離婚準備なう。

5635

別居からの復縁を実現する3つの心構え

別居からの復縁を実現する3つの心構え

別居したが復縁したい。。。

別居された側が離婚を望まないのは不思議ではありません。

別居を仕掛ける側は、離婚する一つの手段として別居を利用しています。

どうすれば別居から復縁の道を探ることができるでしょうか?


Sponsored Links

別居から復縁を実現する心構え

【目次】

  1. 別居と離婚の関係性
  2. 夫婦関係破綻と認定されない3つの心構え

別居と離婚の関係性(1)

別居と離婚について、必ず把握しておくべき知識を箇条書きにします↓↓

  1. 別居とは?
  2. 別居する狙い
  3. 離婚が認められる別居期間

top2300_250%ef%bc%89

別居とは?(1-1)

そもそも別居とはなんでしょうか?

別居という言葉は、定義が曖昧なまま利用される傾向があります。

口をきかない等の事情だけで、別居を主張する人がいますが誤りです。

一つ屋根の下で暮らしている場合には、別居と認定されることはほとんどありません。

つまり、二世帯住宅等で居住空間が別々という事情がなければ別居だと認定されません。

別居する狙い(1-2)

離婚前提の別居の場合、別居にはどのような効果があるのでしょうか?

まず考えられるのは、離婚の本気度を伝えられるという点です。

別居をするぐらいあなたと離婚したい」という意思表示が可能です。

別居前には離婚に拒否していた配偶者が諦めてくれる可能性もあります。

また、夫婦関係破綻を裏付ける根拠作りとしての効果も期待できます。

○○年別居したので夫婦関係は破綻。離婚を認めてください裁判長!」というわけです。

では、何年別居したら夫婦関係の破綻が認められるのでしょうか?

離婚が認められる別居期間(1-3)

別居と夫婦関係破綻には明らかに関係性があります。

問題は、別居と夫婦関係破綻の関係性の強さが実に曖昧だという点です。

5年以上の別居期間であれば、婚姻関係破綻は認められやすいという目安はあります。

但し、5年という基準はあくまでも目安ではあり、絶対的な基準ではありません。

なぜならば、別居と夫婦関係破綻の関係性は法律で明文化されていないからです。

実際に、1、2年程度の別居期間で夫婦関係の破綻が認められるケースもあります。

また、一審の方が控訴審よりも短い別居期間で婚姻の破綻を認める傾向があります。

つまり、一審で短い別居期間で離婚が認められても控訴審でひっくり返す可能性もあります。

離婚を拒否する側からすれば、心強い情報かもしれません。

破綻とされる別居期間の認定には、その他以下のような要素も関係してきます↓↓

  • 婚姻期間(同居期間)
  • 夫婦の年齢
  • 夫婦の職業 
  • 破綻に至った経緯
  • 別居期間中の行動  etc

夫婦がともに高齢の場合、人生をやり直す経済的基盤の有無も問われます。

特に、破綻に至った経緯や離婚に対する意思の強さなども無視できません。

さらに、地方都市よりも大都市の方が短い別居期間でも破綻が認められる傾向があります。

既に調停・裁判に突入した方は、お住まいの地域の傾向を弁護士に相談すると良いでしょう。

見落とせないのは、別居中の行動です。

別居したくない側が、夫婦関係修復に対してどのような行動をとったかが問われるです。

次に、別居から復縁を望むあなたがやるべきことを紹介します↓↓

目次に戻る↑↑

夫婦関係破綻と認定されない心構え(2)

  1. 婚姻費用の支払い
  2. 節度をもったコンタクト
  3. 子供との交流

婚姻費用の支払い(2-1)

あなたの経済力が別居した側よりも強ければ、婚姻費用を支払いましょう。

婚姻費用とは別居中の生活費のことです。

別居中の生活費を支払わないと「夫婦関係修復の意思なし」と見なされます。

婚姻費用の金額は、年収差、子供の人数、就業形態等で決まります。

詳しい計算方法は以下の記事を参照してください↓↓

また、あなたが請求できる側であればキッチリ請求しましょう。

なぜならば、婚姻費用は過去に遡って請求することができない費用だからです。

お金を請求したらますます嫌われるのでは?」と思うかもしれません。

嫌われるので請求しないという考えも一理あります。

しかし、婚姻費用の支払いを巡って調停に話し合いの場を移すメリットもあります。

経済的な困窮などの事情がなければ、婚姻費用の支払いは認められる可能性が高いです。

最終的には、生活費を二重で支払いたくなければ別居解消という圧力をかけることができます。

但し、経済的に余裕がある相手には効果がないでしょう。

節度をもったコンタクト(2-2)

離婚されなければ夫婦円満に戻れるというわけではありません。

夫婦円満の可能性が低いのに関わらず離婚が認められないケースだってあります。

裁判で離婚請求が認められなくても、配偶者が別居を解消する保証は一切ありません。

そのため、ストーカーのようにつけ回すのは控えるのが無難です。

夫婦なので、訴えられて即ストーカー犯になることはないでしょうが要注意です。

相手が弁護士を雇っていれば、弁護士を通じて手紙で交流するのも一つの手です。

また、誕生日やクリスマスにプレゼントを送るのも交流を図る一つの手段です。

子供との交流(2-3)

別居中で離婚していなければ、子供と面会する権利があります。

子供の誕生日やクリスマスにプレゼントを送ったり、学校行事にも参加しましょう。

もし、子供との交流を拒まれたら家庭裁判所に面会交流の申し立てを行いましょう。

目次に戻る↑↑

まとめ

別居した後に復縁する確実な方法はありません。

但し、夫婦関係の修復の方法を体系化している専門家もいます。

興味がある方は、以下の記事をご覧下さい↓↓

【男性はコチラ↓↓】

【女性はコチラ↓↓】

1336

Sponsored Links




Return Top