  2. 自力の浮気調査
  3. 調査力の高い探偵社に依頼

調査目的の明確化(7-A)

調査目的を事前に明確化することは非常に重要です。

無駄な調査をすれば不必要に費用が高額になるからです。

例えば、浮気調査の場合は以下のような目的が考えられます。

  1. 真実追及
  2. 離婚
  3. 慰謝料
  4. 夫婦円満
  5. 懲らしめたい
  6. 保険

それぞれの目的に応じて何を調査しなければいけないのか事前に把握しておきましょう。

真実追及(7-A-a)

真実追及したいと考える場合、どこまでの調査を望むかはあなた次第です。

見ず知らずの方とデートしている様子をカメラに抑えるだけで満足するかもしれません。

もしくは、キスやホテルに入る姿を写真に撮るまで満足できないかもしれません。

真実を追及したいという想いで調査を依頼する人も少なからず存在します。

しかし、できることならば調査報告書の利用方法を見据えておきましょう。

どこまで調査をするか決めておかないと、予算が膨れ上がる可能性が高いからです。

例えば、浮気相手とホテルに入って解散する一部始終の証拠を掴んだとします。

しかし、配偶者の浮気の事実を知った依頼者の多くは更なる調査を希望します。

代表的な依頼者の要望例は、「浮気相手に慰謝料を請求したい!」です。

浮気相手に慰謝料を請求したい場合は、浮気相手の素性を掴む必要があります。

なぜならば、誰とも知らない人に慰謝料を請求することはできないからです。

浮気の証拠を掴んだのだから配偶者に自白させればいいのでは?

そう考えた方は、考えが甘いです。

浮気相手には迷惑をかけたくない」と浮気相手の素性だけは隠す人も多いです。

また、配偶者が自白しても浮気相手が認めるとは限りません。

裁判官も誰を信用して良いかわからなくなるのは当然です。

浮気相手に慰謝料を請求するというのは、絵に描いた餅になります。

もし、慰謝料を請求する目的で調査をしていたら別の展開が予想されます。

例えば最初に浮気現場を確認した段階で浮気相手を尾行することができはずです。

そうすれば、効率的に調査ができ、トータルの費用も安く上がったはずです。

興信所も気を利かして調査してくれればいいのに」と感じるかもしれません。

しかし、興信所側からすれば依頼者に無断で仕事(尾行)をするのは契約違反です。

本当に真実が知りたいだけなのか調査前にじっくり考える必要があります。

<<7-A 浮気調査の目的一覧↑↑>>

離婚(7-A-b)

不貞行為を理由に離婚請求する場合、不貞の証拠を複数確保する必要があります。

しっかりと浮気の証拠を掴めば、展望は明るいです。

配偶者が弁護士を雇っても、弁護士は配偶者に協議離婚に応じることを勧めます。

なぜならば、敗訴が濃厚な裁判に時間を割いても依頼者のためにならないからです。

逆に言えば、離婚するためには配偶者の弁護士を諦めさせる確固とした証拠が必須です。

例えば、証拠写真の画像が乱れていたりするのは論外です。

また、1度きりの現場の証拠では相手方が言い訳する余地を残してしまいます。

ですから、複数回の証拠を用意するのが無難です。

出来心だった」、「気分が悪いから休憩していた」などの言い訳を排除しましょう。

最悪のやり方は、離婚裁判で勝てる見込みが薄い中途半端な報告書で戦いを挑むことです。

中途半端な報告書で戦う場合でも、ハッタリで戦うという戦略もないわけではありません。

浮気の証拠は掴んだ。でも、裁判になるまで提出はしない」と先方に伝えるやり方です。

もちろん、ハッタリ戦略が上手くいく可能性はあります。

しかし先方が「ハッタリなんじゃないか?」と疑い勝負を挑んでくる可能性も否定できません。

本気で離婚を望む場合は、確固たる浮気の証拠を掴むまでは心の平穏を掴めないのです。

<<7-A 浮気調査の目的一覧↑↑>>

慰謝料(7-A-c)

慰謝料を請求する場合には、浮気相手の素性を掴んでおくことが無難です。

なぜならば、不貞行為の場合、慰謝料の支払いは連帯責任になるからです。

つまり、慰謝料は配偶者と浮気相手が合同で支払うことになります。

あなたが、浮気相手が支払う慰謝料の金額を指定することはできません

浮気相手の素性が分からければ、慰謝料は全額、配偶者が支払うことになります。

確実に離婚するなら、配偶者に全額支払ってもらう選択肢で納得するかもしれません。

しかし、離婚しない場合には納得できないかもしれません。

なぜならば、配偶者から支払われる慰謝料は家計から捻出されるだけだからです。

これでは、なんのために慰謝料を請求したのかわかりません。

浮気相手に経済的ダメージを負わせたいなら、浮気相手の素性を掴むのは必須です。

慰謝料を得る確率を上げたいなら、浮気相手の家族構成や勤め先も調査しましょう。

浮気相手に経済的余裕がありそうかチェックすることが狙いです。

なぜならば、浮気相手に経済力がなければ慰謝料を請求する意味がないからです。

裁判所も「借金してまで慰謝料を支払いなさい!」とは命令しないのです。

敵(浮気相手)を知れば、戦い方のバリエーションに選択の余地が広がります!

