離婚準備なう。

5635

愛情がなくなったら離婚すべきか?気持ちを整理するテクニック

愛情がなくなったら離婚すべきか?気持ちを整理するテクニック

愛情がなくなったから離婚したい!

あなたは、上記の発言を言い出す側、言い出される側のどちらでしょうか?

いずれにせよ、「愛情」と「夫婦関係」の関係性に悩んでいるのだと思います。

本記事では、愛情がなくなったら離婚すべきか考えるヒントをお伝えします。


Sponsored Links

愛情がなくなったら離婚すべきか?

  1. 愛情と離婚の関係性
  2. 離婚すべきか考えるテクニック

愛情と離婚の関係性(1)

愛情と離婚には、深い結びつきがあるのは事実だと思います。

結婚する原動力が「愛情」だった場合、強い結びつきを感じるのは当然でしょう。

その一方で、離婚生活に愛情を必要としない人もいます。

結婚生活に最初から愛情なんてない」という場合、愛情は重要視されません。

では、なぜ結婚したのかといえば結婚願望であったり、経済的な余裕を期待したからです。

実際に、転職やリストラで夫の収入が下がったことを原因に離婚を切り出す人もいます。

ここで重要なのは、「結婚生活で期待することは何か?」です。

代表的な価値観をリストアップしてみました↓↓

  • 愛情
  • お金
  • 世間体
  • 家柄
  • 幸せな家庭
  • 自由な時間 etc

あなたは何を重要視しますか?

離婚すべきか考えるテクニック(2)

離婚すべきか考えるコツを、以下のテーマに沿って解説していきます。

  1. あなた自身の価値観を見つめ直す
  2. 他人の意見は参考にならないと心得る
  3. 離婚後の生活をリアルにイメージする

あなた自身の価値観を見つめ直す(2-1)

これからの将来、どんな生活を掴み取りたいですか?

誰かがあなたを幸せにしてくれるということはありません。

あなた自身が幸せとは何かを定義して行動に移す必要があります。

価値観を考える場合、バランスが重要になります。

例えば、愛情を最重要視するといっても他の全てを犠牲にして良いわけではありません。

どうすれば、バランスがとれた将来をイメージできるのでしょうか?

おススメの方法は、以下の全ての観点を同時にイメージすることです。

  • 誰と暮らしているか
  • どこに住んでいるか?
  • 毎月自由になるお金はいくらか?
  • どんな服をきているか?
  • どんな趣味に挑戦しているか?
  • 子供や親とどんな生活をしているか? etc

あらゆる側面で、目指すべき自分の姿をリアルにイメージするのです。

大事なのは「整合性」をとることです。

例えば、以下の理想な状態は、全てを同時に成立させることは困難です。

  • 海外で暮らしたい
  • 配偶者は日本から離れられない
  • 日本でボランティアをし続けたい
  • 親と一緒に住みたい

整合性がとれた状態で、自分の理想的な状態をイメージすると良いことがあります。

それは「あれもこれもほしい」というわがままな自分にならないということです。

また、「優先すべき価値観」が明確になります。

あなた自身が愛情よりも他のものを優先する人間かそうでないのかハッキリします。

あなた自身がどんな人間か、自分自身で深く理解することが可能になるのです。

他人の意見は参考にならないと心得る(2-2)

「絶対に離婚した方がいい」は参考になりません。

なぜならば、他人のアドバイスはその人の価値観に基づいているからです。

婚姻制度そのものを守ることを最重要視する方は、なにがなんでも離婚に反対するでしょう。

何を重要視するかは人によって異なるので、議論する意味などほとんどありません。

わたしは●●が一番大事」という「●●」が異なれば議論はかみ合わないのです。

他人の意見に耳を傾ける場合には、その人が重要視する価値観を念頭に入れましょう。

離婚後の生活をリアルにイメージする(2-3)

今、離婚したらどんな生活を送ることになりますか?

離婚後の生活をリアルにイメージするためには知識が欠かせません。

  • 住まいはどうなる?
  • 養育費はどうなる?
  • 慰謝料はどうなる?
  • 財産分与はどうなる?
  • 親権はどうなる?
  • 婚姻費用はどうなる?
  • 面会交流権はどうなる?

知識があれば、離婚して発生する問題をあらかじめ把握することが可能です。

あらかじめ問題を把握しておけば、離婚すべきか判断がつきやすくなります。

以下の記事では、離婚準備のマニュアルを無料で公開しています↓↓

まとめ

あなたの気持ちはハッキリしましたか?

留意すべき点は、配偶者の気持ちです。

結婚は契約なので、どちらか一方の独断で契約破棄するのは不可能です。

逆に言えば、愛情の喪失を理由に離婚を申立てられても受け入れる必要はありません。

また、愛情の喪失が離婚の原因であっても、それ以外の理由で離婚を求めてもOKです。

例えば、配偶者の浮気を原因に離婚を申立てるのは典型例です。

いずれにせよ、離婚すべきか考える出発点は、あなた自身の気持ちを見つめ直すことです。

537

Sponsored Links

Return Top