<<7-A 浮気調査の目的一覧↑↑>>

夫婦円満(7-A-d)

夫婦円満を目的として浮気調査を依頼する場合もあります。

代表的なケースは「浮気をやめさせたい」というケースです。

浮気をやめてほしい!」と配偶者に伝えても素直に浮気を認める人はいません。

暫くは浮気をやめたとしても、その後は浮気行為はぶりかえします。

不思議なことに「もっと上手に浮気しよう」と考える人が非常に多いのです。

浮気を辞めさせるにはどうすればいいでしょうか?

肝心なことは、浮気の事実を認めさせることです。

残念ながら、痛い目をみないと快楽から抜け出せない場合もあります。

配偶者に浮気をしてほしくなければ、時には荒療治も必要です。

なお、浮気調査の目的が「浮気をやめさせたい」であれば以下の記事をご覧ください。

浮気をやめさせる手順を具体的に紹介しています。

<<7-A 浮気調査の目的一覧↑↑>>

懲らしめたい(7-A-e)

懲らしめたい」と強い願いをもって浮気調査を依頼する人もいます。

懲らしめるためには、浮気の確固たる証拠が必要であることはいうまでもありません。

<<7-A 浮気調査の目的一覧↑↑>>

保険(7-A-f)

保険」の位置づけで浮気調査を依頼する人がいます。

配偶者から離婚や別れを告げられた時に対する保険です。

配偶者が浮気をしてあなたと離婚したい場合、どうするでしょうか?

不倫の事実を正直に告白するケースは少数派です。

なぜならば、不倫の事実を認めると離婚できないことを知っているからです。

夫婦の義務(貞操義務等)を破った人は「有責配偶者」と認定されてしまいます。

ひとたび有責配偶者と認定されれば、離婚請求は裁判所で認められなくなるのです。

そのため、浮気の事実を隠して「離婚したい」とだけ告げてくるでしょう。

理由を問うても「愛情が冷めた」などの抽象的な理由を述べるに終始するでしょう。

本当は浮気相手と一緒になる予定なのに離婚を認めてもよいですか?

多くの人は「許せない」と感じることでしょう。

自分の不倫を隠してあなたに離婚を告げる卑怯な配偶者への対抗策は???

「浮気の証拠」を掴んで置くのが一番の保険であり対抗策になります。

離婚を告げられたら冷静に「浮気の証拠は手元にあります」と伝えればいいのです。

<<7-A 浮気調査の目的一覧↑↑>>

<7 調査料金を安くする方法↑↑>

自力の浮気調査(7-B)

浮気調査の「シロ」という結果に、どうしても納得しない依頼者がいます。

絶対に浮気しているはず」と思い込むと浮気調査の結果を受け止められません。

どんなに優秀な興信所でも、不倫をしていない人の不倫の証拠を掴むことはできません。

自力の浮気調査により、勘違いを防ぐことが可能です。

「ほぼクロ」の段階で調査を依頼すれば、空振りのリスクを軽減することができます。

また、自力で浮気調査により、不倫のタイミングをある程度予測できることもあります。

但し、自力で浮気調査する時は無理しないでください

配偶者の浮気を疑っていることを勘付かれてしまえば、、、、

相手は警戒して尻尾を出さない可能性があるからです。

自力での調査に興味があれば、以下の記事が参考になると思います↓↓

<7 調査料金を安くする方法↑↑>

調査力の高い探偵社に依頼(7-C)

調査力の高い探偵社は、調査員の単価が高いです。

しかし、単価が高いからといって調査費用2017が高くなるわけではありません。

なぜならば、調査力が高い興信所はいらずらに調査期間を長引かせないからです。

調査力がない興信所が証拠を取れずに右往左往するのをしり目に証拠を掴みます。

高品質な調査力を安定して発揮できる探偵社は、基本的には大手探偵社です。

なぜならば、興信所の調査で一人で実施するものはほとんどないからです。

一人のスター調査員よりも、複数のベテラン調査員が常駐しているのが望ましいのです。

<7 調査料金を安くする方法↑↑>

目次に戻る↑↑

まとめ

興信所の費用を把握するには、直接相談するのが確実で手っ取り早いです。

ほとんどの興信所では、無料相談で見積もりをしてくれます。

悩んでも答えがでない方は一度相談にのってもらうと気分がスッキリしますよ。

最後におススメの探偵社を客観的に比較した結果を紹介しておきます。

是非とも参考にしてください!

おススメ探偵社の比較結果はコチラ>>

4856
Return Top